Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ペルソ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ペルソナ×探偵NAOTO (電撃文庫 ま 12-4) 文庫 – 2012/6/8

25件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 2012/6/8
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1

Prime限定ポイント
Amazonプライム・Amazonファミリー・Amazon Student会員なら、この商品は+3%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
AmazonStudent
さらに、Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ペルソナ×探偵NAOTO (電撃文庫 ま 12-4) + ペルソナ×探偵NAOTO (1) (電撃コミックスNEXT) + ペルソナ×探偵NAOTO (2) (電撃コミックスNEXT)
合計価格: ¥ 1,956
ポイントの合計:  40pt (2%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

白鐘直斗が新たな事件に臨む『ペルソナ4』公式ストーリー! 直斗を待ち受ける奇怪な連続失踪事件、そして「マヨナカサイト」とは…!?


登録情報

  • 文庫: 404ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/6/8)
  • ISBN-10: 404886419X
  • ISBN-13: 978-4048864190
  • 発売日: 2012/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (25件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

37 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ichiro 投稿日 2012/8/5
P4はゲームをクリア(直斗コミュMAX)・アニメ視聴ずみ。
直斗に特別な思い入れはありません。特捜隊の一員として好きなキャラクターです。

この作品で良かったこと
 ・副島さんと曽我部さんの描く成長した直斗の絵が見れたこと
 ・直斗というキャラクターがどんな成長をしたのか、その点だけ確認できたこと

上記2点のみ評価します。それ以外は評価できません。
理由は下記で述べますが、ネガティブな意見を含んでおり、またネタばれ要素を完全には排除できませんでしたので、読む際にはその点をご留意ください。

まず、P4の要素を感じさせるものがあまりにも少ない…直斗とりせの存在のみです。
この点から、P4の世界観が好きというかたにはあまりお勧めすることができません。
P4しか知らない私はそこで引っかかってしまいました。
憶測ですが、他はP3の要素が強いのではないでしょうか?

また、ペルソナの扱いがP4と全く違います。
ペルソナってそういうものだったのか?という感じでした。
出てくるペルソナの能力も少々ご都合主義的なものを感じてしまいました。

直斗に対する周囲の扱いも謎です。
どう見ても女性の外見なの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
56 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 朝霧の音 投稿日 2012/6/9
決してつまらない訳じゃないです。
ただこれ……ペルソナ4の特色が活きてないような気がします。

直斗のペルソナ能力は全く別な物になっていますし、ペルソナの公式ノベライズである必然性がないような。
相棒の能力と相成って、ペルソナというより某サイコメトラー漫画みたいな感じでした。
マヨナカサイトとかそれっぽい単語が出てきた割にシャドウとは何の関係もない、この手の物語でありがちな学園の裏サイト的な存在でしたし。
何よりも結末。アレはないと思います。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、なんでそんな陳腐なオチ持ってきたの?って感じで。

ペルソナ4という作品に何を望んだかにもよりますけど、自分がこの作品に望んだ事はこれではなかった感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 @A 投稿日 2013/6/15
Amazonで購入
ストーリー自体は普通だと思います。
白鐘直斗が好きで、ゲーム後の直斗が気になる方にはオススメ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 XXX 投稿日 2012/8/6
本編の物語や登場人物たちとの深い関わりを期待していると肩透かしかもしれません。
しかし、スピンオフいわゆる外伝として見ると非常に面白い作品だと思います。
ゲームもプレイしてますし、アニメもみてますが、特別に直斗に思い入れがないので、
より素直に楽しめたのかもしれません。
ノベライズ作品の中で、ここまでの完成度が高い作品はそうそうないでしょう。
副島氏や曽我部氏のイラストも素晴らしいです。オススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lute 投稿日 2012/6/25
内容等は他の方が詳しく書かれていますので置いておきますが、私個人としてはとても楽しめました。

ただ、誤植や脱字が多かったような気もします。読んでいて地味にストレスでした。校正をしっかりしてほしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
Amazonで購入
メガテンは真Ⅰ~Ⅲおよびif、ペルソナは1、3、4をプレイしているメガテンファンだが、ラノベを読むのは初めて。
副島氏がデザインしたカバーのデザインが気に入ったのと、それほど評判が悪くなかったので思い付きで買って読んでみました。
内容は賛否あるようですが、なかなか読み応えがあり面白かったです。
ペルソナの設定が、とか、登場人物が、とか色々イメージに合わないものもあるかもしれませんが、薄暗い個人のトラウマのようなものが主題として置かれている一方、信頼や絆の力で困難を打ち破っていく、というペルソナのストーリーの王道が貫かれているように思えて、これはこれとして楽しめました。ところどころ読んでてこっ恥ずかしい文章も散見されますが、これがラノベの洗礼か、と受けとめ、それも含めて面白かったと思います。
シャドウが出てきて、大立回りを繰り広げて、なんてことにはならないですが、読み物としてはこれくらいのテイストで寧ろ良かったのでは、と思います。内容にも少し踏み込むと、人々の発散出来ない悪意がマヨナカサイトのようなサイトを作り上げたって話も、本編のテーマに通じる部分もあって妙に納得しながら読み進めました。微妙に先が読める展開はちょっと勿体無かったかも知れません。もっとヒント少なめでも良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック