通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘイト&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、小口に多少の使用感があります。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) 新書 – 2013/12/21


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書, 2013/12/21
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 398


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヘイト・スピーチとは何か (岩波新書) + なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害― + ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか
合計価格: ¥ 5,273

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

差別と侮辱、排除の言葉をマイノリティに向けて路上やネット上で撒き散らす―ヘイト・スピーチとは差別煽動である。差別も「表現の自由」として、当事者の深刻な苦しみを放置するのか。民主主義社会をも破壊する「言葉の暴力」と向き合う国際社会の経験と制度を紹介し、法規制濫用の危険性も考えながら、共に生きる社会の方途を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

師岡/康子
1992‐2007年東京弁護士会両性の平等に関する委員会、2003‐07年日本弁護士連合会人権擁護委員会特別委嘱委員、東京弁護士会外国人の人権に関する委員会委員、枝川朝鮮学校取壊し裁判弁護団。07年ニューヨーク大学ロースクール、08年英キール大学大学院、10年キングズカレッジ・ロースクール留学。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員、国際人権法学会所属。外国人人権法連絡会運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/12/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004314607
  • ISBN-13: 978-4004314608
  • 発売日: 2013/12/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,629位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

最も参考になったカスタマーレビュー

61 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kogonil VINE メンバー 投稿日 2014/2/17
Amazonで購入
日本社会に蔓延するヘイトに対する法規制を積極的に導入せよと主張するものです。

とりわけ在日コリアンを標的とするヘイトの現状、ヘイトを問題視する様々な取り組み、
そもそも「ヘイト」とは何か、国際的な合意が奈辺にあるか、諸外国の取り組み、当の
問題に対する日本国内の言論状況など、非常に広汎にわたるトピックを要領よくまとめ
ており、非常に勉強になります。

しかしながら、表現の自由に立脚する慎重論の受け止め方が十分でない、どういう
立脚点から差別に反対するかという点が不明瞭であったりなど、いくつか疑問点もなし
とは言えませんが、新書であることからも、問題の紹介としてはお勧めできます。

さらに、本書で【論じられていないこと】こそ、今後、慎重に検討されねばならないという
意味でも、十分な役割を果たしていると思えます。

本書で論じられてないことは、(1)どうして法規制なのかという説得(他の抑制手段との得
失比較論)、(2)諸外国の規制導入にあたってなされたであろう議論の紹介(結果としての
現にある規制の紹介ではなく、その規制に至るまでの様々な立場相互の論争の紹介。諸
外国の規制は、さまざまに変遷しているので、そうした規制
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
182 人中、128人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bunny knights 投稿日 2013/12/28
 近年、「行動する保守」などと称する人たちによるヘイト・スピーチが、ネットにとどまらず現実社会に大手を振って現れるようになった。この現象に対して、ある人は「表現の自由」だといい、ある人は「表現の自由の範疇を超えるものであり規制されるべき」だといい、多くの人は「どうでもいい」と考えているようである。

 本書は、弁護士として活動する中でヘイト・スピーチ、ヘイト・クライムのもたらす深刻な被害に気づいた筆者が、ヘイト・スピーチ等の規制に関する国際的な現状を研究した成果をまとめた入門書である。著者は、ヘイト・スピーチの悪質なものは法的に規制されるべきだと考える立場であり、法規制の必要性、許容性、その在り方について丁寧に論じており、説得力がある。ヘイト・スピーチを野放しにすることが、ナチスによる民主主義の破壊とアウシュビッツ、戦争の惨禍を招き、関東大震災時の日本人集団による朝鮮人虐殺を招いた。そうした歴史も概説されており、現在の日本に重なって見えるところがある。その意味でも本書は、ヘイト・スピーチは「自分には無関係の問題だ」と考えている人たちにも、ぜひとも広く読まれるべき1冊だといえよう。

 本書の魅力は、多角的な観点からヘイト・スピーチ規制に関する問題を扱っている点である。章別に分けると、(1)「在特会」らはなにも突然現れた異様な怪物などではなく著
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
53 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/13
著者は、ヘイト・スピーチの法律支援のほか、在外研究で差別規制を研究した弁護士。国内で深刻になりつつあるヘイト・スピーチ問題について、現状を報告するとともに、法による規制の必要性を主張している。在特会が持ち出す「表現の自由」は誤りであること、在日朝鮮人の基本的自由や平等への深刻な侵害であることを指摘し、「差別規制法は世界の常識」と訴えている。

ヘイト・スピーチへの法規制は最近議論されているが、慎重論の方が強い。「対抗言論」「規制による萎縮」「濫用の危険性」「潜在化の危険」などだ。本書ではいずれの論にも反論している。集団で取り囲んで罵倒するというのは、対抗の術はない卑劣なものだ。心に深い傷を負う。本書を読んで、集団でマイノリティが集う場所や少人数を取り囲み、ヘイト・スピーチをする、あるいはジェノサイド煽動のような今の在特会的「抗議行動」には刑事規制が必要なのかもしれないと感じた。ヘイト・クライムへの罪も加重すべきだという意見も理解できる。

ただ、ネットや公の場で、侮蔑発言をすることまで規制するのは韓国でメディアや国会議員が「倭奴」とか「天罰」とか差別表現で日本を罵倒し、それが喝采を受けるのを見ると、「韓国の日本罵倒が落ち着けば、ある程度収まるんじゃないか」という印象もする。ユダヤ人やムスリム、ロマ、黒人など、差別構造が複雑でこんがらがっている
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
67 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ふーてんのトラさん 投稿日 2014/2/24
日本のみならず、海外の事例も交えて様々な角度から網羅的に書かれていることはもちろん、さすが弁護士の方が書かれただけあり、刑事、民事、その他の規制の射程、判決の射程がわかりやすく書かれており、かゆいところに手が届くような思いで、うんうん、とうなづきながら読ませていただきました。
研究書だけではなく、実務書、さらには最近のヘイトスピーチの問題としてどんなものがあり、それに対し社会が、裁判所が、国際社会がどう反応したかという記録集としても非常に価値のあるものだと思います。
特に国際人権法がどう関係し、どう活用できるのか詳しく書いてあるところが肝です。
筆者も書いている「規制か表現の自由か」という単なる二項対立を超えた視座が、この本を読み終わってなんとなく見えてきた気がしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック