Amazon Kindleでは、 ヘタリア Axis Powers (バーズ エクストラ) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,080
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ヘタリア Axis Powers コミック – 2008/3/28


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヘタリア Axis Powers + ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) + ヘタリア〈3〉Axis Powers (BIRZ EXTRA)
合計価格: ¥ 3,240

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

遊び好きで女好き、逃げ足の速いヘタレだが、愛すべきイタリア! 「彼」と愉快な世界の仲間達が繰り広げる抱腹絶倒シニカルギャグ!

登録情報

  • コミック: 134ページ
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2008/3/28)
  • ISBN-10: 4344812751
  • ISBN-13: 978-4344812758
  • 発売日: 2008/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (83件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

246 人中、230人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スノウマン 投稿日 2008/9/14
形式: コミック
国の擬人化って…! な気持ちで手にとってみました。本家WEBサイトを知らなくても充分楽しめました。

本編の方はあくまでネタとして割り切れば、楽しめる内容だと思います。私は楽しめました。ただ、それと同時に商業コミックとしての課題点が大きく出てしまったと言えるでしょう。
課題点としてはみなさんがおっしゃる様な、説明不足、絵の荒さ。その上でこの値段。
原作者を擁護するわけではありませんが、これは作者がどうと言うより、編集・出版側に問題があると言えます。説明不足や絵の荒さは編集校正してる段階で気にならなかったのか。印刷関係に接しているのだから、解像度などの基礎知識ぐらいはしっているだろう。
あくまで作者は『趣味』として始めたわけですから、そこにプロ意識を求めるのは酷と言えます。ですが、商業用にある程度クオリティをあげる努力ぐらいはしてほしい。そして、編集側も安易にコミック出そうぜ!ではなく、商業という立場を考えて発行していただきたい。

…と一般的に言われるだろうことをあげてみました。私個人としてはそこまで気にはしてません。
「値段高いなぁ」「絵、みずらいとこあるなー」「え、このキャラは説明ないけどどこの国?(読み進めていくうちに理解)」…ぐらいのノリでした。面白いものは面白いで受け止められる、細かいこと気に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
101 人中、91人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 日野 投稿日 2008/6/24
形式: コミック
「こんな不謹慎な漫画をメジャーにするのは日本の恥を晒すようなもの」という声を聞いたが、むしろどの国(キャラ)も読者に愛されるように作られているこの漫画は相当色んなところに配慮されていると思う。
誰が正義ということもなし。ただひとつ、「戦争」への控えめなアンチテーゼが顔を覗かせる。
かわいらしくて平和的な、いい作品だと思う。

ただ気になるのが、これを読んだ若年層の暴走。
国萌えは一般的ではありませんよ。どうかひっそり萌えてください。
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
303 人中、269人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 感想をひとつ 投稿日 2008/4/19
形式: コミック
ネタはいい本です。
でも致命的に編集が複雑。
予備知識が無く読み始めると、完全に意味不明な本でしかないのが残念です。

画面解像度もとても出版物とは思えない荒さがあり、ごく普通の本の通常のレベルを期待して買うと裏切られます。

国家を擬人化し、歴史的な軋轢を背景にしたコメディで着眼点はとても面白いのですが、章によって背景となる時代も飛び飛びで、よっぽど欧州における地理的国家的な歴史的基礎知識が無いと何言ってるのか分かりません。
ネットでの予備知識無く初めて見た人は、何が描かれているのかさっぱり分からず混乱し、途中で読むのをやめると思います。
そして後に残るのは『ヘタリア』?ああ、あのワケワカラン漫画ね。という感想。
これが『ヘタリア』ファンの望んだ姿でしょうか?
確かに書下ろしが多く、従来からのファンには嬉しい部分もあるでしょう。
ですが、肝心な説明が全くありません。スッポリ抜け落ちている。未完成どころの話ではないのです。

誤解の無いよう付け加えておくと、私はこの『ヘタリア』という話自体は大好きです。
ネットでも見ておりましたし、今回のこの本の発売も待ち望んでおりました。
出版後は知り合いにも勧めて『ヘタリア』ファンを増やすつもりで
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cs 投稿日 2008/4/3
形式: コミック
ヘタリア連載初期からのファンだったので、書籍化というのは不安ながらも嬉しく、予約までして期待して待っていたのですが、雑さ、解像度の悪さ、解りにくさにがっかりしました。カラーぺージや表紙デザイン、またペン入れのされているページはとても奇麗なので、よけい雑なページが目立っています。各国紹介のカラーページも、国旗の横に国名を書いていないと初めての人には「?」の連続だと思います。このクオリティ、このページ数でこの値段は高いんじゃないかと。

ファンゆえに、辛口批評で申し訳ありませんが、サイトを見ているヘタリアファン以外にはかなりハードルが高いように思います。

あと、ブルガリアがイタリアを軽く小突くシーンなどは、まるでブルガリアとイタリアが戦争をしたことがあるように見えてしまいました。一応帯に赤丸で「本当」と書かれている以上、誤解を招くような描写はいれないほうがよいと思いました。(なおパスタは「茹でた」のではなく、「蒸した」とのほうが正しいという話も聞きました)あと、参考文献を入れておいたほうがよいようにも思います。

2も出るそうなので、次回は「ペン入れをする」「再録漫画の解像度の改善」「時系列をはっきりさせる」「国の紹介ももっとわかりやすく」「参考文献を明記する」等々の改善をしていただきたいです。同人誌ではなく、れっきとした商
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック