ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,740
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Prime Center
カートに入れる
¥ 1,891
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: タッケンオンライン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 927より 中古品の出品:3¥ 805より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でペーパー・ムーン (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • スティング [DVD]
総額: ¥1,854
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ライアン・オニール, テイタム・オニール, マデリン・カーン
  • 監督: ピーター・ボグダノヴィッチ
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 77件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EWBUOE
  • EAN: 4988113756570
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,976位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

母親を亡くした少女アディを親戚の家まで送り届けることになった詐欺師のモーゼ。はじめは渋々引き受けたが、大人顔負けの聡明なアディを詐欺の相棒にして旅行を続けることになる。やがて2人の間に芽生えたものは・・・

Amazonレビュー

   1930年代の大恐慌期のアメリカ中西部。母を自動車事故で亡くして孤児となった少女アディ(テイタム・オニール)は、母と付き合っていた詐欺師のモーゼ(ライアン・オニール)に連れられ、ミズーリにいる叔母の許まで旅することに。道中、ちゃっかり者のアディと、そんな彼女に助けられながら詐欺セールスを続けるモーゼ。いつしかふたりの間には、本物の親子のような愛情が芽生えていくが…。
   『ラストショー』のピーター・ボグダノヴィッチ監督による珠玉の名作。30年代のヒット曲「ペーパームーン」の歌詞さながら、張りぼてだらけの中で心だけは本物というテーマが、この擬似親子関係の交流から切々と漂ってくる(とはいえ、演じているふたりは実際の親子であった)。モノクロ・スタンダード画面の慎ましやかさが、作品の内面からあふれる情緒を増幅してくれる。子役のテイタム・オニールは本作品でアカデミー賞助演女優賞を受賞。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: VHS
1930年代のアメリカ中南部。詐欺師のモーゼの商売は聖書販売。新聞のお悔やみ記事を読んでは未亡人宅を訪問し、「ご主人は生前に聖書を注文されていました」と頼んでもいない聖書を高く売りつける詐欺師だった。そんなモーゼがバーで知り合った女友達の葬儀に参列するが、彼はそこで孤児同然になった彼女の一人娘で9歳のアディを、ミズーリの叔母の家まで送り届ける役目を引き受けさせられてしまった。モーゼは仕方なくアディと一緒に旅を続けることに・・・
このアディが、本当に可愛いんです!それ以上に頭いい。実はモーゼよりもはるかに詐欺商売に長けており、末恐ろしいお子様です。こましゃくれていて表情は仏頂面、それでも「もしかしたら本当のパパかも・・・」と思ってモーゼの後をついてくるアディ。あちこちで事件を起こしつつもいつしか名コンビになっていく2人の姿に、こっちもホロリとさせられます。
モノクロというのも好き。何だか本当に30年代の映画みたいで。このラストが、また素敵です。モーゼとアディを演じたライアン・オニールとテイタム・オニールが本当の親子というのもあって、本当の親子かもしれない?おかしな2人という設定がいいんですよね。テイタムはこの作品で弱冠10歳にてアカデミー助演女優賞を獲得しました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リュウ 投稿日 2009/9/21
形式: DVD
友人に勧められて見ました。最初は聞いた事も見た事もない映画だったので正直つまんなかったら途中ですぐ見るのやめようと軽く見始めたのですが、かなり素晴らしい映画でした。びっくりしましたね〜もうすっかり見入ってしまいましたよ。僕から言える事はもうとにかく映画の内容の感想うんぬんよりも絶対見てくださいの一言です!それぐらい完璧な映画でしたから。もう★は5以上ですよ!こんな素晴らしい映画を勧めてくれた友人に感謝ですね
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ひょんなことから昔のガールフレンドが遺した一人娘を預かる羽目になってしまった詐欺師。お荷物だと思っていたけれど子供は意外にしっかりちゃっかりしていて、何と自分より詐欺師の才能アリ。いいかげんでどうしようもない男と、恐ろしくしたたかで頭が切れる少女が、何だかんだ言いつつも詐欺の旅を進めていくロード・ムービーです。

この映画の見所は、何といってもアディ。天才的な詐欺師もさることながら、詐欺師モーゼを父親と見ているような、恋人の気分でいるような、微妙な間隔が何ともいえません。子供らしさの中にも、ちらっ、ちらっと「女」を感じさせる部分が見え隠れして、存在感ある演技に圧倒されました。

白黒だけど爽快感あふれる画面や、ノスタルジック満点の雰囲気など、どこをとってもお見事。何度見ても、詐欺師コンビ、良き相棒、そして親子かもしれない2人の姿に目尻が下がります。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2009/9/28
形式: DVD
前から気になっていた。「ペーパームーン」って何のことだろう、
このキャッチーなメインビジュアルは何なのだろう。

ディズニー映画みたいなものか、「オズの魔法使い」や「メリーポピンズ」みたいな
メルヘン風ロマンチックファンタジーなのかと思っていた。

見てみると、ぜんぜんちがう、非常に巧みにつくられた映画的名作だった。

70年代の製作なのに白黒を選択。
白黒映画の巨匠オーソン・ウェルズのアドバイスで、コントラストが際だつ赤色フィルターを採用し、
画面のすべてにシャープにピントが合う広角レンズを使用。

物語に緊張感をみなぎらせるために、観客が気づかないような自然な1シーン1カットや移動撮影を多用。

原作ではアメリカ南部だった設定を、荒涼とした地平線が拡がるカンザスとミズーリに変更。

そして、笑わない子供を見事に案じるテーテム・オニール。
これを見たら、通常の子供っぽい話し方や演技をする子役が阿呆のように思えてくる。

名場面はいくつもある。

観覧者が出てくる映画には名作が多いが、『PM』もそうで見事な遊園地の場面があり、
そこで主役のモーゼと知り合うストリップ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
1930年代のアメリカ中南部。詐欺師のモーゼの商売は聖書販売。新聞のお悔やみ記事を読んでは未亡人宅を訪問し、「ご主人は聖書を注文していました」と頼んでもいない聖書を高く売りつける詐欺師だった。そんなモーゼがバーで知り合った女友達の葬儀に参列するが、彼はそこで孤児同然になった彼女の一人娘で9歳のアディを、ミズーリの叔母の家まで送り届ける役目を引き受けさせられてしまった。モーゼは仕方なくアディと一緒に旅を続けることに・・・
このアディが、本当に可愛いんです!それ以上に頭いいの。実はモーゼよりもはるかに詐欺商売に長けており、末恐ろしいお子様です。こましゃくれていて表情は仏頂面、それでも「もしかしたら本当のパパかも・・・」と思ってモーゼの後をついてくるアディ。あちこちで事件を起こしつつもいつしか名コンビになっていく2人の姿に、こっちもホロリとさせられます。
モノクロというのも好き。何だか本当に30年代の映画みたいで。このラストが、また素敵です。モーゼとアディを演じたライアン・オニールとテイタム・オニールが本当の親子というのもあって、本当の親子かもしれない?おかしな2人という設定がいいんですよね。テイタムはこの作品で弱冠10歳にてアカデミー助演女優賞を獲得しました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック