ペットの撮影テクニック

自慢のペットはかわいく、きれいに思い出に残したいもの。ブレてしまったり、ワンパターンな撮影になりがちなペット写真をより美しく、ユニークに思い出に残すテクニックをご紹介。
お悩み別 撮影テクニック

1. カメラの方を向いてくれない
ペットがなかなかカメラの方を向いてくれない場合はお気に入りのおもちゃおやつで気をひくのがおすすめ。
なるべくペットの目線に合わせるようなカットにすると、いきいきとした表情を写しだすことができる。

撮影例
撮影例


2. ちょこちょこ動き回る
小さい犬や猫、ハムスターなどの場合は、ちょこちょこ動き回り落ち着いて撮影することが難しい。そんなときは、小さな箱などの小物を活用しよう。
箱やかご、帽子などの中にペットを入れて撮影すると、かわいらしいカットになる。



撮影例
撮影例


3. アクティブなシーンだとピントが合わず、ブレてしまう。
屋外で遊んでいるシーンを撮影すると、どうしてもピントが合いにくく、ブレてしまいがち。
そんな時は、動きの速い被写体に対し最適なセッティングを自動で行ってくれるカメラの「スポーツモード」機能を利用しよう。
一眼カメラの場合はシャッターボタンを半押しし続けている間ピントを合わせ続けてくれるコンテニュアスAF機能を使うとよい。
撮影する際は、連写で一度にたくさんの枚数を撮影し、撮りたい瞬間を逃さないようにするのがおすすめ。
最新のカメラには、液晶がタッチパネルになっておりタッチするだけでシャッターが切れるタッチシャッター機能搭載モデルもあるので、
そのような機能を使うとよりブレの無い撮影が可能に。



撮影例
撮影例




+αの撮影テクニック (写真をクリックすると、拡大画像が見られます)

背景をぼかしてペットを引き立たせる
レンズ交換式カメラ(ミラーレス一眼/一眼レフ)を使えば、背景がぼけ、主役のペットを浮かび上がらせる印象的なカットを撮影することができる。
背景をぼかしたいときは、ペットとの距離が近い時と遠い時、それぞれ以下の手順で撮影すればよい。

[撮影者とペットの距離が近い時]
1.単焦点の明るいレンズ(目安:F2.0以下)を使用。
2.カメラを絞り優先モード「A」に設定し、手前にいる主役のペットにピントを合わせシャッターを切る。

[撮影者とペットの距離が遠い時]
1.焦点距離200㎜以上の望遠レンズを使用。
2.カメラを絞り優先モード「A」に、望遠レンズを望遠側に設定。
3.絞りを極力開き(=F値を小さくし)、手前にいる主役のペットにピントを合わせシャッターを切る。

撮影例
撮影例


おすすめコンパクトデジタルカメラ


Nikon デジタルカメラ S33 防水 1317万画素 S33...

ニコン
¥ 19,341 ¥ 10,980
Amazonプライム
RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360...

リコー
¥ 38,520
Amazonプライム

おすすめミラーレス一眼


PENTAX ミラーレス一眼 Q-S1 ズームレンズキット...

リコー
¥ 53,600 ¥ 24,752
Amazonプライム
Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 標準...

ニコン
¥ 59,940 ¥ 42,180
Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7...

パナソニック(Panasonic)
¥ 90,180 ¥ 57,834

おすすめデジタル一眼レフ


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7...

キヤノン
¥ 123,224 ¥ 51,600
Amazonプライム
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7i...

キヤノン
¥ 155,304 ¥ 95,180
Amazonプライム