¥ 2,376
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ホッキ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホッキョクグマ 大型本 – 2003/9


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 670


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ホッキョクグマ + ホッキョクグマの親子 + ナヌークの贈りもの
合計価格: ¥ 5,573

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地上最大の肉食獣であるホッキョクグマは、とにかく大きい。そして美しい。カナダ・ハドソン湾西岸、極北のツンドラで捉えた、野生の輝き。

内容(「MARC」データベースより)

きれいで、かわいくて、でもとっても怖い! カナダのハドソン湾西岸、極北の大地に暮らす海の熊。一年余りをかけて撮影された、知られざる野生の輝き。

登録情報

  • 大型本
  • 出版社: 新潮社 (2003/09)
  • ISBN-10: 4104148040
  • ISBN-13: 978-4104148042
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 25.2 x 21 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 181,780位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/8
形式: 大型本
小学生のころ、いぬいとみこさんの「北極のムーシカ・ミーシカ」を読んで以来、ホッキョクグマは大好きですが、野生の子熊のこうも可愛い瞬間をとらえた写真は数少ないと思います。
はじめて岩合さんのホッキョクグマの写真に出会ったのは、オリンパスさんのカレンダーでした。もう子熊の写真に釘付けになり、こちらを買いました。さすが期待を裏切らない写真集です。心憎いほど可愛い!!
それにしても、いまやホッキョクグマは温暖化のあおりを受けて絶滅への道を。。。アザラシもペンギンも苦しんでます。環境破壊に歯止めを!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 クマクマ 投稿日 2004/11/16
形式: 大型本
この写真集を見ているとなんか岩合さんとホッキョクグマの親子と仲良しではないかと錯覚してしまうほど自然な姿の親子が写し出されている。表紙が物語っているように、内容もその期待を裏切らないできばえです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/11/8
形式: 大型本
温暖化により危機にさらされるホッキョクグマのカラー写真が堪能できる本。
店頭でみて、あまりのかわいさに即買いでした。
文章は、あとがきを除けば各写真につき一文程度。(新聞の写真についてる文章のような感じです)
でもその一文に、撮影したときの様子や、岩合さんの気持ちがしっかり書かれています。
極寒の中、おそらく命がけで撮影されたと思われる写真の数々は、さすがプロの岩合さんだけあって、
とても美しいし、「よくぞこの瞬間をとらえた!」と思わせるものが目白押しです。
どうも岩合さんは動物と心が通じていて、動物たちもいいシーンを見せてくれたのではないか、
と思ってしまうほどです。
また、動物に対してやたらめったら「かわいい~!」と言うことがない、
という岩合さんも「文句なしにかわいい」とおっしゃる子グマのかわいらしさは格別。
叫んでしまうくらいかわいいです。
親のクマも大きく堂々としていて、いかにも強そうです。
ほかに、短い夏に咲く花のなかでくつろいだ様子のクマ、クルマに寄ってきたクマ、
親子で広大な氷上を歩く姿などが見ものです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sross 投稿日 2004/2/9
形式: 大型本
純白でムクムクとしたホッキョクグマの子供達、仕草一つ一つが愛くるしいです。
ヒメヤナギランの花畑の中で寝そべりひっくり返っている写真や観光客の乗るバギーに顔を突っ込むお母さんの写真には驚きました。
写真には少しづつコメントが書かれていますが、生態や習性などについて触れているものは少なく、あくまでも写真集といった感じです。
この方の野生動物カレンダーもオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 vivaldi2 投稿日 2006/12/10
形式: 大型本
自然動物は独自の世界に生きています.人間の存在とはまったく無関係に,人間がかれらの生活圏を脅かさない限り,生まれて生きて一生を送ります.ホッキョクグマはそんな自然動物の典型です.かれらの生きている北極圏を人間は極寒の厳しい自然と評しますが,かれらにとっては当たり前の生活の場です.この本の写真を見て,人はかれらが,特に小熊がかわいいと感じるかもしれません.でもかわいいとか厳しい生活環境とかは,人間の実に身勝手な感覚でしかありません.岩合光昭はそんな自然動物をあるがままに感情移入せずに撮れる人です.一般の動物写真家は人の感情を押しつけすぎます.私は動物写真には興味がありませんが,岩合光昭だけは例外です.実際,絶滅を心配されるホッキョクグマがこんなに崇高な生物だとは知りませんでした.私は自然保護に特にこだわってはいませんが,自然を人間は身勝手な自己中心の立場からしか見ていないことを気付かせてくれた写真集です.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック