Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,107

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
プロ野球ユニフォーム図鑑1934~2013 (B・B MOOK 922)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

プロ野球ユニフォーム図鑑1934~2013 (B・B MOOK 922) [ムック]

5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,234 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

プロ野球ユニフォーム図鑑1934~2013 (B・B MOOK 922) + 追憶のロスト・ボールパーク―失われた球場物語 (B・B MOOK 918) + 日本プロ野球追憶の「球団史」―1936ー2004 (B・B MOOK 990)
合計価格: ¥ 3,702

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

プロ野球ファンのためのユニフォーム図鑑です。

登録情報

  • ムック: 98ページ
  • 出版社: ベースボール・マガジン社 (2013/5/15)
  • ISBN-10: 4583619685
  • ISBN-13: 978-4583619682
  • 発売日: 2013/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 27.8 x 20.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 110,417位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
25 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ミッチェル 2013/5/18
西武ライオンズが東京セネタースのユニフォームを復刻するというニュースがあったばかりで、西本・近鉄時代のユニフォームが入手できないものかなど、ひと昔前のユニフォームに対する興味が沸き立っていたところに、タイミングよく本書を発見。
基本的に、写真を眺めるだけに近い本ですが、昭和61、2年頃の山内・中日のビジター・ユニの実物が、テレビで見るよりもいっそう鮮やかだったことや別当・大洋の頃のオレンジ・ユニに違和感を覚えていたことなど、思い出す、思い出す。郷愁に浸れます。
第一次大沢・日本ハムの頃は、小学校でただ券をくれたので(いま思うとなぜ?)、よく後楽園に行ってました。
ミッチェル、ウィリアムス打てよ!
ユニフォームを巡る逸話などは、本書でも紹介されているように、この筋の第一人者である綱島理友氏による「日本プロ野球ユニフォーム大図鑑(仮)」(今夏発売予定)の方が期待できるかもしれません。

いまや復刻ユニフォーム流行の日本プロ野球界です。
観戦には必携の書です。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本の野球が大好きな方々へ…。 2013/9/1
投稿者 ぬけさく与平 トップ1000レビュアー
いきなり、某ラジオ局の野球中継フレーズをパク、いや、拝借致しまして大変失礼しました。野球に興味が無い方には全く面白くも何とも無いムックですが、そうでない方にはお宝本です。ユニフォームは勿論、それを颯爽と身に纏って居る往年の選手ら達、歴代ロゴ、ヘルメット、スパイク、グラウンドコート等々、更に消滅球団、《松竹ロビンスやトンボユニオンズ等々》日米戦、オリンピック、WBC。正に紙の野球博物館の様です。高津臣吾氏、高橋直樹氏、工藤公康氏のインタビューも楽しいですね。最近のムック本は写真を大きくし、空白スペースが目立つ物が多いのですが、本書は隅々までビッシリ写真と文章で埋めつくされて居りますので、お得感が有ります。《お年寄りには虫眼鏡が必要かも。》わたくしは子供の頃、横浜在住巨人ファンでした。何といっても、インパクトが有ったのが当時大洋ホエールズの緑とオレンジ、わたくし達は勝手に東海道線色、と呼んでましたがこの本で、これは大洋のキャンプ地静岡にちなんだ(みかん色)だったと知りました。更に日拓ホームフライヤーズの7色ユニフォーム等衝撃的な物も掲載されてますよ。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 良かった 2013/7/28
投稿者 ちょめ
各球団の歴代ユニフォームを余すことなく紹介しています。中でも思い出深いのは小さい頃に見た中日のドジャース型ユニフォームで、(阪神ファンですが…)当時はてっきりオリジナルのデザインと思い込んでおり、ドジャース野茂投手を見た時は「あれ、ドラゴンズやん!パクッとる!」と思ったものです(笑)かっこいいデザインもあるしネタ目的で復刻してくれないかな〜という突飛なデザインもありました。プロ野球ファンなら読むべきです。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック