通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 青 龍
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易クリーニング済み。中古商品となりますので、スレ・傷・日焼け・汚れ・角折れ等のある場合がございますが、通読には支障のない商品となっております。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。【ゆうメール発送】【日時指定不可】【今一度、宛先の確認お願い致します。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) 新書 – 2013/12/21

5つ星のうち 3 26件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 268

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書)
  • +
  • ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

差別、侮辱、排除の言葉の暴力を、路上やネット上で撒き散らすヘイト・スピーチは、表現の自由として守られるべきなのか。深刻な被害は、既存の法や対抗の言説では防げない。悪質な差別の法規制は、すでに国際社会の共通了解だ。各国の経験を振り返り、共に生きる社会の構築へ向かうために。

内容(「BOOK」データベースより)

差別と侮辱、排除の言葉をマイノリティに向けて路上やネット上で撒き散らす―ヘイト・スピーチとは差別煽動である。差別も「表現の自由」として、当事者の深刻な苦しみを放置するのか。民主主義社会をも破壊する「言葉の暴力」と向き合う国際社会の経験と制度を紹介し、法規制濫用の危険性も考えながら、共に生きる社会の方途を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004314607
  • ISBN-13: 978-4004314608
  • 発売日: 2013/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,345位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
日本社会に蔓延するヘイトに対する法規制を積極的に導入せよと主張するものです。

とりわけ在日コリアンを標的とするヘイトの現状、ヘイトを問題視する様々な取り組み、
そもそも「ヘイト」とは何か、国際的な合意が奈辺にあるか、諸外国の取り組み、当の
問題に対する日本国内の言論状況など、非常に広汎にわたるトピックを要領よくまとめ
ており、非常に勉強になります。

しかしながら、表現の自由に立脚する慎重論の受け止め方が十分でない、どういう
立脚点から差別に反対するかという点が不明瞭であったりなど、いくつか疑問点もなし
とは言えませんが、新書であることからも、問題の紹介としてはお勧めできます。

さらに、本書で【論じられていないこと】こそ、今後、慎重に検討されねばならないという
意味でも、十分な役割を果たしていると思えます。

本書で論じられてないことは、(1)どうして法規制なのかという説得(他の抑制手段との得
失比較論)、(2)諸外国の規制導入にあたってなされたであろう議論の紹介(結果としての
現にある規制の紹介ではなく、その規制に至るまでの様々な立場相互の論争の紹介。諸
外国の規制は、さまざまに変遷しているので、そうした規制
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 近年、「行動する保守」などと称する人たちによるヘイト・スピーチが、ネットにとどまらず現実社会に大手を振って現れるようになった。この現象に対して、ある人は「表現の自由」だといい、ある人は「表現の自由の範疇を超えるものであり規制されるべき」だといい、多くの人は「どうでもいい」と考えているようである。

 本書は、弁護士として活動する中でヘイト・スピーチ、ヘイト・クライムのもたらす深刻な被害に気づいた筆者が、ヘイト・スピーチ等の規制に関する国際的な現状を研究した成果をまとめた入門書である。著者は、ヘイト・スピーチの悪質なものは法的に規制されるべきだと考える立場であり、法規制の必要性、許容性、その在り方について丁寧に論じており、説得力がある。ヘイト・スピーチを野放しにすることが、ナチスによる民主主義の破壊とアウシュビッツ、戦争の惨禍を招き、関東大震災時の日本人集団による朝鮮人虐殺を招いた。そうした歴史も概説されており、現在の日本に重なって見えるところがある。その意味でも本書は、ヘイト・スピーチは「自分には無関係の問題だ」と考えている人たちにも、ぜひとも広く読まれるべき1冊だといえよう。

 本書の魅力は、多角的な観点からヘイト・スピーチ規制に関する問題を扱っている点である。章別に分けると、(1)「在特会」らはなにも突然現れた異様な怪物などではなく著
...続きを読む ›
7 コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本のタイトルは「ヘイト・スピーチとは何か」というものだが、この本を読んでも、ヘイト・スピーチとは結局何なのかということがいまいち腑に落ちない。

著者はヘイト・スピーチの定義を「人種、民族、国籍、性などの属性を有するマイノリティの集団もしくは個人に対し、その属性を理由とする差別的表現であり、その中核にある本質的な部分は、マイノリティに対する『差別、敵意又は暴力の煽動』『差別のあらゆる煽動』であり、表現による暴力、攻撃、迫害である」とする。

しかし、上記のような定義で、著者の言うように「法規制すべき」というのはちょっと危険ではないだろうか。例えば民族差別というならば、在日米軍に対する左派の罵詈雑言などはそこに入るのかという疑問がある。「在日米軍はマイノリティではない」というかもしれない。ならば、マイノリティとは数の問題ではなく質の問題だということになる。日本にいる在日朝鮮人の数は、米軍の数よりも多いだろうから。

しかし、そうだとするならば尚更わからなくなる。「質的なマイノリティ」に該当するものを誰がどういう基準で決めるのかということだ。法的規制などと叫ぶなら、そういう点こそを慎重に議論すべきであるはずなのに、著者は「マイノリティ」や「弱者」というものを、あたかも疑い得ない前提のように話を進めていく。その議論の仕方は、
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/13
形式: 新書
著者は、ヘイト・スピーチの法律支援のほか、在外研究で差別規制を研究した弁護士。国内で深刻になりつつあるヘイト・スピーチ問題について、現状を報告するとともに、法による規制の必要性を主張している。在特会が持ち出す「表現の自由」は誤りであること、在日朝鮮人の基本的自由や平等への深刻な侵害であることを指摘し、「差別規制法は世界の常識」と訴えている。

ヘイト・スピーチへの法規制は最近議論されているが、慎重論の方が強い。「対抗言論」「規制による萎縮」「濫用の危険性」「潜在化の危険」などだ。本書ではいずれの論にも反論している。集団で取り囲んで罵倒するというのは、対抗の術はない卑劣なものだ。心に深い傷を負う。本書を読んで、集団でマイノリティが集う場所や少人数を取り囲み、ヘイト・スピーチをする、あるいはジェノサイド煽動のような今の在特会的「抗議行動」には刑事規制が必要なのかもしれないと感じた。ヘイト・クライムへの罪も加重すべきだという意見も理解できる。

ただ、ネットや公の場で、侮蔑発言をすることまで規制するのは韓国でメディアや国会議員が「倭奴」とか「天罰」とか差別表現で日本を罵倒し、それが喝采を受けるのを見ると、「韓国の日本罵倒が落ち着けば、ある程度収まるんじゃないか」という印象もする。ユダヤ人やムスリム、ロマ、黒人など、差別構造が複雑でこんがらがっている
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック