中古品
¥ 1,350
中古品: 良い | 詳細
発売元 八鹿
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法 単行本 – 2013/7/20

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,042

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

現役弁護士は、どのようにして心理学の知識を活用し、老練な相手との交渉に負けずに結果を出しているのか──。それらのノウハウを紹介するのが本書。勝訴もしくは和解というゴールに導く弁護士の「心理学を用いた人を動かす技術」は、日々シビアな交渉の場に身を置くビジネスパーソンに必ず役立ちます。

出版社からのコメント

● 心理戦は日々繰り広げられている

法廷の証人尋問で、心理戦はつきものです。
ドラマなどの裁判シーンで、
こんな場面を目にしたことはありませんか。
弁護士が証人に厳しい質問を矢継ぎ早にあびせかけ、
心理的に追い詰めて真実を語らせるというシーンです。

盛り上がる演出ですが、実際の裁判では、
この戦術は有効ではありません。

理詰めで追い詰められても、証人は真実を語りません。
法廷で堂々と嘘をつき続けます。
真実を語らせたければ、証人に
「語ったほうがトクだ」と思わせ、
そちらに誘導するほうが効果的です。

このように人の行動に影響を与えるために、
なんらかの誘導を伴う一連のやりとりを「心理戦」と本書では呼びます。

裁判は勝ち負けが決まる場なので、
こと熾烈な心理戦が繰り広げられます。
しかし、これは裁判という特殊な場のみで起きていることではありません。
なんらかの交渉を伴うビジネスの場や日常でも、
誰もが心理戦に直面します。

このとき、相手方の誘導に気づいて対処しないと、
相手のペースに乗せられて不利な立場に追い込まれる可能性もあります。

心理戦が展開されていることにいち早く気づき、
有効な対抗策を講じること。
これが交渉の行方を左右しているのです。
(「はじめに」より一部抜粋)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: すばる舎 (2013/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799102621
  • ISBN-13: 978-4799102626
  • 発売日: 2013/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 279,549位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ホチキス針の入った大福を購入してもクレームも言えず、
交渉する前にあきらめてしまいがち、押しの強い人には押されっぱなし、
声の大きい人には委縮してしまうような私には、心強い本でした。

恫喝してくるようなお客さまに冷静に対応できるようになるまでには、
これまでも、たくさん本を読みトレーニングをしてきましたが、
この本は、見たことも聞いたこともないような方法が書いてあります。

この本で心理戦と呼ぶのは、人の行動に影響を与えるために、
何らかの誘導を伴う一連のやり取りのことだそうで、
表紙はなんだかチャラいけど、中身はとてもボリュームのある充実した内容です。

うっかりと悪い人にダマされないため、クレーム対処、やる気のない人をやる気にさせるため、
誰かの協力を得るため、信頼されるため…

この本には、いろんな場面で応用の効く話がこれでもかと詰まっています。
生きざまと心理とはこれほどに密接なのかと、事例を読んで唸ってしまいました。

「相手の負の感情には共感しない」というアドバイスは、
対人援助の仕事をしている人の心が折れないためにも、
とても大事なことだと思いました。

かなり読み応えのある、やわらかで心のこもった交渉スキル本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
家族に薦められて読んでみましたが、本当に読みやすくて面白かったです。

「35の方法」と聞いて「そんなにあるのか……」と読む前は思ったのですが、一つ一つの方法はそれほど難しいことではなく、自分でも知らずに実践していたり誰かが実践しているのを見たりしているものが多いです。「弁護士は頭が良さそうに見えるために本棚の前で写真を撮る」等、言われてみればというものもあります。
そういう一つ一つの方法にこんな効果があって、これとこれを使えば物事がこう動く―――というのが分かりやすくまとまっています。

読んでみると誰もが関係のあることへの対処方法が見えてくる本です。
例えば、ブログの文章を書く時の考え方とか、コメント欄が炎上した時の考え方なんかにも活用出来る本だと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
社会人をしていてなにかしら敵意がある人の対応をすることがあります。
何故かわからないけど最初から怒ってる人とか。
決まりをきちんと説明してわかってもらうように努力していたのですが、
それがうまくいかないことがある理由がやっとわかりました。
嫌な感情を持っている人の対応が恐くなくなりました。
私のように対応に自信がなくて相手が怖い人だとおびえてしまう人には
勇気も与えてくれる本だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
仕事でカウンセリング的に人と関わることもあり「心理」の言葉に目を止めて購入しました。
 読んで興味深く思ったのは、要求の背後の感情や欲求を探すことなど、カウンセリングにもよく似ている点が多いことです。

 心理戦と「戦」が付いている以上、勝ち負けがあるにはあるのですが、
それは、勝ったとしても、テレビの法廷ドラマで見るような、相手を完膚なきまでに叩きのめすこととは、全く違うのです。

 相手の逃げ道の与え方について触れ、相手の人格を攻撃するのは絶対に避ける、など
相手にも花を持たせて上手くまとめたりする方法について触れられています。
 ちょっとした交渉、お願い事など、いくらでも応用が効くことで、このノウハウは、とても役に立ちそうです。

 最後に負の感情に巻き込まれない方法が書かれていましたが、これは、本当に「折れない心をつくる」方法だと思います。
 
 弁護士として、あたたかなお人柄もにじみ出る好著です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あぎと 投稿日 2013/12/13
形式: 単行本
レビューを信じて購入したのにまったく役に立たなかった。
弁護士のように何度も相手に会う仕事の人なら良いのかな。

私の経験上、被告人はどの人も100%ウソをつきました。
記憶がウソをつくのではありません。意識的にウソをつくのです。
別にそれでもかまいません。ウソをついたことに罪悪感をもって被告人が不幸になるだけですから。

登録番号からして40代前半ぐらいと思うけど何かあっても絶対この人には依頼しない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック