ヘンデル: オラトリオ「マカベウスのユダ」(Han... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヘンデル: オラトリオ「マカベウスのユダ」(Handel: Judas Maccabaeus) CD, Import, Double CD

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,360 通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,324より 中古品の出品:5¥ 1,200より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 演奏: Guy de Mey, Lisa Saffer, Patricia Spence, David Thomas, Brian Asawa
  • オーケストラ: Philharmonia Baroque Orchestra, U.C. Berkeley Chamber Chorus
  • 指揮: Nicholas McGegan
  • 作曲: George Frideric Handel
  • CD (2006/8/8)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Double CD, Import
  • レーベル: Harmonia Mundi
  • ASIN: B000FIM2FS
  • EAN: 0093046737429
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 124,007位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

枚目のトラック14、表彰式の曲として定番の「見よ、勇者は帰る」の合唱と管弦楽も極めて快活、マギーガンのヘンデルが再登場です。10年以上前の発売当初、ヘンデルの作品群はまさに再発見され始めた頃でした。通常知られる1716年版に、ヘンデルが様々な機会に書き下ろした異稿もすべて収録。1992年の「東京の夏音楽祭」で来日してその歌唱力と演技力が話題なったギ・ド・メイが主役というのもあって、発売当初話題となった名盤も、廃盤となって多くの人々に惜しまれたものでした。ムンディの名録音とあいまって、10年以上たった録音ですが極めて心に染み入る美音です。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
NHKTVの「ラララクラシック」で知った「マカベウスのユダ」。ヘンデルらしく「メサイア」にも似た個所がある。しかし、第3幕"See, the conqu'ring hero comes!" は、ご存じ日本ではスポーツ大会の表彰式のテーマソング。ソリストもさることながら、U.C. バークレー室内合唱団、マクゲガン指揮フィルハーモニア・バロック管弦楽団、いずれも秀逸。唯一の欠点は解説に歌詞の記載が無いことである。但し、歌詞が記載され、更に日本語訳も追加されると価格が跳ね上がるのだから、この安価なUSA版がお奨め。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック