通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
プログ&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
買取サービス
最高買取価格

¥ 906
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プログラミングHaskell 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/11

11件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,022

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

プログラミングHaskell + すごいHaskellたのしく学ぼう! + 関数プログラミング入門 ―Haskellで学ぶ原理と技法―
合計価格: ¥ 10,152
ポイントの合計:  306pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ハットン,グレアム
関数プログラミングの研究や指導のための四つの機関で働いてきた。関数プログラミングに対し15年以上の研究経験があり、その間、30以上の研究論文を書き、Haskell研究会の議長を務め、Journal of Functional ProgrammingのHaskell特集を編集した。また、10年以上Haskellを教えており、その授業を通じて関数プログラミングの普及に努めている

山本/和彦
(株)IIJイノベーションインスティテュートに所属するプログラマー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: オーム社 (2009/11/11)
  • ISBN-10: 4274067815
  • ISBN-13: 978-4274067815
  • 発売日: 2009/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 175,198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 tkhr 投稿日 2010/12/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本でHaskellに入門しましたが、大正解でした。
実際に書けるようになるには手を動かした方がよいのでしょうが、
とりあえず後回しにして頭の中で考えるだけでもHaskellの世界を楽しめます。
まるで面白い数学の本を読んでいるような感じでした。
著者の説明は飛躍や過不足がほとんどなく、流暢で読みやすいです。
また、適度に設定された題材の抽象性と興味深さは絶妙でした。
たとえば暗号解読、数式パーサー、ライフゲーム、命令スタックなどです。
私はpythonやjavascriptで高階関数などには割と慣れ親しんでいたので
8章からが本番でしたが、Haskellが初めてだったので、
それまでの部分も読み甲斐は十分にありました。
訳もすばらしい出来だと思いました。おすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 本屋が好き 投稿日 2010/1/9
形式: 単行本(ソフトカバー)
ふだんはJavaでWebアプリの開発をしています。

基礎体力をつけるために、知らないプログラミング言語に
挑戦しています。
Haskellもそのひとつです。

Haskellの学習のために、ほかの本や
Hakellの本家Webサイトに紹介されているオンラインのチュートリアル
を読んでみたりしましたが、どうもすっきりわかりませんでした。

本屋で、本書を発見して、ぱらぱらと見たときも、
「こんな書き方できたっけ?」というような感じで、
自分が理解できそうな入門書には、とうていみえませんでした。
しかし、よい意味で期待を裏切られました。

本書はとてもわかりやすいです!
Haskellのポイントをていねいに説明しています。
文章は、くだけたやさしい感じというより、
むしろアカデミックな格調高い感じなのですが、
それでも、ふしぎとわかりやすい。
「それは、そういうことだったのか!」といった調子で、
もやもやしていたところを、再確認して、理解しなおすことができました。
あいにくこの本も全部をすっかり理解できたわけではないですが、
それでも収穫でした。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 deep125.river 投稿日 2013/7/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
Haskellに対する知的好奇心はLYAHFGG!で満たされたが、定番の入門書が図書館にあったので読んでみた。

パーサへの応用や+++など、LYAHFGG!には登場しなかったアイディアにも触れることができたので収穫はあった。また製本がすばらしく、手を離しても開いたページが閉じない。->の代わりに→を使うなど、(賛否はともかく)編集にもこだわりを見せる。

Haskell本では、いかにモナドを説明するかが気になるところだが、本書の、>>=のネストからdo構文へ展開は少し飛ばしすぎと感じた。逆にLYAHFGG!はモナドにたどり着く前に息切れしてしまう。ちょっと自分でも、最短経路でモナドを説明することに挑戦してみようかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しんちゃん 投稿日 2012/1/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
まだ、洋書版の方しかなかった頃にレビューを書いた者です。
他のレビューアーさん方のレビューだけで十分だと思ったのですが、訳者ご本人のブログにも、こだわりを感じさせる舞台裏話が有ったので
URLだけ貼らせていただきます。

[...]
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 夜帆 投稿日 2015/7/17
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 図書館で『すごいHaskellたのしく学ぼう!』『関数プログラミング入門 ―Haskellで学ぶ原理と技法』『プログラミングHaskell』の3冊を借りて読んでみました。

 『すごいHaskellたのしく学ぼう!』はHaskellをとりあえず書いてみようという趣旨の本です。この本を読んでも、言語の定義が曖昧なままで、身体で覚えるだけという印象でした。『関数プログラミング入門 ―Haskellで学ぶ原理と技法』は、私には、読みこなすのに時間がかかります。次のステップで精読する本にしました。この本『プログラミングHaskell』は簡潔で明快です。言語の定義もしっかり書かれているし、関数定義に続いて例を示し「簡約」によって解釈が分かるようになっています。

 したがって、手元に置いておくのは『プログラミングHaskell』にしました。早速、注文。2冊目に購入するのは『関数プログラミング入門 ―Haskellで学ぶ原理と技法』にします。『すごいHaskellたのしく学ぼう!』は、必要なときに図書館で借りることにしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック