この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プロがこっそり教えるウェブ制作術 単行本 – 2003/9


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

商品説明

   ウェブサイトを制作する際に考慮しなければならない点は多岐に渡り、それらに漏れがあった場合は、致命的な問題に発展することも少なくない。熟練した制作会社ですらトラブルを回避できない場合もあるのだから、経験の浅い人や集団にとって、失敗なくウェブサイトを立ち上げることは奇跡に近いと言っても過言ではない。

   本書は、企画から制作、公開後までの重要なチェックポイントとノウハウを制作の流れに沿って解説している。各章は「Check Point」でサマライズされ、その項目に従って解説されるため、後から確認する際に便利だ。また、「Point」や「Column」等のコーナーでは、「外部デザイナーに発注する場合の契約」「空tdセルの活用法」ほか、制作の現場ならではのノウハウを公開している。カラフルなデザインも見た目の印象だけではなく、機能としても生きている。

   ただし、チェックポイントが分かってもそこから正解が導けるとは限らない。「目的を変えない決意があるか」「目的にあった技術を選んだか」などはもちろん、「写真はきれいか」のような主観的な項目や、トレードオフの関係にある項目など、実際には各人の判断に委ねられる部分が多い。これらの項目に重みづけをしていくためには、作り手、すなわち読者の状況判断が重要となってくる。

   本書で紹介する制作プロセスは、すでに多くの制作会社で採用されている手法である。これからウェブ制作に携わろうとしている人はこれが最低ラインの知識と認識したうえで、自分なりの成功則を見つけていってほしい。(大脇太一)

出版社からのコメント

日々低予算・短納期・無理な注文と戦っているデザイナー、社内ウェブ担当者に捧げます
予算の潤沢なプロジェクトであれば、優秀なディレクターのもとでワークフローがスムーズに進む…のかもしれません。しかし現実には、発注側と制作側の二人きりといった規模の現場も多いのです。本書はどちらかといえば、予算の関係で会社のサイトを自前で作る担当者になってしまった方や、フリーのデザイナーとしてプロジェクトに参加している方など、小規模なウェブ制作の現場にかかわっている、当事者のために書かれました。
見積もりの項目やコンペでの注意、コンセプトの立て方から、画像の加工、コーディングの落とし穴、運用形態など、ワークフローの各ステップでのチェックポイントを、具体例や筆者の実体験を交えて1テーマ1見開きにまとめました。

登録情報

  • 単行本: 171ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2003/09)
  • ISBN-10: 4797323620
  • ISBN-13: 978-4797323627
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 979,944位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

36 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 be1760 投稿日 2003/9/19
形式: 単行本
なんといっても、オビに書かれたコピーに惹かれました。
「低予算、人手不足、無理な注文、短納期、それでもサイトを立ち上げなくちゃいけないあなたへ」
ウェブサイト関係の本というと、ソフトの使い方や、デザインの仕方の本を多く見かけるのですが、この本は、
企画時
デザイン前
デザイン
制作前
画像制作時
コーディング時
制作全般
制作後
と制作工程順に分けてあり、各工程のチェックポイントがわかりやすく書かれています。
全くの初心者には難しいかと思いますが、経験の浅いウェブデザイナーにはお勧めです。
特に、この本の前書きにもあるように、予算があまりないために社内でホームページを作らなければならなくなった、
フリーとしてウェブ制作を始めたがやっていけるか心配だ、という方には、とても参考になる本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/17
形式: 単行本
会社がこれからホームページを立ち上げようと思うけど
知識がないという場合、オススメだと思います。
ホームページの目的持っているかというところから公開、
更新していくまでの過程が解説されているので、
一通りのことが分かり、またどのサーバーを選ぶか(自前かレンタルか)
など選択する場合の参考にもなると思います。
でも、個人で運営していきたい人には必ずしも参考になるとはいえません。
そして、デザイン的なことだけを学びたい人にもあまりおすすめはできません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 daisydaisydaisy 投稿日 2003/10/3
形式: 単行本
私は最近、ウェブ制作の仕事を始めましたが、うまくいかないと思うこともあり、何かいい本がないか探していました。
この本はわかりやすく整理されているし、オールカラーでいい例と悪い例が、数多く載っています。
各項目が、だいたい2~4ページくらいにまとめられていて、見たい項目をすぐに捜せます。
チェックポイントに従って、チェックしていくと、自分の作ったものを無駄なく見直すことができます。
ところどころにあるコラムには、コンペの受け方、効果的なプレゼン方法など、痒いところに手が届くような内容の事が書かれてあり、参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2004/8/1
形式: 単行本
私は仕事としてのウェブ製作とは全く関係ない学生です。
HPリニューアルの参考になれば、と思いこの本を買いましたが、この本を買って本当によかったと思いました。
図を使って非常にわかりやすく説明されていてWebデザインについて学んだことのない私でもすぐに理解して実践していけるようになっていました。
個人サイト管理者でも、企業サイトのようにデザインをガッチリとしたものにしたい人にオススメです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック