Androidアプリストア Amazonファミリー AmazonPrimeポイント Cloud Drive Photos 2016_schedulebook  Amazon MasterCard nav_flyout_biss AmazonBasics_campaign 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 ヤスイイね ドラッグストア大感謝祭 暑さ・節電対策ストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘヴィ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 くるさい
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆土日祝も毎日発送しています!帯付です。◆目立った汚れや傷などなく全体的にきれいな状態ですが、中古品の為多少の使用感などある場合がございます。ご了承の上お 買い求めください。◆日本郵便のゆうメールにて発送の為、基本ポスト投函になります。◆商品到着後、万が一コンディションに相違があった場合、ご連絡いた だきましたら交換や返金など迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫) 文庫 – 2009/10/10

21件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1

Prime限定ポイント
Amazonプライム・Amazonファミリー・Amazon Student会員なら、この商品は+3%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
AmazonStudent
さらに、Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)


キャンペーンおよび追加情報

  • 新規ご入会で、2,000円分Amazonポイントプレゼント!:Amazon MasterCardクラシック 今すぐチェック

よく一緒に購入されている商品

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫) + ヘヴィーオブジェクト 採用戦争 (電撃文庫) + ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,998
ポイントの合計:  63pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

結局、戦争はなくならなかった。でも、変化はあった。くだらない殺し合いが淡々と続く中にも、変化はあった。超大型兵器オブジェクト。それが、戦争の全てを変えた。戦場に派遣留学した学生・クウェンサーは、整備基地で、奇妙な雰囲気を持つ少女と出会う。その少女は『エリート』と呼ばれていた―『オブジェクト』のパイロットとして。近い将来。このちっぽけな少年は、少女のために、最強の兵器『オブジェクト』へと、生身で立ち向かうことになる。これは、そのきっかけとなる出会いだった―。


登録情報

  • 文庫: 371ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2009/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048680692
  • ISBN-13: 978-4048680691
  • 発売日: 2009/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (21件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,294位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 夢は何処だ。希望はもう無い 投稿日 2015/6/14
形式: 文庫 Amazonで購入
そもそも表紙の女の子はたまに出てくる置物です。主要人物ではありませんのでご注意ください。
表紙に釣られて買うのはおすすめしません。
作品の内容は他の方々がレビューされています通り、二人の少年兵が大型兵器を爆破していくものであります。
少年、兵器、機械!なのであります。
そういうものを魅力的にかける方が挿絵を担当してくだされば良かったのです。
ですから・・・個人的な感想ではございますが、この作品に関してイラストレーターの選定は適当でないように思われます。

文章の方に目を向けますと、基本的には全てが「設定の説明」で進行していきます。
社会の設定の説明、機械の設定の説明、武器の設定の説明・・・
そしてそれらを全て、登場人物の会話でまかなっていきます。
「これがこういう理屈でこうで、アレがああいう理屈でああだ。だからそれをそうしたらコレコレがアレアレなんだ」
「でもその為には×××が○○○必要があるぞ。」
「それは多分△△△の◇◇◇が・・・・・・で~~~~だから(  )だ」
だいたい全編そんな感じです。
そういうのが好きな人にはたまらないと思います。
そういうのが苦手な人にもたまらないと思います。意味は違います。

あと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、35人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CLEAR 投稿日 2009/10/9
形式: 文庫
あらすじから重厚な世界観を持った作品かと思って読んでいるとコメディ作品になっていた。
そんな作品でした。

作品自体は、プロローグ、エピローグ+3章で構成されています。
3章の一つ一つは、それぞれステージを変えたゲームのような感じです。
そのステージ毎に巨大な敵移動要塞(ボス)のようなものを男2人が生身で倒していきます。
そこがこの作品の醍醐味です。

主人公はその2人で、男同士のかけ合いは楽しいです。
ヒロインも一応いるのですが中盤から実質ほとんどお話には絡んできません。
コメディにしては死の描写が生々しく、戦争ものにしては薄っぺらい。
さらにドタバタコメディで終わるラストの落とし方は好みの分かれるところだと思います。

意図してキャラ造形よりエンターテインメントを重視した小説にしたみたいですが
シリーズ物として続くのであれば、次巻ではせめて人物相関図ができるぐらいには
登場人物の掘り下げをやって欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
50 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 テレム 投稿日 2011/6/19
形式: 文庫
やっぱりでした

正直禁書の流れと変わりませんね

簡単に言えば主人公の少年が『運良く』巨大兵器に勝つというストーリー

この著者の『バトル』は『一発逆転』しかないみたいです

非常に単調

始めから圧倒的な強さを誇り勝つバトルがあってもいい、互角な戦いから勝ってもいい

でも必ず『一発逆転』のバトルなんです

そのバトルも上手に展開出来てればいいのですが、ドンドン酷くなっています……

とりあえずこの小説も読みましたが、また無茶苦茶な『理由』も出てきてます

初見だと、この作品の爽快感は確かにあるかも知れませんが、禁書で嫌というほど毎回同じパターンで見せられた手法を、また改めて『爽快感』と言われ見せられると、つらいものがあります……

極端に言うと、この著者の書くバトルものは全部同じにしか見えなくなるほど、単調な展開です……

強い、弱い主人公→何故か窮地に立つ→無理矢理な弱点を発見→一発逆転→「ヒーロォォォ!」

もう懲り懲り…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 山本 晋也 投稿日 2014/5/8
形式: 文庫 Amazonで購入
これを読む前にディープなSF物を読んだせいかもしれませんが、
設定のチープさ、裏付けの薄い偶発性に頼ったストーリー展開などが目立って見受けられました。
一番受け付けなかったのは「ゆるすぎる軍隊設定」
ファンタジーな世界に現実的なものを要求しているわけではありませんが、
未来的な超兵器とグダグダな軍隊の組合せは見ていて不快でした。
これまでライトなものしか読んでいない人は、あまり違和感なく読み進められるかもしれませんが、
それとなく軍隊ものを読んでいる人にはあまりに現実離れして見えるかと思います。
上官と下士官、兵卒の立場的な関係やら、武器弾薬の扱いとか戦略とか、雰囲気だけですね。

なんとなくの軍隊系を読んでみようという人には、軽い感じでよいのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック