通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘ-ゲル... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・代引対応・局留対応・返品保証★日本郵便のゆうメールにて埼玉県より毎日発送させていただきます。配送は平日のみ、追跡番号ございませんのでご了承ください。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければAmazonを通じて返品ください。恐れ入りますが併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせて頂きます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘ-ゲル『精神現象学』入門 (講談社選書メチエ) 単行本(ソフトカバー) – 1999/3/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 615


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヘ-ゲル『精神現象学』入門 (講談社選書メチエ) + 新しいヘーゲル (講談社現代新書) + 超解読! はじめてのヘーゲル『精神現象学』 (講談社現代新書)
合計価格: ¥ 3,434
ポイントの合計:  104pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

1807年。哲学界に未曾有の書が現れる。〈無限の運動〉の相のもと、およそ人類がもつ、知の全貌をとらえる究極の書。目前の木の認識に始まり、世界全体を知りつくす「絶対知」にいたるまで。文明の始原から近代ヨーロッパの壮大な知まで──。人間精神のあらゆる領域を踏破する、哲学史上最難解の書を、「ヘーゲル翻訳革命」の著者が、明快に読みつくす。

内容(「BOOK」データベースより)

1807年。哲学界に未曾有の書が現れる。「無限の運動」の相のもと、およそ人類がもつ、知の全貌をとらえる究極の書。目前の木の認識に始まり、世界全体を知りつくす「絶対知」にいたるまで。文明の始原から近代ヨーロッパの壮大な知まで―。人間精神のあらゆる領域を踏破する、哲学史上最難解の書を、「ヘーゲル翻訳革命」の著者が、明快に読みつくす。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062581531
  • ISBN-13: 978-4062581530
  • 発売日: 1999/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 176,725位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

66 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 九鬼 投稿日 2003/10/20
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本では『精神現象学』の内容(引用されている『精神現象学』の文は、全て筆者が翻訳した『精神現象学』を元にしている)がコンパクトにまとまっている点が魅力だが、やはり『精神現象学』は難解である。
私は『精神現象学』を読む前にこの本を読んだが、『精神現象学』を読んでいる途中、または読み終わってから、この本を改めて読み返したいと思った。そうような点から、内容が実に濃い本であるといえる。
しかし、『新しいヘーゲル』と重複している内容が多々あり、そちらを精神現象学の入門書とした方が適切ではないかと感じた。そのため、『ヘーゲル『精神現象学』入門』は、『精神現象学』の入門書というよりも、解説書と思った方が良さそうである。
難解の書である『精神現象学』を、分かりやすい形で読者に伝える筆者の姿に、星5つを与えても足りないと思うのは、私だけだろうか・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 哲学する河童 投稿日 2007/4/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
『精神現象学』を読みたいなあと思ったのでその前に読んでみたけど、先に読んどいて大正解。直接『精神現象学』にいってたら確実に読むのやめてた。

著者は難解とされる『精神現象学』の邦訳が素晴らしくて、分かり易くなっているということでドイツ政府からなんとか賞を受賞したらしく、思う存分自分が訳した『精神現象学』を引っ張ってきている。その引用された部分を読むだけでも、『精神現象学』がどれほどに理解し難いかよく分かったし、それをわかりやすく解説しようとしているのもよく分かった。基本的に入門書というのは、とりあえず興味を持った人が手にするもので、読んだ後更に興味を持たせるのが目的なんだろうけど、読んだ後『精神現象学』を読むのは後回しにしようと思った(笑)それは『精神現象学』が今読むべきではない本だっていうことが、この本を読んでわかったから。そういうのも入門書の役割として考えて良いんじゃないかと思う。とにかく、『精神現象学』がどんな感じかよくわかったので、良い本なのではないかと思う。

ただ、これがヘーゲルの入門書ではなく難解とされる『精神現象学』の入門書であるために読者にある程度の知識を要求しているのかなんだか知らないけど、多少入門書としてふさわしくないのでは??と思うところがあった。例えば、「否定や対立や分裂がこれほどまでに強調されるのを見ると、わたした
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
35 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 古本屋A 投稿日 2007/12/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
画期的的な名訳には敬服。まずは、流れがわかってこそ、その書物は評価できるのであって、長谷川訳以前の「精神現象学」の翻訳は、どうみても正常な日本語ではない。「美学講義」「哲学史講義」「歴史哲学講義」と、従来のヘーゲルの翻訳の観念を崩す見事な翻訳が出たあとに、「精神現象学」の翻訳が1996年に出た。一時は喝采を持って迎えられ、翻訳賞の受賞など、哲学の翻訳とは思えないほどの注目振りだった。が、まもなく、文句が出始めた。「訳し過ぎじゃないか」「scheinenの意味が分かっているのか」「厳密な定義からいくと変だ」。俺に言わせれば全部言い掛かりの嘘っぱちだ。訳し過ぎない「丁度良い訳」とはなんだ、実戦英文解釈教室じゃあるまいし下らんことを言うな、厳密な定義とは何だ、勝手に作るな、そう言えば全部片の付くような下らんものばかり。おまけに、この翻訳を読んで理解できたくせに、まるで世話にならず前から分かっていたような口調で、96年以降にヘーゲルに言及し続ける怪しげな一団も居る。だが、そんな名訳を果たした人の割には、解説は面白くない。本書を読むより、この人の翻訳を読めば誰でもわかります。この人の書いたもので面白いのは「ヘーゲルの歴史意識」だけだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヌース2 投稿日 2007/12/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
 一連の長谷川批判でもうしわけないが、書くことによって、長谷川さんの業績を確認するためである。
 この本は99年に出ているから、「現象学」を98年に出版した一年後ということになる。「新しいヘーゲル」は本当に新しく何も書かれていなかったが、この書は「現象学」が出た後ということで、長谷川さんもいくらか書くことができたようである。だが、三分の一ぐらいは引用で、しかもつまみ食いの様相を呈し、いわば、現象学のアンソロジーとなっている。
 第一章「現象学のむずかしさ」、第三章「地図のない知の旅」、第五章「思考の奇怪さについて」となっている。これを見るだけでも、ご本人がヘーゲルはわからないと言っているかのようである。
 書物というものはそれぞれの需要によって評価がなされるものである。これは重要なことである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック