¥ 1,543
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ママの&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ママの仕事はデリヘル嬢 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/19


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 164


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ママの仕事はデリヘル嬢 + 私は障害者向けのデリヘル嬢 + 風俗嬢のホンネ
合計価格: ¥ 3,497

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

出版社からのコメント

長引く不況、デフレ......今の日本で、若い女性達の中には、仕事が見つからず、明日の食べるものさえ心配している人が実はたくさんいます。ほかに生きる道が見つからなくて、デリヘル嬢という仕事を選んだ女性もたくさんいます。未婚既婚問わずです。「そんなの、ちゃんと大学行って就職活動しなかった本人が悪いんだ。バカな女だ」と、あなたは言い切れますか? 彼女達の生き方を全否定できますか? 著者の長谷川華氏は、現在350人あまりの女性スタッフを束ねる女社長です。この仕事をするのなら、より安心した職場で働きやすい環境を、そしてお客様とハートフルに繋がれる現場をと、自身が現役時代に経験した辛い思いをバネに新しいデリヘルの在り方を模索しています。そのすべてを綴ったのが本書です。デリヘル業界の表と裏、清と濁、この仕事にたどり着いた女の子たちの本音...リアルすぎる愛と性の手記が誕生しました。

内容(「BOOK」データベースより)

生きる術は、それしかありませんでした―電気もガスも止められた翌日、子どものお腹を満たすため「嬢」となったシングルマザーは、いかにして広島NO1カサブランカ・グループの女社長となったのか?デリヘル業界の清も濁も、この一冊に。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 289ページ
  • 出版社: ブックマン社 (2011/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893087649
  • ISBN-13: 978-4893087645
  • 発売日: 2011/11/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 142,892位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.9

最も参考になったカスタマーレビュー

51 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 抹茶 投稿日 2013/12/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
風俗している女性を否定するわけではありません、シングルマザーで受け皿がなく、風俗するに追い込まれる状況は理解できるし、子どもを養っていく女性は偉いとも思う。そんな現状を赤裸々にルポする本なら大絶賛です。
しかしシングルマザーを応援するデリヘル会社を経営?努力の方向が間違ってませんか?シングルマザーのが生活に苦しむことの根本的解決にならない。
誤解と偏見を恐れずに極論を言えば「シングルマザーは性奴隷になれ」と言っているようなもんでしょう。
自分が苦労したのだったら、シングルマザーが風俗以外の仕事につけて生活ができるように働きかけていくべき、風俗くらいしか受け皿がない社会を変えていく努力をすべきでしょう。
自分や人を性の商品化させてしまうことの重大性を無視、もしくは麻痺してしまっている。
最後は結局楽なほうに流れて偉そうなこと言ってるだけに聞こえます。
単なる風俗本として読むにはいいですが、シングルマザーが一生懸命社会に立ち向かっている本などと誤解されては困る本です。そこをあえて誤解させて売ろうとしている魂胆、美化した理由付けが非常に業腹なので星はひとつです。
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
50 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 太郎 投稿日 2013/4/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本では綺麗事を並べていますが、結局は彼女の店は罰金、セクハラなどもあり、女性をお金としか見ていません。
この本を読んで、彼女に憧れて彼女の店で働き、搾取される女性がいなくなることを願います。
この店の求人は嘘しか書いてありませんよ!!
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hana 投稿日 2014/6/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この著者さん、何を言いたいんだろう?本にするほどの話はすべきじゃないと思う。
子供にはなんて言うんだろう?逆に「ママの仕事は何してるの?今度ママの仕事に遊びに行ってもいい?」と言われたら
答えられないよ? 

というーか、暴露して子どもの人生振り回して面白いんかい!(怒)
私も人の事はあまり言えないけど、こんな女性にはなりたくないです!二度と買いません!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2014/4/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
風俗求人の媒体に絡めて、この本をよく見かけます。
女性の共感を誘い「この人のもとで働いてみようかしら?」と思わせるための単なるアイテムです。
私にはこの本が「罠」に見えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
81 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おから 投稿日 2013/7/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は母子家庭で育ちました。しかも私の母は子ども3人を養育費も貰わず、父の借金も肩代わりしました。子どもが傷つきます。懐中電灯で暮らせばいいじゃん。自分はもやし食えばいいじゃん。シングルマザーで父がいないだけでもハンディなのに子どもの気持ち考えろよ。そういう人生選んだの自分なんだから子どもに胸晴れる仕事しろよ。そんな汚い金でご飯食べたくねーよ。皆他人事だから感動とかありえない。母がそんなだったら悲しい。人間死ぬ気ならどうにかなるよ。道端のユキノシタとかたんぽぽ食べろよ。ムカつく本だな。親の都合で子どもを振り回すなよ
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
55 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みかん 投稿日 2011/12/6
形式: 単行本(ソフトカバー)
現役嬢として、風俗関連の書籍という事で購入。

現在の風俗業界について詳しく書かれていると思う。

ただお店に出れば稼げるという時代はとっくに終わっている。

これから風俗業界に入ろうかなと思っている人や、今風俗で仕事していて、あまり稼げないなあと思っている人に対しても参考になる内容だと思った。

特にお店の選び方。

変なお店に入るとただ嫌な目にあうだけで何の成果も出ない。
正しい選択をする材料になると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 葛藤 投稿日 2012/12/29
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仕事の内情話を期待したのだけど作者の半生を書いた内容でした。

嬢に対する思いやりは十分伝わりましたが、そもそもこの仕事をさせる時点で体、心、命の大きなリスクを背負わせてるはず。
それを思うと偽善者のように感じてしまいました。
だって他人に命の危険をさらさせて稼いでいるわけだし・・・・・

そこまで従業員を思うなら病気になったら一般企業のように“労災”みたいな保障の扱いをしてあげるべきと思いました。
そこまで出来たら共感できます。

ですが、さらに良い環境を作り上げることが出来るのではないかと期待もしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
79 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モリコウスケ 投稿日 2011/11/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者は本書でこう言います。

「デリヘルを通して社会の役に立ちたい。
わたしの役目は、貧乏に苦しむママたちをひとりでも減らすために、
カサブランカ・グループという受け皿を大きくしていくことだと思わずにはいられないのです。
かっこいい言い方をすれば、社会の"セーフティネット"になりたい。ううん、ならなければ!と使命感すら感じています」

(華さんの場合も参考にして)
この業界で女性が経営者として成功するには、
・ロールモデルとなった女性店長【ノウハウ】
・自身がデリヘル嬢だった【経験】
・開業資金を提供してれくたリピーター【金】
そして、
・集客ノウハウ、インターネット技術、精神的支えとなるような、
男性のパートナー・サポーター・プロデューサー的存在【異性】
がいると、
成功確率は高まります。

華さんの場合はこれに加えて、
愛する二人の子供の存在
がむしろ成功への奮起となったことは間違いありません【モチベーション】。
さらに、貧乏に苦しむママたちをひとりでも減らすために店を大きくしたいという
【使命感・ミッション】を持っています。

生活保護受給
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック