Amazon Kindleでは、 プリンセス・トヨトミ (文春文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
プリンセス・トヨトミ
 
 
1分以内にKindleで プリンセス・トヨトミ (文春文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

プリンセス・トヨトミ [単行本]

万城目 学
5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (164件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,697 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹の新刊
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、9年ぶりの短編小説集 『女のいない男たち』。表題作は書下ろし作品。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 --  
単行本 ¥ 1,697  
文庫 ¥ 771  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

プリンセス・トヨトミ + 鴨川ホルモー
合計価格: ¥ 2,993

選択された商品をまとめて購入
  • 鴨川ホルモー ¥ 1,296

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

女子になりたい中学生・大輔と彼を守ってきた幼馴染の茶子。彼らが暮らす空堀商店街に、会計検査院の調査官3人の手が伸びる

内容(「BOOK」データベースより)

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。

登録情報

  • 単行本: 512ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416327880X
  • ISBN-13: 978-4163278803
  • 発売日: 2009/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (164件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 163,823位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ジーン・・・。 2011/1/23
形式:単行本
実は、読んでいる途中では、「この本、読み終わったら売ろう」と思っていました。決して面白くないわけじゃないんだけど、盛り上がりにちょっと欠けるような気がして、一度ストーリーがわかれば、それでいいか、と。

ただ、映画化されることはわかっていたので、おびただしい数の群衆が一方向に全速力で走っているシーンは、ビジュアルで観たいな、って漠然と考えていました。

でも・・・、最終章で、「太閤」で旭が大輔に告白するセリフに、やられましたねー、ウルッときました。私は旭と同じ女性なので、こういうの、弱いんですよね・・・。男中心の物語だと思い込んでいたから、最後にこれはちょっと・・・。うまいですよね、編成が。

と、いうことで、売るのはやめました。もう少し大きくなったら、うちの娘も読むかもしれないし。あ、もちろん、映画も観にいきますよ!
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 そうなのか! 2010/4/24
By tolim
形式:単行本
マキメさんの本だったので読んでみました。

前半は読んでいてもなんだか不思議な感じでした。
なぜなら、二つの話が同時並行で進んでいるのです。
「この二つは関わってくるのか?」と思いながら前半部は読みました。
その不思議を抱えたまま後半へ進むと「なるほど!」と納得します。
何気ない行動や言動がキーをもっていたので、そうか!と思いながら後半は読んでいました。
あまりの驚きに思わず声をあげてしまうかも…

最初は鹿男の「鹿vsネズミ」のような感じで「大阪国vs会計検査院(日本国)」をメインとした話なのかと思っていました。
しかし、父子の絆のほうが大きなウエイトを占めている気がします。
実際に絆について書かれている部分は相対的には少ないのですが、絆が印象に残る作品でした。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 人を動かすもの 2011/6/4
By APPLE
形式:単行本
大阪賛歌といってもいいと思います。
大阪人の矜持と染みついたお笑いセンス。
関西出身者としては大変楽しく
読ませてもらいました。
読後はジーンときます。驚くようなどんでん返しとか
期待しないで、自分の家族に思いを馳せて
読んでみてはいかがでしょうか?

私は読みながら、阪神命だった亡き父を想い
大阪を思い出しました。
関西を離れてみると大阪ってやはりエキゾチックです。
そういった魅力に溢れていました。

映画になっているそうですが、
私の中では松平はそのまま堤○一さん、
旭はモデルの富○愛さん
鳥居さんは 塚地さん(そのままですね)
だったんですが・・・。

作中では大輔君が大好きです。
応援しながら読みました。
このレビューは参考になりましたか?
44 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
本屋さんで好きな作家の新刊を見つけたときの喜びはたまりません。またその本が分厚いと、うれしさ倍増です。ただし今回はちょっと期待を裏切られてしまいました。他の方も書いておられますが、自分もこれまでの作品のようなグイグイと読者を惹きつける魅力があまり感じられませんでした。話のスケールが大きくなったからか、細かい設定に気を遣いすぎなのか、はっきり言ってテンポが良くありません。
そしてこの作者の最大の魅力とも言えるファンタジーの要素ですが、「京の町にオニがいたら…」「鹿がしゃべったら…」という、もしかしたら本当にあるかも、あったらいいな、と楽しい気分にさせてくれるところが少なかったです。自分が大阪城に向かうところを想像してみても、いまいち感情移入できません。なんだか悪いことばかり書いてしまいましたが、また次の新刊を楽しみに待ちたいと思います。
このレビューは参考になりましたか?
126 人中、101人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 う〜ん 2009/4/7
By もか
形式:単行本
なんかテンポがよくない感じがします。ちっとも読み進まないというか。
前作のように、なんだか分からないけど、不思議な中に引き込まれていくという感じではなくて、妙に説明に終始しているというか。
どうでもいい、必要以上に細かい情景描写、周辺描写にこだわりすぎている感じも否めない。
会計検査院の魅力的なキャラがどう生きるのか、最初はワクワクして読み始めましたが、登場のさせ方が中盤までは中途半端な感じだし、少年のセーラー服願望も、今ひとつ感情移入できない(クライマックスの100頁は一気に読めましたが)。
それから、赤い大阪城とか、大阪国の議事堂とか、妙にビジュアル…最初から映像化を意識しているような雰囲気も感じられて、なんか純粋に楽しめないと感じもしましたが。
ちょっと気合いが入りすぎたかなぁ、という印象の出来で、私には今ひとつでした。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 本筋とは一切関係ない話が多いわりに、結末がショボい
良いところ:
会計検査院の調査官3人のキャラクターは非常よく出来てるとは思った。... 続きを読む
投稿日: 7日前 投稿者: aruman
5つ星のうち 5.0 風太郎、しゅららぼんに続いて
風太郎、しゅららぼんに続いて「プリンセス・トヨトミ」を読みました。

作者の書かれる世界が面白く、しっかりはまってしまいました。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: gonroku
5つ星のうち 2.0 無駄が多い
つまらなくはないですが、無駄な描写が多く冗長。先を読みたくなるようなスリルとサスペンスがあるわけでもないので、一層長く感じる。
投稿日: 1か月前 投稿者: アマゾン太郎
5つ星のうち 5.0 面白かったです。
きれいな状態で配送されました。内容も面白くてよかったです!!
投稿日: 2か月前 投稿者: のりのり
5つ星のうち 4.0 設定が壮大だけど、あっさり終わった感じがしました
とんでもない設定ではあって、そこは面白いです。
ないけれど、あったら面白いなっていう。
だけど話は緻密だし。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: mlakshmi
5つ星のうち 5.0 アホだからこそ?
誰にでも守りたいもの、伝えたいものがある。それがどんなにアホなものでも(アホなものだからこそ、か?)。部外者にはうらやましい、大阪への愛を感じます。「ただそれだけ... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: ばんぺいゆ
5つ星のうち 2.0 山場しか読みどころがありません
序盤からぐいぐい引き込まれる感じはなく、努力と忍耐で読み進めましたが
それぞれのキャラクターの魅力もあまり伝わってこず、... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: haruharu
5つ星のうち 5.0 プリンセス・トヨトミ
原作を読みたくて購入しました。映画とは違った登場人物の設定で面白かったです。
投稿日: 8か月前 投稿者: 長尾 香
5つ星のうち 5.0 プリンセス・トヨトミを読んで.
つい最近、映画にもなっていた「プリンセス・トヨトミ」という小説を読んだ。まあ、文庫本でも500ページを超えるという大作だったので、私の場合読むのに3日かかりました... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: tsu
5つ星のうち 5.0 良い
大阪かぁ~。おもしろい!大阪城へ新幹線で行きたくなる。十字架見えたらそごいかも。。万城目さんの頭の中って何が入ってるんだろう?と気になる。
投稿日: 10か月前 投稿者: yuki
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb1b03d5c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック