この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミックス (131)) コミック – 1973


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 443 ¥ 240


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 集英社 (1973)
  • ISBN-10: 4088501314
  • ISBN-13: 978-4088501314
  • 発売日: 1973
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: コミック
オスカルが貴族の子弟ぞろいの近衛兵から、あらくれ平民兵士の多い、フランス衛兵に移り、当然の如く女性というだけの理由で兵士たちから猛反発を受ける巻ですが、この巻のオスカルが一番良いですね。

あらくれ兵士相手に強がるところがなんともそそります。アンドレもよく助けてあげてるなと微笑ましい。

ロザリーとベルナールが結ばれるのもこの巻 オスカルとの別れも感動的。

ただ一つ難点をあげるとすると、この巻ではアルトワ伯爵(国王の弟で三男)が次男のプロヴァンス伯爵とつるんで、王妃の悪口を言い、王妃はそれを聞いて涙してまして、子供の頃はアルトワってアントワネットと仲悪いんだなって思ってましたが、
大人になって別のフランス革命話を見てみると、

王妃と一番仲良しだったのがアルトワ伯爵で(ポリニャック同様下心はあったと思うが)、フェルゼン以上に アンチアントワネットの醜聞の相手役に登場してたらしい。
しかも王妃と結託して、国王に平民に屈するなというぐらい、王妃とはフェルゼンのような男女の仲ではないものの親密な関係だったらしい。

上の弟のプロヴァンスの方は王位を継ぐ可能性が高いため王妃とは距離を置いてたらしく、アルトワともそれほど仲良しではないらしい。

ベルば
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック