¥ 3,456
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベンサム―功利主義入門 単行本 – 2013/1/25


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本, 2013/1/25
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 7,426


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ベンサム―功利主義入門 + 功利主義入門―はじめての倫理学 (ちくま新書)
合計価格: ¥ 4,277

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現代のさまざまな分野に、実践・理論の両面で大きな影響を及ぼしているジェレミー・ベンサム(1748‐1832)。本書は、彼の厖大な草稿類を整理・校訂するベンサム・プロジェクトを牽引し、新著作集の編集主幹をつとめる、「世界一ベンサムを知る」著者による本格的な入門書である。苦痛と快楽が基礎づける原理(功利性の原理)による立法の科学を構想し、共同体の幸福=「最大多数の最大幸福」を目指したこの思想家の全貌を平易に解説し、従来触れられてこなかった宗教と性、拷問に関する理論に言及するなど、最新の研究成果をもとに彼の功利主義思想を体系的に論じる。詳細な読書案内とともに、ジョン・ロールズ『正義論』(1971)における功利主義批判以降のベンサム研究の動向を論じる訳者解説(小畑俊太郎執筆)を付した、新しい功利主義入門。

著者について

フィリップ・スコフィールド(Philip Schofield)
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン法学部教授。ベンサム・プロジェクト ディレクター。ベンサム著作集ジェネラル・エディター。国際功利主義学会幹事。1958年生まれ。
本書以外に、Utility and Democracy: The Political Thought of Jeremy Bentham, Oxford University Press, 2006がある。ベンサム/古典功利主義に関する論文、編著多数。

【訳者】
川名 雄一郎(かわな ゆういちろう)
京都大学白眉センター特定助教、PhD in Political Science. 思想史専攻。
1976年生まれ。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン政治科学部修了。
『社会体の生理学――J・S・ミルと商業社会の科学』(京都大学学術出版会、2012年)。

小畑 俊太郎(おばた しゅんたろう)
首都大学東京都市教養学部法学系助教、博士(政治学)。政治思想史専攻。
1975年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。
『ベンサムとイングランド国制(仮)』(慶應義塾大学出版会、2013年刊行予定)。

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会 (2013/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4766420039
  • ISBN-13: 978-4766420036
  • 発売日: 2013/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 445,578位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yonosuke 投稿日 2013/11/8
功利主義はかつて国内では浅薄・邪悪と誤解され評判の悪い学説であったが、近年は若手研究者を中心に再評価の動きが著しい。しかしその創始者ベンサムの著作の邦訳や紹介はいまだ数えるほどであり、彼がどのような思想家であったかは十分には知られていない。こうした事情は、実は英米の学界においてもさほど変わらない。一般に読まれていた弟子バウリング編集による著作集は、宗教や同性愛などに関する重要な文献が意図的に省かれている他、様々な編集上の問題が指摘されていた。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの「ベンサム・プロジェクト」は、刊行された著作群に加え、大量の未刊行の草稿や手紙から新しい典拠となるテキストを作り上げ、ベンサムの「真の」姿を描き出そうとする野心的な企画であり、その成果はインターネットでも公開され研究者を刺激している。本書はこのプロジェクトの現在のディレクターが最新の成果を踏まえて新しいベンサム像を打ち出そうとするものである。

ベンサムの伝記的情報を扱った第1章と、テキストの問題を扱った第2章に続き、第3章では功利主義の核である「最大幸福原理」が扱われる。一般的な批判に対して著者は慎重に各種テキストから模範回答を引き出している。この部分は功利主義に対するよくある誤解を払拭するに適切なものとなっており、訳者たちが副題とした「功利主義入門」の名にふさわしい内容になっている。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック