Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
プラトンの哲学 (岩波新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

プラトンの哲学 (岩波新書) [新書]

藤沢 令夫
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 821 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
17点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【まとめ買いで最大30%OFF!】ACME Furnitureオリジナルブックカバー
ここでしか手に入らない、Amazon.co.jp限定ACME Furnitureオリジナルブックカバー本格革製、全11色。文庫新書の2サイズ展開。journal standard Furnitureも合わせていずれか2点で20% OFF3点以上で30% OFF。 対象商品をすべて見る

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

プラトンの哲学 (岩波新書) + ソクラテス (岩波新書) + ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)
合計価格: ¥ 2,181

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

西洋哲学の祖と仰がれるプラトン.だが,その哲学の内容はしばしば通俗的理解によって歪められてきた.ソクラテスの影響,イデア論を中核とする思想の展開と最終的達成,さらに現代に生きるわれわれにとって彼の哲学がもつ意義.プラトン哲学の核心を,研究の第一人者が長年の蓄積の上に立って平易に語った最上の案内書.

内容(「BOOK」データベースより)

透徹した原点の読みに深く根ざした最上の案内書。

登録情報

  • 新書: 227ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1998/1/20)
  • ISBN-10: 4004305373
  • ISBN-13: 978-4004305378
  • 発売日: 1998/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 27,623位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By
形式:新書
 西洋古代哲学史、プラトン研究の第一人者であった故藤澤令夫氏によるプラトン入門である。まず何より、その学術性、専門性の高さを指摘したい。そして同時にこの書は初心者にとっても非常にわかりやすく、読みやすく、面白い。専門家や学者センセイの書く入門書というのはたいてい小難しくて結局投げ出してしまうものだが、この本はその点非常に優れていると言える。この一冊でプラトンのだいたいの思想は概観できるだろう。
 しかし特筆すべきはやはり第一線の研究者が書いたという点である。もちろんそれは第一線、第一人者だから良いという権威的な話ではない。藤澤氏は、旧来の伝統的なプラトン解釈に対し、それがあまりにもアリストテレス的な解釈に引っ張られたプラトン解釈だとして新しい見方を提起した人である。言ってしまえば、単に哲学史の読解に従事し権威に安住しているのではなく、自ら思索し新しい見解を打ち出そうとした人間である。そこにはなかなか味わうことのできない、解釈の革新のダイナミズムがあり、藤澤氏の文体からもその熱意が読者に伝わってきて興奮を与えてくれる。そういう意味で、この本は「真の意味での第一人者」によって書かれた本だと言える。(本書を読んで興味を持ち、より専門的に藤澤氏の主張を知りたいと思われた方は、『イデアと世界』(岩波書店)所収の論文や『ギリシア哲学と現代』(岩波新書)などもぜひ読んでいただきたい。)
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
31 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「プラトン」の読み方の一例 2003/11/15
By 簿記受験生 殿堂入りレビュアー
形式:新書
奇しくも同じ出版元の岩波文庫からイギリスの研究者ブラック氏の『プラトン入門』が出ている。こちらは大学の講義テキストのようにプラトンの生涯と文献を客観的に扱っている。それに対して本書はプラトン研究家である藤沢氏が、氏の力量でプラトンの著作を読み、その哲学を解き明かし、氏のプラトン像を形作って披露するという感じである。いってみればひとつの「プラトンの読み方」であろうか。ちくま新書の竹田氏の『プラトン入門』も同じ部類に入るだろう。この手の本は、これだけ読んだら終わりというのは良くない。きちんと自分でプラトンの原典を読み、自分が考えたこととしっかり照らし合わせる批判的な態度が大切である。決して思考の受け売りではいけない。自分自身がプラトンを読むのだということを意識し、主体的に理解することに努めるなら、この藤沢氏の精緻で深いが、また個性も強い「プラトンの読み方」も大いに参考になるところがあるだろう。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 プラトン哲学の奥深さがわかる本 2013/2/4
形式:新書
本書は岩波文庫などでプラトンの対話編の役所を勤める、日本随一のプラトン研究者によるプラトン哲学の解説本である。
プラトンの本は、師のソクラテスがそのつど異なる相手と議論をする対話編という形式を用いているがゆえに、一面的にはわかりやすいといえるが、逆にそこにわかりにくさがあったりする。
対話の中ではきわめて具体的な身近な例をあげることが多いため、逆にプラトンの言わんとしていることがよくわからないと感じたりすることがあるが、本書は普通にプラトンの本を読んでいるだけでは理解しきれない部分を含めて、丁寧にプラトン哲学を解説している。
しかし、現状としては私自身の力不足ゆえに、この本においてもよく理解できない部分がいくつかあった。
ただ、プラトン研究の大家だけあって、プラトン哲学の奥深さや普遍的な教えとなる部分が明快になり、プラトン哲学のすごさ、そしてプラトンのすごさというものをまじまじと感じさせられた。

プラトンは現代にも通じる大きな道を哲学において作った人であり、哲学史を学んでみたいという人にはプラトンの著作集と合わせてこの本を読むことをお勧めしたい。
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 存在論と倫理学の一体性 2004/6/10
形式:新書
 本書はプラトンにおいて,人間を含めて宇宙の存在の有り様と,あるべき生き方とが,一体として考察されていることを,とてもわかりやすく語ってくれる。「隣人を愛しなさい」「ひとに親切にしなさい」等々,「~すべし」を語るとき,それが人間や諸存在の在り方についての把握を根拠として語られるのでなければ,説得力のてんで弱いと思うが,その点プラトンの考え方は明快だ。
 言葉と世界の関係についても,考えさせれるところが多い。
 アランのイデア把握と藤沢氏の把握について,だれか対比させて論じてほしいというのが,個人的な希望である。
このレビューは参考になりましたか?
18 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 実に明快で、感動的な書物 2003/9/27
By カスタマー
形式:新書
藤沢先生が精魂込めて要約された書です。一文一文が精緻に選定され、曖昧さのない実に明快で、感動的な書物です。プラトンを学ぼうとする学徒、イデアについて学ぼうとする高校生諸君、その辺の間に合わせ解説書などに手を出さず、この書を読みたまえ。ここに藤原プラトンというか、現代におけるプラトン像を見ることが出来る。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 状態がよかったです。
少し急いでいたのですが、必要な日までに受け取ることができました。わかりやすい解説書なので、プラトン入門や哲学に興味のある方におすすめの一冊です。プラトン哲学が的確... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: 西岡
5つ星のうち 5.0 プラトンのイデア論を、プラトン以外にこれほど説得的に説明できる人が他にいるだろうか
プラトンを知るには、プラトン自身の著作を読むのが最適なのは言うまでもない。他の哲学書と違い、対話体でとっつきやすいのも多いなる利点である。だがあえてプラトン自身の... 続きを読む
投稿日: 2009/7/19 投稿者: chaa chaa fish
5つ星のうち 5.0 プラトン哲学解説の白眉
プラトン哲学に関する本はいろいろ出ていますが、本書はプラトン哲学の重要な要素であるイデア論について深く考察しています。... 続きを読む
投稿日: 2007/3/16 投稿者: ドラゴン ポルト
5つ星のうち 2.0 やや盲目的なプラトン賛美?
 藤沢氏といえばプラトンの翻訳で有名な方で、『国家』の訳が非常に読みやすく、... 続きを読む
投稿日: 2006/11/18 投稿者: gizaemon
5つ星のうち 5.0 今,この時代こそのプラトン哲学
どこまでも留まることを知らない、科学技術の進歩。

そして、その恩恵と弊害にも預からなければいけないわたしたち。... 続きを読む
投稿日: 2006/7/19 投稿者: ドロップドロップ
5つ星のうち 5.0 新書ならでは
恥ずかしながら大学学部(6年前でんな)では古代ギリシア文化で卒論を書いたものの、プラトン哲学の大黒柱であるイデア論てちょっと飲み込みずらかったんですよね。専門書は... 続きを読む
投稿日: 2005/8/11 投稿者: cfo04760
5つ星のうち 4.0 エロスの名訳
私のような凡人には、わかるようでわからないプラトン。
ただ「饗宴」のエロスを”恋”と訳した筆者は素晴らしい。... 続きを読む
投稿日: 2005/2/23 投稿者: comwind
5つ星のうち 5.0 哲学は言いたい放題
これはプラトン研究者によるプラトン賛美のためのプラトン研究の集大成である。実に手際よくまとまっている。思考の明晰性がいたる所に出ている。何度も考えぬかれたのであろ... 続きを読む
投稿日: 2001/6/1 投稿者: "ヌース"
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xaa22e0cc)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック