¥ 3,110
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
プロの&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) 大型本 – 2010/12/22


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,110
¥ 3,110 ¥ 2,242


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus) + プロのための Linuxシステム・ネットワーク管理技術 (Software Design plus) + プロのための Linuxシステム・10年効く技術 (Software Design plus)
合計価格: ¥ 9,892

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

システム構築運用/ネットワーク・ストレージ管理の秘訣がわかる。SAN、iSCSI、VLAN、L2/L3スイッチ、プロセス/メモリ/ファイルシステム管理、問題判別、プロとしてのLinux技術。Red Hat、Enterprise、Linux対応。

著者について

 1971年4月大阪生まれ。ノーベル物理学賞を本気で夢見て,理論物理学の研究に没頭する学生時代,大学受験教育に情熱を傾ける予備校講師の頃,そして華麗なる(?)転身を果たして外資系ベンダでLinuxエンジニアを生業にする今日まで,奇妙な縁が続いて常にUnix/Linuxサーバと人生を共にする。最近は「エバンジェリスト」の肩書きでLinux/OSSとクラウド・コンピューティングを語ることが多く,予備校講師できたえた話術が好評。「IBM Linux技術情報サイト」の中の人として,「わかりやすくて役に立つ」多数のテクニカル・ガイドを執筆。その他の技術雑誌やWebにも記事を執筆。  休日は,ロシア文学と哲学書を読みながら,ピアノジャズを楽しむはずが,今はなぜか,2歳の愛娘と公園の砂場でたわむれる近所で評判の「よいお父さん」。こよなく愛する場末の飲み屋も控えて,「世界平和」のために早めの帰宅を心がける日々。  Linux/OSSによる業務アプリケーションの開発から,全国の小売店舗で稼働する10,000台以上のLinuxサーバの運用サポート,プライベート・クラウドの設計・構築まで,さまざまなプロジェクトを通して身につけた,「プロの心構え」を若手エンジニアに伝えるために苦心中。  OSSによるクラウド構築に魅了されたエンジニアが集まる「オープンクラウド・キャンパス」とその分科会「日本ユーカリプタス・ユーザ会」のメンバ。

登録情報

  • 大型本: 264ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2010/12/22)
  • ISBN-10: 4774145017
  • ISBN-13: 978-4774145013
  • 発売日: 2010/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 11,055位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

42 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 宇治桜 投稿日 2011/1/15
形式: 大型本
 Linuxサーバを構築できると言っている人、“お客様へ納入できるLinuxサーバ”を構築できると言っている人、では大きな差があります。この本は後者のようなエンジニアになるために必要な知識が盛り込まれています。タイトルに“プロのための”が付くだけの質の高い内容になっています。

 Linuxの本といえば、アーキテクチャについて事細かに説明した本(途中で挫折する内容)や、ApacheやPostfixなど各種ソフトのインストール手順を淡々と記述した本(ネットで検索すれば調べられる内容)が多くあります。
こういった本に対して、この本は、お客様相手の構成提案・設計などを実際にやっている部門に配属しないとなかなか習得できない話題に触れることができます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 samasa 投稿日 2011/1/12
形式: 大型本
Linuxの内部の動作を詳細に説明していて
非常にためになる。
コマンドを覚えたら次に読むようにしたらいいと思う。
作者は予備校の講師をしていたらしく説明が非常にうまい印象を持った。
特に個人的にはOSのブートの説明がわかりやすく今までの不明瞭だった部分が
明確になったためよかった。
fsckコマンドはデータの復旧ではなくメタデータの
矛盾している部分を削除しているので要注意など有用な情報が多かった。

また現場の感覚で書かれているため
非常に好感が持てた。LVMは復旧が面倒なためデータのパーティション以外で
使用しないほうがいい。などは確かに!と思った。

Linuxの本でブレードサーバに触れられていたり
SANの解説などはあまりお目にかからないため
結構珍しいと思う。
いうことなしの★×5です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
31 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2010/12/26
形式: 大型本
非常に丁寧に書かれた本という印象をうけました。
随所に筆者の昔話が登場します。あるていど経験をつんだ管理者は「ああ、あるある」という感覚で楽しめる本です。
その意味では、「若手に読んでほしい」本です。

mapperを使ったデバイス管理やVLAN、バックアップなどの現場では使われるものをまとめて学べ、さらに細かな設定よりもその背景知識の解説に割かれているのも好印象です。逆にいえば、「スクリプトをたんたんと実行できさえすればいい」、あるいは「すぐに答えが欲しい」という人には向きません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 稲葉うさぎ 投稿日 2011/5/9
形式: 大型本
約2年間のLinuxでのシステム構築を行って来たが、Linuxについて総合的に記述された本は初期の頃は少なく多種類の資料、Web情報、メーカーのサポートセンターからの情報から一つ一つ整理を行って、構築して来た。Webで得た知識は、どうしても断片的になるようでとりあえず知っているが何かモヤモヤしたところがありました。
その経験を経て、構築もそろそろ終わりの頃に、たまたまこの本を手にした時に知識が整理されてまとまっているなと感じました。
直ぐに購入し、精読すると著者の経験及び知識がこの本に凝縮されているのが良くわかりました。
特にChapter4 Linuxのネットワーク管理は、私自身が他の担当者に任せていた分野で詳細が理解で来ていなかったが、この本を読むことで理解できました。
インフラの作業を初めて行う方には、理解できない項目が多いと思うが、作業中の参考書として非常に役立つ本であると考えます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 UMEOKAKA 投稿日 2011/6/10
形式: 大型本
著者の方が選択してくれたおさえておくべき、Linuxサーバ構築・運用の基本事項について、概要や背景からコマンドの実例・設定へと丁寧にわかりやすく書かれてあります。
特定のサーバ(ex.WWWサーバ)を構築するための手順がかかれた本ではありません。
各章のなかで取り上げられている項目についてはけして多くはありませんが、図も多く読んでいて発見がありました。
また、説明ページの欄外や巻末に参考文献やURLが記載されており便利です。
著者の方はIBM関連の方のようで参考URLの多くはIBMのドキュメントでした。
実際に試すことができる環境(Redhat系)をお持ちであれば初級〜中級の方が総合的に知識を身につけるのに役立つ本だと思います。
コマンドや設定などRedhat系に限定される部分がありますが、この手の本にしては安価ですし図や説明が大変丁寧ですので☆5です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

関連商品を探す


フィードバック