Would you like to see this page in English? Click here.

中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,853

または
 
   
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
プログラミングコンテストチャレンジブック
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

プログラミングコンテストチャレンジブック [単行本(ソフトカバー)]

秋葉 拓哉 , 岩田 陽一 , 北川 宜稔
5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容紹介

現在、プログラミングコンテストは数多く開催されています。Google Code Jam、TopCoder、ACM/ICPCなどの名前を聞いたことがある人も少なくないでしょう。本書で扱うのはそれらのような、問題を正確にできるだけ多く解くことを競うプログラミングコンテストです。 プログラミングコンテストは気軽に参加することができます。例えば、Google Code JamやTopCoderはインターネット経由でコンテストが行われるので、Webサイトでの登録を済ませ、決まった時間にコンピュータの前に居れば参加することができます。

しかし、プログラミングコンテストの世界は非常に奥が深く、経験を積んだプログラマーであっても良い成績を残すことは容易ではありません。プログラミングコンテストで勝つには、柔軟な発想力と幅広い知識を用いて問題を解くアルゴリズムを考え、それらを正確に実装しデバッグできなければなりません。

プログラミングコンテストは上級者だけのためのものではありません。多くの場合、初心者でも取り組めるような問題も用意され、幅広い参加者が楽しめるように配慮されています。また、良い成績が収められなくても、上に述べたような能力を効率的に向上させることにつながりますし、何より、楽しく充実した時間を過ごすことができます。

本書は著者陣が多くのプログラミングコンテストに参加し、練習や勉強を重ねて得た、さまざまな知識やノウハウをまとめたものです。主にアルゴリズムや考え方について扱っており、非常に基礎的な内容からはじめ、かなりハイレベルな内容まで扱っています。それらは難易度や依存関係を考えて並べられており、内容の多いトピックは難易度で分けて何度か扱っています。各トピックの解説は、説明と例題から成っています。

本書を読むために必要なものは、基礎的なプログラミング能力だけです。ソースコードはC ++で記述されていますが、基本的な機能のみを使っており、C++の経験がなくても読みやすいように配慮しました。

内容(「BOOK」データベースより)

オリジナルの基本問題から世界中の参加者を悩ませた難問まで、プログラミング脳を活性化する厳選103問を掲載。学生はもとより、現役プログラマなら当然知っておくべき必須アルゴリズムの仕組みや考え方を楽しみながらばっちりマスターできます。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 316ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2010/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839931992
  • ISBN-13: 978-4839931995
  • 発売日: 2010/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 231,146位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
93 人中、78人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 アルゴリズムの勉強に最適 2010/9/12
投稿者 黒胡椒
形式:単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
最近のプログラミング環境ではフレームワークが充実してきて、フレームワークの使い方を覚えれば結構面白いことが簡単にできてしまう。それでもアルゴリズムを理解することは今でも重要だし、単に便利なライブラリを組み合わせただけのものよりずっと可能性が広がる。

しかし、私は実のところアルゴリズムの勉強に役立つ本の決定版を知らない。『珠玉のプログラミング』とか『達人プログラマー』とかあるいは『C言語による最新アルゴリズム事典』という有名な本は読んだことがあり、それはそれで優れていると思うけれど、文句なしにオススメとは言えないと思っている。事典はあくまで事典だし、他の本も思いのほかあっさりしていたと感じた。

その折に登場したのが本書である。プログラミングコンテスト向けとされているけれど、コンテストには関心はないが単にプログラミングを学んでみたいという人にも十分勧められる良書だと思う。BFSとかDFSのような基本的なアルゴリズムから始まって、かなり難しいものまで一通り紹介されている。本書を一通り仕上げれば基礎的なアルゴリズムは理解していると自信を持って言っていいだろう。コンテスト向けであるので問題も100問以上載っていて、解説しっぱなしで終わることがない。どのような場面で使えばよいのかまで同時に理解できるように構成されている。

勉強の
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 アルゴリズムの勉強本 2010/11/9
投稿者 ユーザ
形式:単行本(ソフトカバー)
アルゴリズムの本は大抵かたい内容であり実践的ではない。この本はやらかい解説かつ実践的である。タイトルはプログラミングコンテストとなっているが、アルゴリズムを勉強するのに、これ以上最適な本はない。
また、興味が沸いたらいつでもプログラミングコンテストで実践できる。この本は歴史に残る全プログラマ必須の本である。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 コンテストにはいいです! 2012/5/13
投稿者 カニ歩き
形式:単行本(ソフトカバー)
アルゴリズムの入門一冊は、別途読み、

その後、ハードなアルゴリズム系の本を数冊買いましたが、

理解は深まりますが、実装で時間がかかったり、

多くの実装パターンを整理できていませんでした。

この本は、実装のためのポイントが明確で、

実装パターンを整理してあり点と、

コンテストで書くためのコーディングパターンを、

学べるのがいいです。

学校の授業の教科書になりそうなものは、

理論としては、勉強になりますが、

ちょっと理論的過ぎて、実装前で、

理解で終わったりします。

入門書で基本が分かったら、その後のコンテスト用としては

今のところ、マイベストです。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック