中古品の出品:9¥ 2,372より

買取サービス
最高買取価格

¥ 1,224
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マグノリア [DVD]

5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 2,372より

DVD・Blu-ray & CD English Store
Shop Amazon.co.jp DVD・Blu-rau & CD collections such as Foreign Movies,Anime,Music,TV Drama,Kids & Family titles and series, Amazon.co.jp Exclusive etc.Items Eligible for International Shipping & Region Free Blu-rays are available. DVD・Blu-ray & CD English Store


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェレミー・ブラックマン, トム・クルーズ, メリンダ・ディロン
  • 監督: ポール・トーマス・アンダーソン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2006/07/19
  • 時間: 189 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FI9P5S
  • EAN: 4988132849383
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,500位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   とにかくトム・クルーズに完敗! 乾杯! 性のカリスマ伝導者フランク・T・J・マッキーが彼の役どころ。ギンギンギラギラSEXを説く姿は、まさに水を得た魚のよう。ゴールデン・グローブ賞優秀助演男優賞に輝いたのは大いに納得。
   はてさて偶然か必然か? この世の不思議なめぐり合わせ。一見ばらばらだったことが、ある瞬間1つに繋がることがある。人は自分の生き様を自ら問う瞬間があるのかもしれない。この映画はその瞬間を、想像を絶するカタチで見せてくれる。この物語のキーワードとなるラストシーンは圧巻だ。
   監督は『ブギー・ナイツ』でその名を馳せたポール・トーマス・アンダーソン。本作でアカデミー賞ノミネートをはじめベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)受賞。20世紀を代表するヒューマンエンターティメントして拍手喝采!(ソラノリンゴ)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

トム・クルーズらが出演したヒューマンドラマのDTS EDITION版。L.A.を舞台に、死期を迎えたTVプロデューサー、その彼の息子、ガンに侵された人気司会者らさまざまな人間の24時間を描く。“買っ得!キャンペーン第5弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Ryosuke トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/13
1901年7月、アメリカ ミネソタ州 ミネアポリス - 嵐が最もひどくなった時に
カエルやヒキガエルの雨が降った。カエルはパタパタと音を立てて落下し、
町のおよそ4ブロックに渡ってカエルで埋め尽くされ、最大8cmの厚さまで積もった。

映画のクライマックスで「んなアホな」と思わずにはいられない、あの現象。
実は実際に起きているんですね。ファフロツキーズ現象というらしいです。

さて、この映画は群像劇とシンクロニシティに焦点を当てた映画です。

胡散臭いSEX伝道師、遺産目当ての嫁、元天才クイズ少年、現天才クイズ少年、
モテない警察官、名物司会者とその娘、死にかけの資産家、それぞれの
一日を追った作品で、誰かの行動が他の誰かに影響を与え、物語が絡み合っていく。

この映画が傑作と思うのは、個性的な役者を揃えながらも決してお互いを食うことなく
それぞれが「主人公」としてしっかり存在感を放っている点。

だからこそ、3時間を超える大作でありながら集中して見ることができた。
プロットが完璧なんだと思う。

この映画は正直、かなり暗い。基本的に出演者は惨めな人生を送っているか
惨めな過去を持って
...続きを読む ›
コメント 10人中9人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
画面を埋め尽くすカエルの雨。
ファフロッキーズ現象というらしいが、日本語では怪雨といい、
上昇気流にともなって巻き上げられたものが雨のごとく落下する現象なのだそうだ。

この物語は3人称視点の群像劇である。
時間軸は共通しているが、過去に対する言及や、その人間関係が見る者を混乱させる。
死の床につく老人の悔悟の声。ださい警官。商材ビジネスのカリスマ。薬物依存症の後妻。
登場人物たちは個性的で、カラフルだがトーンは低めだ。しかも妙にリアリティを持ち、生々しくすらある。

群像劇だが、焦点は登場人物にあるわけではなく、
彼らの発する言葉や行動を通してテーマ性が浮き彫りになってくる。
そして画面にはカエルの山である。

カエルの意味する所はわからないが、この不気味な映画のラストにふさわしい。
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 ハラヤス 投稿日 2013/7/7
12人による9つの物語が最後にはまるでひとつに繋がっていくような展開。しかし、誰かと誰かの人生が実は繋がっているというのは、果たして偶然なのだろうか?人生は「偶然の連続」であって起こり得えないものなど無い。なにげに擦れ違う人とかも実は何処かで繋がっていたりして…と感じさせてくれる。
コメント 4人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
カエルが振ってくる・・・

それは登場人物それぞれの人生における懊悩を昇華させる
トリガーとなる「奇跡」の形をした、単なる「偶然」。

それは、神がもたらした「必然」に見える。

だけど、あくまで「偶然」

だから、
それぞれ皆、救われたかのように物語は収束していくけれど
実は、ちょっぴりスッキリしただけ。

この先、過去はやっぱり追いかけてくるし、コンプレックスには縛られ続ける。
本当に欲しいものは、間違いなく手の中をすり抜けていく。

でも、生きていくしかない。
またカエルが振ってくるかもしれないから。
次こそは本当の奇跡が願いを叶えてくれるかもしれない。

ラストシーン
コカ中の女に、誠実な愛を告白する警察官。
このカップルは、必ず破綻する。
誰だってわかる、必ず破綻する。

彼女自身が一番それをわかっている。
しかし、カットアウトの瞬間、彼女は精一杯に微笑む。

そうだ、今だけは奇跡を信じよう。

意地悪な神様が与える、捻くれた人生を歩いていくには
そうするしかない。<
...続きを読む ›
コメント 21人中13人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
この監督作品は、昔「ブギーナイツ」っていうポルノ業界を描いた映画で観たことはあったが、これがまだ2本目。
3時間を超える長い作品で、登場人物はSEX伝道師、死ぬ間際の父親、後妻、看護師、子供のころクイズ王だったダメ男、警官、薬物中毒の女、癌に犯されたTV司会者、その妻、天才と騒がれている少年などだ。
そしてこれら多数の登場人物達の激動のトラブルの1日を描く群像劇。
この手の映画はロバート・アルトマン監督筆頭に目新しくないが、この映画が斬新なのはラスト近くで、無数のカエルが空から降ってきて、登場人物達のトラブルをいい方向に改善させてしまうという、まあなんとも不可思議な作品だというところだ。
人によっては、空からカエルが無数に降ってくるなんてバカな演出あるかって思う人がいると思うが、僕から言わせればこの映画の最大の見せ場は、カエルが空から降ってくるところ、これこそが皮肉でもなんでもなく、これぞ映画って叫びたい。
なぜ、カエルか?おそらくそこに理屈はないだろう、所詮、映画なんて理不尽ななものであり、空想の産物。
であればここまで大胆にやってもいいじゃなかって思うな。
実際、これだけのカエルが空から降ってくる映画なんてなかったと思うし、僕はこの映画気に入りました。
コメント 7人中4人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック