¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ペコロ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ペコロスの母に会いに行く 単行本 – 2012/7/7


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 682


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ペコロスの母に会いに行く + ペコロスの母の玉手箱 + 笑う介護。 (sasaeru文庫)
合計価格: ¥ 3,199

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容紹介

母は、人生の重荷を下したかのように、ゆっくりとゆっくりとボケていきました─

62歳、無名の“ハゲちゃびん"漫画家が
施設に暮らす認知症の母との
「可笑しく」も「切ない」日々を綴った
感動のコミックエッセイ!
40歳で故郷長崎にUターンした漫画家(62歳)が、親の老いを見つめてきた日々の、笑えて、温かくて、どこか切ない家族の物語。
主人公は、認知症と診断され施設に暮らす現在89歳の母。母が見せる「人生の重荷を下ろしたとびっきりの笑顔」や、著者のはげた頭を見て名前を思い出すエピソード、時折つぶやく亡き父との思い出話などを描いたコミックエッセイです。
「忘れること、ボケることは、悪いことばかりじゃないんだ。母を見ていてそう思った」

出版社からのコメント

第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞! 映画『ペコロスの母に会いに行く』が2013年11月全国の劇場で公開決定。出演は岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮など。

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 西日本新聞社 (2012/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4816708537
  • ISBN-13: 978-4816708534
  • 発売日: 2012/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (215件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 578位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8

最も参考になったカスタマーレビュー

262 人中、251人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sarumarudayu 投稿日 2012/8/31
形式: 単行本
認知症をわずらった家族との共同生活や介護を経験したことのある人なら身に覚えがあるかもしれない。
そこにはもちろん苦しかったり悔しかったりすることもたくさんあるのだけど、
でも実はちょっとした笑いやしみじみ感じ入るような瞬間がいくつもあって、ときにはなんだか幸せな気分になることだってある。

そんなことを思い返させてくれる、どこか懐かしくて、ホッとする家族の物語だった。

私の場合は大学生のとき、田舎に住む当時100歳近かった祖母とふたりでひと夏を過ごす経験をした。
祖母は同じ屋根の下に寝泊まりする私の素性を一日に何度となく尋ね、
私が用意する毎回ほとんど同じ手抜き料理を「こんな美味しいものは人生で初めて食べた」と言って嬉しそうにし、
夜になって外が暗くなると、帰ってこない夫や娘(亡き祖父と亡き伯母)のことを心配してそわそわし始めるのだった。

この本のなかで好きだったのは、著者の母が、亡くなった夫や若き日の自分と会ったり話したりする場面。
本のなかでなんの違和感もなく描かれるそうしたシーンは、読む人の心にも自然にストンと落ちていくと思う。
夢か現かわからないまま空間や時間をとび越えていく著者の母の姿を見ていると、
「ああ、私の祖母も同じように祖
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
95 人中、86人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ritournelle Daigorou 投稿日 2013/2/15
形式: 単行本
絵柄、特に座位のフォルムや構図にやられて購入しました。
読み進めると泣きたくなるほど素敵なフォルムでした。
自分は現在介護をしております。
介護ギャグやお涙頂戴だったらいやだなと思いましたが、
そんなことはありませんでした。
在宅介護(下の世話など)の現場は出てきません。
施設にいる話です。

在宅介護に追われてぎりぎりの暮らしをしている人には
勧められないかというと、しかしそうでもないのです。
手が回らなくて限界だよというとき、
視野狭窄状態だな、独善的状態だな、と自覚したとき、
これいつまで続くのだろうなどとふと頭によぎってしまったとき、
優しく面白く(脱力あるいは穏やかに)リセットしてくれます。
自分が感じていたことを、4コマ漫画の形で表してくれていたり、
自分とは全然違うものの見方によってヒントや刺激もあります。
潔癖な感性の人には見せられない下ネタ(?)的なくだりもあり、
いろんな人がいるよなあ、と思いました。
でもこの著者は本当にあったかい感性の人ですね。
真摯な印象です。なにしろ自分の辛さや悲しさはほぼ描いていないのです。

序盤の無限ループネタでは、笑いながら
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
161 人中、143人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Manager3.0 投稿日 2012/7/21
形式: 単行本 Amazonで購入
89歳の老母の認知症や介護を文字通り絶妙なボケで描く4コマ漫画が長崎のタウン誌で連載され、好評を博していたらしい。それが主に「一章」に集められている。
独特の温かいタッチの画と長崎弁は反響を呼び、西日本新聞社の目にとまって、続く章でのストーリーマンガ的パートやエッセイを追加し、同社から改めて発刊された。

三章「母、少女になる」での交錯した時間の描き方は、秀逸なSFにも似た味わいを感じさせると同時に、その切なさに打たれた。
この三章以降で、作者は老母が生きている「現実」としての思い出や幻聴幻覚の向こうに流れる自分の家族史を丹念に描いていく。
作者の父は、性格的に発生する激しい人間関係ストレスを酒と家族への暴力で紛らわせながら地元の大企業で定年まで勤めあげ、そして10年以上前に先立った。その父は認知症を発症してから母のもとに「現れる」ようになって、詫びたり優しく接してくれたりする。四章「父、来る」五章「父母の旅」は、そうやって現れては会話する夫への思いを当の老母自身が語るが、それ以上に、作者は母(妻)の心象を丹念に想像し、俯瞰し、一つの夫婦の「物語」として創造している。父の思い出は悲惨でやるせないエピソードに満ちてはいても、古今東西変わらない人間の可笑しさ・弱さを際立たせ、圧倒的に豊かで優しく、そして哀しい物語を読ませてくれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 シム 投稿日 2012/10/10
形式: 単行本 Amazonで購入
知人から貰った新聞の広告にたまたま載ってた。
現在母親が認知症を患っていて、
何かの気休めになるかと思い購入した。
老人性認知症という誰にでも体験できる事が、
作者の目を通してストレートに伝わってくる。
暇な時にでも読もうと思ってたけど、
一気に読み終わってしまった。
人間という生き物が愛おしくなる本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック