¥ 659
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘヴィ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫) 文庫 – 2009/10/10


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫) + ヘヴィーオブジェクト 採用戦争 (電撃文庫) + ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影 (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,998
ポイントの合計:  63pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

結局、戦争はなくならなかった。でも、変化はあった。くだらない殺し合いが淡々と続く中にも、変化はあった。超大型兵器オブジェクト。それが、戦争の全てを変えた。戦場に派遣留学した学生・クウェンサーは、整備基地で、奇妙な雰囲気を持つ少女と出会う。その少女は『エリート』と呼ばれていた―『オブジェクト』のパイロットとして。近い将来。このちっぽけな少年は、少女のために、最強の兵器『オブジェクト』へと、生身で立ち向かうことになる。これは、そのきっかけとなる出会いだった―。

登録情報

  • 文庫: 371ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2009/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048680692
  • ISBN-13: 978-4048680691
  • 発売日: 2009/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (20件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 66,277位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

43 人中、34人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CLEAR 投稿日 2009/10/9
形式: 文庫
あらすじから重厚な世界観を持った作品かと思って読んでいるとコメディ作品になっていた。
そんな作品でした。

作品自体は、プロローグ、エピローグ+3章で構成されています。
3章の一つ一つは、それぞれステージを変えたゲームのような感じです。
そのステージ毎に巨大な敵移動要塞(ボス)のようなものを男2人が生身で倒していきます。
そこがこの作品の醍醐味です。

主人公はその2人で、男同士のかけ合いは楽しいです。
ヒロインも一応いるのですが中盤から実質ほとんどお話には絡んできません。
コメディにしては死の描写が生々しく、戦争ものにしては薄っぺらい。
さらにドタバタコメディで終わるラストの落とし方は好みの分かれるところだと思います。

意図してキャラ造形よりエンターテインメントを重視した小説にしたみたいですが
シリーズ物として続くのであれば、次巻ではせめて人物相関図ができるぐらいには
登場人物の掘り下げをやって欲しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2014/10/5
形式: 文庫
2015年にアニメ化される、された作品なので今まで知らなかった、興味が薄かった人もいるのでは?
鎌池先生の10周年記念のアニメ化ですが、オブジェクトによる迫力のある戦闘をアニメ化するとおもしろそうです。
進撃の巨人など大きいく力の差がある敵を知恵やチームプレーで倒すなど、バトルが最大の魅力です。
仲間同士の掛け合いなど軍人の日常もラノベらしさもあります。
しかしながら、動きが想像しにくい人もいるでしょうし、すでにある漫画で補完するかアニメを視聴してから読むのもひとつの手だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2011/9/21
形式: 文庫
人を選ぶとは思いますが面白かったです。
細かい描写とか気になる人には向いてない作品。ただ「一言の爆発力」がある作品です。いい意味でも悪い意味でも、単調な動きからいきなりドキリとする展開が魅力的です。漫画化やアニメ化しても安定して面白いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 テレム 投稿日 2011/6/19
形式: 文庫
やっぱりでした

正直禁書の流れと変わりませんね

簡単に言えば主人公の少年が『運良く』巨大兵器に勝つというストーリー

この著者の『バトル』は『一発逆転』しかないみたいです

非常に単調

始めから圧倒的な強さを誇り勝つバトルがあってもいい、互角な戦いから勝ってもいい

でも必ず『一発逆転』のバトルなんです

そのバトルも上手に展開出来てればいいのですが、ドンドン酷くなっています……

とりあえずこの小説も読みましたが、また無茶苦茶な『理由』も出てきてます

初見だと、この作品の爽快感は確かにあるかも知れませんが、禁書で嫌というほど毎回同じパターンで見せられた手法を、また改めて『爽快感』と言われ見せられると、つらいものがあります……

極端に言うと、この著者の書くバトルものは全部同じにしか見えなくなるほど、単調な展開です……

強い、弱い主人公→何故か窮地に立つ→無理矢理な弱点を発見→一発逆転→「ヒーロォォォ!」

もう懲り懲り…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dh4189 VINE メンバー 投稿日 2012/8/29
形式: 文庫
シリーズ1作目。

1巻全体を通してでも良いが、章ごとに一区切りついているので、ちょっとずつでも読み進められるので読みやすい。また、見ようによってはシリアスな内容のはずなのに、結構軽く扱っていて、その点もテンポよく読んでいける要因になっていると思う。いかにもライトノベルらしいライトノベルとなっている。「禁書」シリーズとも相通じるところもあり、クオリティ面でも信頼できる。良作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 簡単なトリックだよ、ワトソン君♪ 投稿日 2010/1/26
形式: 文庫
実に……実に残念です………。

この本を手に取った今現在、続巻がまだ出ていない事が!!
久し振りに“面白い”作品に出会えました!
内容はいたってシンプルで“巨大兵器と少年少女”です。ワン○と巨像みたいなバランスの相手と主人公は戦ってくれます。
しかし、今回は同著者の『禁書目録』の主人公のような便利な能力はなく、代わりに銃器とC4爆弾より強力な爆薬で応戦します。

核兵器にも耐える相手に。

しかも歩兵用の対人兵器から空母を沈められる主砲までを備えた兵器相手にです。
そこで主人公は頑張って破壊する方法を探すのですが、正直、凄まじい緊張感と駆け引きの頭脳戦を期待してはいけません。

ノリでいうとハリウッドの娯楽映画みたいなノリです。

軽口をぽんぽん飛ばしながら大砲着けた核シェルターみたいな奴相手に必死で死に物狂いで戦っている主人公達を見ると、ハラハラしながらクスクスしてワクワクします。

あぁ!とても次巻が待ち遠しい。新シリーズらしいので、早く彼らの軽口を読みたいです。願わくばもう少しヒロイン(?)を会話に参加させて欲しいかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック