Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) [新書]

師岡 康子
5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 821 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) + なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害― + ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか
合計価格: ¥ 5,273

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

差別、侮辱、排除の言葉の暴力を、路上やネット上で撒き散らすヘイト・スピーチは、表現の自由として守られるべきなのか。深刻な被害は、既存の法や対抗の言説では防げない。悪質な差別の法規制は、すでに国際社会の共通了解だ。各国の経験を振り返り、共に生きる社会の構築へ向かうために。

内容(「BOOK」データベースより)

差別と侮辱、排除の言葉をマイノリティに向けて路上やネット上で撒き散らす―ヘイト・スピーチとは差別煽動である。差別も「表現の自由」として、当事者の深刻な苦しみを放置するのか。民主主義社会をも破壊する「言葉の暴力」と向き合う国際社会の経験と制度を紹介し、法規制濫用の危険性も考えながら、共に生きる社会の方途を探る。

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004314607
  • ISBN-13: 978-4004314608
  • 発売日: 2013/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,559位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
60 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 kogonil VINE メンバー
Amazonで購入
日本社会に蔓延するヘイトに対する法規制を積極的に導入せよと主張するものです。

とりわけ在日コリアンを標的とするヘイトの現状、ヘイトを問題視する様々な取り組み、
そもそも「ヘイト」とは何か、国際的な合意が奈辺にあるか、諸外国の取り組み、当の
問題に対する日本国内の言論状況など、非常に広汎にわたるトピックを要領よくまとめ
ており、非常に勉強になります。

しかしながら、表現の自由に立脚する慎重論の受け止め方が十分でない、どういう
立脚点から差別に反対するかという点が不明瞭であったりなど、いくつか疑問点もなし
とは言えませんが、新書であることからも、問題の紹介としてはお勧めできます。

さらに、本書で【論じられていないこと】こそ、今後、慎重に検討されねばならないという
意味でも、十分な役割を果たしていると思えます。

本書で論じられてないことは、(1)どうして法規制なのかという説得(他の抑制手段との得
失比較論)、(2)諸外国の規制導入にあたってなされたであろう議論の紹介(結果としての
現にある規制の紹介ではなく、その規制に至るまでの様々な立場相互の論争の紹介。諸
外国の規制は、さまざまに変遷しているので、そうした規制
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
178 人中、125人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 bunny knights
 近年、「行動する保守」などと称する人たちによるヘイト・スピーチが、ネットにとどまらず現実社会に大手を振って現れるようになった。この現象に対して、ある人は「表現の自由」だといい、ある人は「表現の自由の範疇を超えるものであり規制されるべき」だといい、多くの人は「どうでもいい」と考えているようである。

 本書は、弁護士として活動する中でヘイト・スピーチ、ヘイト・クライムのもたらす深刻な被害に気づいた筆者が、ヘイト・スピーチ等の規制に関する国際的な現状を研究した成果をまとめた入門書である。著者は、ヘイト・スピーチの悪質なものは法的に規制されるべきだと考える立場であり、法規制の必要性、許容性、その在り方について丁寧に論じており、説得力がある。ヘイト・スピーチを野放しにすることが、ナチスによる民主主義の破壊とアウシュビッツ、戦争の惨禍を招き、関東大震災時の日本人集団による朝鮮人虐殺を招いた。そうした歴史も概説されており、現在の日本に重なって見えるところがある。その意味でも本書は、ヘイト・スピーチは「自分には無関係の問題だ」と考えている人たちにも、ぜひとも広く読まれるべき1冊だといえよう。

 本書の魅力は、多角的な観点からヘイト・スピーチ規制に関する問題を扱っている点である。章別に分けると、(1)「在特会」らはなにも突然現れた異様な怪物などではなく著
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 学術書としては不十分 2014/10/23
投稿者 未来人
ヘイトスピーチに対する学術書としては評価刷るが、在特会が何故ヘイトをするのかという理由は故意にか見落としている。
公平性に欠いているので、学術書としては不十分といわざるを得ない
このレビューは参考になりましたか?
49 人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー
著者は、ヘイト・スピーチの法律支援のほか、在外研究で差別規制を研究した弁護士。国内で深刻になりつつあるヘイト・スピーチ問題について、現状を報告するとともに、法による規制の必要性を主張している。在特会が持ち出す「表現の自由」は誤りであること、在日朝鮮人の基本的自由や平等への深刻な侵害であることを指摘し、「差別規制法は世界の常識」と訴えている。

ヘイト・スピーチへの法規制は最近議論されているが、慎重論の方が強い。「対抗言論」「規制による萎縮」「濫用の危険性」「潜在化の危険」などだ。本書ではいずれの論にも反論している。集団で取り囲んで罵倒するというのは、対抗の術はない卑劣なものだ。心に深い傷を負う。本書を読んで、集団でマイノリティが集う場所や少人数を取り囲み、ヘイト・スピーチをする、あるいはジェノサイド煽動のような今の在特会的「抗議行動」には刑事規制が必要なのかもしれないと感じた。ヘイト・クライムへの罪も加重すべきだという意見も理解できる。

ただ、ネットや公の場で、侮蔑発言をすることまで規制するのは韓国でメディアや国会議員が「倭奴」とか「天罰」とか差別表現で日本を罵倒し、それが喝采を受けるのを見ると、「韓国の日本罵倒が落ち着けば、ある程度収まるんじゃないか」という印象もする。ユダヤ人やムスリム、ロマ、黒人など、差別構造が複雑でこんがらがっている
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 在特会並の陰謀論
 在特会によるいわゆる「ヘイトスピーチ」が問題になったのは2000年代後半である。... 続きを読む
投稿日: 17日前 投稿者: ななはし
5つ星のうち 1.0 韓国人の日本人に対するヘイトスピーチを放置するな!
私自身へイトスピーチで韓国の反日活動が収まるとは思ってはいない。ただし、恥知らずにどこまでも汚らしい言葉で日本人をヘイトスピーチし続ける今の韓国人を見るにつけ、こ... 続きを読む
投稿日: 21日前 投稿者: ミスターA
5つ星のうち 1.0 だからね。そうやって底辺層をバカにしてるから左側の求心力が無くなるの。
もうね。うんざり。
上から目線で「規制しろー」。
「どうして規制するの?」。
「ネトウヨネトウヨ底辺の連中が云々」。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 日本で起こるヘイトスピーチやヘイトクライムについてどう法規制をするかについての書籍
まず断っておくが、在特会、行動する保守運動は右翼の名前を借りた薄っぺらい正義を掲げ、罵詈雑言を発する日本の恥である。在日特権等と言って常識外れなデモと何一つ事実に... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 空飛ぶオーブントースター
5つ星のうち 3.0 元凶を外国人とすることって結構都合がいいのかも
本書の著者はヘイト・スピーチを否定する立場に立ち、これを拡大させないためには規制も辞さないという立場をとっています。個人的にヘイト・スピーチに対する肯定的な感情は... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: Coffey man
5つ星のうち 5.0 人権条約を身近に
J-リーグ、浦和レッズサポーターが掲げた横断幕が差別表示であると、厳罰処分が下された。しかし、巷では、ヘイトスピーチが垂れ流されている現実があり、外国人記者たちは... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 森本孝子
5つ星のうち 4.0 時には気分の悪くなる部分もあるかもしれないが、我慢して一読した方がよいと思う
... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: Ultraume Amazon Customer
5つ星のうち 1.0 値段分の価値も無い極左の妄言集
値段が安いとはいえ、読む価値すらない極左の妄言集です。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: cdmaniax
5つ星のうち 1.0 こういう本こそヘイトスピーチ批判の邪魔
はじめに書いておくが私はヘイトスピーチはやめるべきだと思っている。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: できるだけレビューに動画をつける人
5つ星のうち 5.0 なんとも情けない日本人たちであることよ。
... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: namakemono
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック