通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※必ずお読みください!中古品のため、経年による劣化(折れ、ヤケ等)店頭陳列における傷み等、多少の使用感はご了承をお願いいたします。記載のない限り帯・特典等は付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返品後の返金対応となります。また併売商品のため、品切れの際はご注文をキャンセルさせていただきます。商品の到着は発送通知より3日から5日程(離島を除く)を予定しておりますが配送状況、交通状況、土、日、祝日を含んだ場合により、多少前後することもございます。ご了承下さいませ。エアーキャップ(プチプチ)に包んで、中が見えないように包装して発送いたします。商品発送後のお客様ご都合のキャンセルは経費を差引いた金額でのご返金になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミックス (131)) コミック – 1973/10/20

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 443
¥ 443 ¥ 143


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベルサイユのばら (5) (マーガレット・コミックス (131))
  • +
  • ベルサイユのばら (6) (マーガレットコミックス (137))
  • +
  • ベルサイユのばら (8) (マーガレット・コミックス (145))
総額: ¥1,329
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 集英社 (1973/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088501314
  • ISBN-13: 978-4088501314
  • 発売日: 1973/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
オスカルが貴族の子弟ぞろいの近衛兵から、あらくれ平民兵士の多い、フランス衛兵に移り、当然の如く女性というだけの理由で兵士たちから猛反発を受ける巻ですが、この巻のオスカルが一番良いですね。

あらくれ兵士相手に強がるところがなんともそそります。アンドレもよく助けてあげてるなと微笑ましい。

ロザリーとベルナールが結ばれるのもこの巻 オスカルとの別れも感動的。

ただ一つ難点をあげるとすると、この巻ではアルトワ伯爵(国王の弟で三男)が次男のプロヴァンス伯爵とつるんで、王妃の悪口を言い、王妃はそれを聞いて涙してまして、子供の頃はアルトワってアントワネットと仲悪いんだなって思ってましたが、
大人になって別のフランス革命話を見てみると、

王妃と一番仲良しだったのがアルトワ伯爵で(ポリニャック同様下心はあったと思うが)、フェルゼン以上に アンチアントワネットの醜聞の相手役に登場してたらしい。
しかも王妃と結託して、国王に平民に屈するなというぐらい、王妃とはフェルゼンのような男女の仲ではないものの親密な関係だったらしい。

上の弟のプロヴァンスの方は王位を継ぐ可能性が高いため王妃とは距離を置いてたらしく、アルトワともそれほど仲良しではないらしい。

ベルば
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック