通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
プロフェッショナル 仕事の流儀〈15〉 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb5167
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プロフェッショナル 仕事の流儀〈15〉 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 5 1 件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プロフェッショナル 仕事の流儀〈15〉
  • +
  • プロフェッショナル 仕事の流儀〈6〉
  • +
  • プロフェッショナル 仕事の流儀〈9〉
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 40pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

気鋭の脳科学者・茂木健一郎が独自の視点で各界のプロに切り込む。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

茂木/健一郎
「クオリア(感覚質)」を手がかりに、脳と心の謎に挑む新進気鋭の脳科学者。1962(昭和37)年、東京都生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学理学系大学院物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京工業大学大学院連携教授のほか、東京芸術大学、東京大学などの非常勤講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 173ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140812001
  • ISBN-13: 978-4140812006
  • 発売日: 2007/09
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 460,165位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 本書は、NHKの「プロフェッショナル:仕事の流儀」から3人の出演者をピックアップし、出演者の仕事からプロフェッショナルとは何かについてケース・スタディを提示している。
 15巻では、ベンチャー企業経営者(南場智子)、中学校教師(鹿嶋真弓)、建築家(隈研吾)の3分野から、第一線で活躍している人物にスポットを当てている。
 (中略)

 南場智子氏は、華麗な経歴を捨てて起業し、幾多の逆境にもめげずに会社を成長させるかを学ばせてもらった。特に、エースを他部署へ引き抜くやり方には大いに関心を抱き、なかなか出来ない事柄をいとも簡単に出来る決断力と発想に感銘した。
 鹿島真弓氏は、エンカウンターを武器に、いじめや学級崩壊という問題と立ち向かい、結果を出している。中学生という最も難しい年代を相手に、多様性を尊重し合うエンカウンターの手法は極めて有効であり、実社会でも実践すべきであると感じた。

 本書で取り上げているプロフェッショナルの中で、私が番組の内容と同様に最も印象に残っている人物こそ、最後に登場する隈研吾氏である。隈氏は、“負ける建築”をキーワードに数々の個性的な作品を手掛けている。
 その中で、我が国がモノづくりで培った人材の豊富さについて触れている。そして、建築は美意識よりもコミュニケーションのセンスが
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック