マイン&... がカートに入りました

買取サービス
最高買取価格

¥ 1,160
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • マインド・ゲーム [DVD]
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

マインド・ゲーム [DVD]

39件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,980 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ブックオアシス高木堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 夏のセール最大70%OFF(9月30日まで)
その他のセール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1,000円以下ブルーレイ 1枚1,500円以下アニメBOXセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 お手持ちのDVD・ブルーレイを、Amazonが買い取ります。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ夏のセール 9/30まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【50%OFFも】サマーセール開催中 ファッション、家電から食品まで「ほしい」が続々登場。 サマーセールをチェック。


よく一緒に購入されている商品

マインド・ゲーム [DVD] + キックハート Kick-Heart (特典ディスク付) (取扱店限定)[Blu-ray]
両方の価格: ¥ 7,600

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 今田耕司, 山本精一, 藤井隆, 島木譲二, 山口智充
  • 監督: 湯浅政明
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Mono
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: レントラックジャパン
  • 発売日 2004/12/22
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (39件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B0001X9D90
  • EAN: 4947864901660
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 42,091位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

”毎度☆おーきに” プレセントキャンペーン
特賞 STUDIO4℃製作、湯浅監督の次回作(2005年夏予定)のショートアニメにアフレコ現場立会い!(エンディングクレジットに名前が出るぞ!)…2名様
A賞 あなたの顔写真で『マインド・ゲーム』のあの名シーンをアニメーション化!…5名様
B賞 STUDIO4℃スタジオ見学(2005年夏予定)…5組10名様
C賞 『マインド・ゲーム』ジャンクフィルムシート…20名様

【応募方法】
12月22日発売の『マインド・ゲーム』パーフェクトBOX、スペシャルBOXに同梱の応募はがきを
郵送にてお送りいただきます。当選発表は締め切り後ご連絡差上げます。
【応募期間】
2004年12月22日~2005年3月末日まで(当日の消印有効)
【お問い合わせ先 / 事務局】
株式会社レントラックジャパン 03-5798-7323

※Amazon.co.jpでは、本キャンペーンに関してのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

Amazonレビュー

   ロビン西による原作コミックを、『アニマトリックス』などで知られるSTUDIO4℃の制作でアニメ化。監督は、劇場版『クレヨンしんちゃん』などでその独特のセンスをアピールし、OVA『ねこぢる草』なども手がけた湯浅政明。初恋の人・みょんちゃんと偶然再会した主人公・西は、その夜一度死ぬが甦り、やがてみょんやその姉・ヤンとともにクジラの腹の中で暮らす羽目に…。
   破天荒なストーリー、ダイナミックで密度の濃い動き、奔放な色彩や画面効果、目まぐるしく編集された映像、そして炸裂する関西弁。すべての要素が奇跡的と言えるほどに絡み合って、「生への執着」が圧倒的な迫力で描かれる傑作。感傷、挫折、希望、諦念、そして愛。人生のすべての要素をぎゅっと凝縮したかのような2時間弱は、人が死ぬときに思い起こすという“走馬燈”ってこういうモノじゃなかろうかと思わせる。今田耕司、藤井隆ら、吉本興業所属タレントを中心とした声の出演陣もさすがの芸達者ぶり。(安川正吾)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

34 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 けん 投稿日 2004/8/14
‾‾原作と比べると、多少ストーリーが変更されていますが、その点は全く気になりません。
というよりむしろ、アニメ用のシナリオとしてよく練ってあります。
その原作を見た方ならわかると思いますが、声優に吉本興業を起用したのは大正解。
吉本芸人の実写を元にした絵(ほんの一部ですが)も、そこまで違和感はないと思います。
逆にいつもテレビで見る顔が出るので、親近感が湧いてキャラクターに感情移入できるかもしれません。
このアニメを見た後は、葛藤、アイデンティティー、なれ合い、しがらみ等々、僕たちの周りにある様々なわだかまりを乗り越えてしまえそうな気持ちになれます。

湯浅政昭監督によって表現された世界は、「クレヨンしんちゃん」に代表されるように、活き活きとした映像で、よくこんな爆発しそうな頭の中の感情を映像にしたなと感服します。
アニメに詳しくても詳しくなくても、そんじょそこらのモノとは違うことが見て取れると思います。

CGでも実写でもできない、アニメーションならではのダイナミックな表現とストーリーは十分に見る価値あり。
記録より記憶に残る名作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カートマン 投稿日 2014/6/14
まず第一にアニメーションとしての快楽に溢れてる
圧倒的なイメージの奔流!!!!!!!!!疾走感と解放感!!!!!!!!!!!
全編見どころといってもいいが、特にセ ックスシーンと脱出シーンは一度見たら忘れられないほど迫力や美しさに満ちている
常に姿が変わり、キャラも変わる「神さま」のイメージも良かった。個人的に様々な創作物で一番納得できる「神さま」
「鯨の体内」での解放感、最高

映像のぶっ飛び具合、カオスぶりと対象的にストーリーは極めてストレート
一遍死んだ主人公がチャンスもらって生き帰り、生まれ変わって暴走しまくる話
生きてるとか周りに色んな人がいるとか街の風景とかそういう当たり前のことが実は奇跡的なことなんだというテーマで極めて全うで説得力あって元気でる

ボアダムスの山本精一が担当した音楽も作品とマッチしてて見事
脱出シーンの音楽も良いけど、セックスシーンとボサノヴァがここまで合うとは意外。初めてボサノヴァ良いと思ったw

吉本芸人の声の存在感もばっちりはまっててグッド
上手い下手じゃなくてなんかぴったりハマっていて、下手に声優にやらせるよりこっちの方が絶対良い
個人的には藤井隆の声もすごく合ってて良かったかなと

色んな要素が上手くハマってる。大傑作
今やってる湯浅監督のピンポンも面白いよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nkz-mng 投稿日 2006/2/6
色々なものがごちゃまんとして世界を作ってる

というようなことを主人公「西くん」が劇中語っているんですが、

まさにその言葉通り

色々なものがごちゃまんとして出来上がってるアニメ映画です。

実写あり、3DCGあり、

登場キャラそれぞれのサブストーリーあり、

ミュージカルあり、ポップアートあり、

シュールでブラックなギャグあり、

アクションあり、バイオレンスあり、

と、もうなんだか普通にムチャクチャです。

序盤、「西くん」が初恋の幼馴染「みょんちゃん」と再会し、

「みょんちゃん」一家を追う借金取りのヤクザが現れるあたりまでは

モノトーンな色調で「じゃりン子チエ」や「吉本新喜劇」のような

大阪を舞台にした人情喜劇でも始まるような雰囲気ですが、

「主人公の死」以降この作品のオソロシイ本性が現れ始めます。

物語はおよそ通常考えられるストーリー展開を全く無視して逸脱しまくり、

舞台は暴走とも言えるぶっ飛んだ世界に突入していきます。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ys7 投稿日 2005/4/10
ラスト直前、カタルシスを迎えたところで、突然もの凄いスピードでのイメージカットアップが始まるのだけれど、そこに主要登場人物全員の人生が一気に描かれています。誕生、喜び、悲しみ、挫折、過ち、後悔、栄光、死…。
ところが、そこでは作品の始まりで描かれている「事件」以降の人生が、微妙に修正されています。作者達の「人生は真摯に願えばリスタートすることができる」というメッセージの現れでしょう。だから「マインド・ゲーム」なんでしょうね。
とはいえ、抹香くさいエピソードをダラダラ積み重ねる事をせず、サンバのリズムに乗せて、もの凄い疾走感でテーマを描ききったところは素晴らしいです。
映像表現のすごさについても、他の皆さんが語っているとおり。
DVDはお勧めですよ。ラスト前のスピードはすごいから、ゆっくり止めて観られるしね。キャラにまつわる重要なエピソードが0.5秒だけで描かれたりするし。
でも、無理して読み解かなくても、芸術的でハイテンションな疾走映画として観ても最高です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック