ベート&... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,680
通常配送無料 詳細
発売元: ブリオミュージック(Brio Music) (休業日:日曜日から月曜日 FBAは年中無休 コンビニ支払い可)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • ベートーヴェン:交響曲第9番
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ベートーヴェン:交響曲第9番


価格: ¥ 1,620 通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、マルイ本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,620より 中古品の出品:5¥ 1,129より


Amazon の ジュリーニ(カルロ・マリア) ストア

ミュージック

ジュリーニ(カルロ・マリア)のアルバムの画像

写真

ジュリーニ(カルロ・マリア)点の画像
ジュリーニ(カルロ・マリア)のAmazonアーティストストア
for 192 点のアルバム、9点の写真、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazonギフト券1,000円プレゼント 4/5まで】 Amazon買取サービス。DVD・ブルーレイ、ミュージックCD、TVゲームなど、まとめて5本買取成立で1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報

  • 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: ジュリーニ(カルロ・マリア)
  • 作曲: ベートーヴェン
  • CD (2004/1/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 75 分
  • ASIN: B00013YRFU
  • EAN: 4988005354372
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 226,926位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


 
1. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》 第1楽章: Allegro ma non troppo,un poco maestoso
2. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》 第2楽章: Molto vivace
3. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》 第3楽章: Adagio molto e cantabile
4. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》 第4楽章: Presto
5. 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》 第4楽章: Presto - “O Freude,nicht diese Toene” - Allegro assai

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

《ユニバーサル・クラシック文庫》ジュリーニ編10点からの1枚。前半3楽章での激情と安定のコントラストが強烈で、終楽章ではそれが圧倒的な解放感と大団円に向かう。確かな演奏設計による「第九」。

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 castlecloud VINE メンバー 投稿日 2004/1/20
形式: CD
全体的に遅めのテンポをとった、気宇壮大な演奏です。その巨匠的な演奏スタイルが絶頂期に達していたジュリーニと、カラヤン時代の輝かしい音色を維持していたベルリン・フィルが、がっぷり四つに組んで火花を散らしている、という感じで、特に第1楽章のスケールの大きさ、迫力は壮絶なものがあります。冒頭主題がティンパニ強打を伴って再現される箇所など、この曲のあらゆる録音中でも最高のものではないかと思います。第3楽章の包まれるような暖かみもジュリーニならでは。第4楽章に行かずにこのままずっと浸っていたい、とすら思えてきます。残念なのは、終楽章が合唱、独唱、録音ともに今ひとつなこと。録音が89年2月、90年2月と、2年にまたがってしまっていることが要因の一つかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふりっつ 投稿日 2005/4/6
形式: CD
 発売後、かなり経過してから入手したのだが、第1楽章のただならぬ大きさ、響きの美しさにまず打ちのめされた。第3楽章までは1本筋の通った、唯一無二、完全無欠の名演で、ずっとこの音楽に浸っていたいと思える。
 ところが、どうしたことか、第4楽章になると、響きが薄くなり、音楽の腰が軽くなったように聞こえる。たぶん、録音時期が2年にまたがっていることが影響しているのだろうが、なんとも納得いかない仕上がり。こうなると、ソニーのベートーヴェンチクルスで、9番が録音されなかったことがつくづく悔やまれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 稲荷屋茶助 投稿日 2011/6/20
形式: CD
ジュリーニの演奏は結構出来不出来がある。特にオケとの相性だ。ウィーンフィルとの演奏は、ジュリーニの横の線を強調するスタイルとのマッチングで美しいが時にぼやけたような演奏になる。その代表例がブルックナー。最近のベルリンフィルはアバドやラトルの時代から軽妙洒脱な演奏が目立ってきているが、ジュリーニ+ベルリンフィルでは昔のベルリンフィルの重厚な音響が出て来てしまうのが面白い。
この演奏も、ジュリーニのやや遅めのテンポ設定により演奏者が力を溜めながら弾いている様が良く解り、それがベルリンフィルが元から持っていた音響バランスを引き出すことにつながっているのだと思う。それがベートーヴェンのこの曲に良くあっていると思う。
演奏スタイルは一時代前の演奏。フルトヴェングラーやワルターから始まりベームで終わったような重厚長大型のベートーヴェン。最近ではティーレマンでしか聴けないようなベートヴェン。
何が凄いということも無く、あの時代ならごく当り前なベートヴェンの演奏だ。しかし聴き終わった時は何か安堵感のようなものを覚えるような演奏。
第1楽章は弦楽器を徒に引きずらず(ジュリーニしては珍しい)暗黒を表現し、第2楽章は怒涛の様だがしかし軽くならない。第3楽章は十分に美しい。第4楽章の爆発も極めて妥当だ。声楽陣も大健闘だと思う。
録音もあの時代のライブとは思えないほど鮮明。十分鑑賞に値する。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック