通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
プラトンの哲学 (岩波新書) がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。カバーに若干のスレ等ありますが、他目立ったキズ等無く、概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

プラトンの哲学 (岩波新書) 新書 – 1998/1/20

5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 303

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • プラトンの哲学 (岩波新書)
  • +
  • ソクラテス (岩波新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

透徹した原点の読みに深く根ざした最上の案内書。


登録情報

  • 新書: 227ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1998/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004305373
  • ISBN-13: 978-4004305378
  • 発売日: 1998/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,806位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 西洋古代哲学史、プラトン研究の第一人者であった故藤澤令夫氏によるプラトン入門である。まず何より、その学術性、専門性の高さを指摘したい。そして同時にこの書は初心者にとっても非常にわかりやすく、読みやすく、面白い。専門家や学者センセイの書く入門書というのはたいてい小難しくて結局投げ出してしまうものだが、この本はその点非常に優れていると言える。この一冊でプラトンのだいたいの思想は概観できるだろう。
 しかし特筆すべきはやはり第一線の研究者が書いたという点である。もちろんそれは第一線、第一人者だから良いという権威的な話ではない。藤澤氏は、旧来の伝統的なプラトン解釈に対し、それがあまりにもアリストテレス的な解釈に引っ張られたプラトン解釈だとして新しい見方を提起した人である。言ってしまえば、単に哲学史の読解に従事し権威に安住しているのではなく、自ら思索し新しい見解を打ち出そうとした人間である。そこにはなかなか味わうことのできない、解釈の革新のダイナミズムがあり、藤澤氏の文体からもその熱意が読者に伝わってきて興奮を与えてくれる。そういう意味で、この本は「真の意味での第一人者」によって書かれた本だと言える。(本書を読んで興味を持ち、より専門的に藤澤氏の主張を知りたいと思われた方は、『イデアと世界』(岩波書店)所収の論文や『ギリシア哲学と現代』(岩波新書)などもぜひ読んでいただきたい。)
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 簿記受験生 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/11/15
形式: 新書
奇しくも同じ出版元の岩波文庫からイギリスの研究者ブラック氏の『プラトン入門』が出ている。こちらは大学の講義テキストのようにプラトンの生涯と文献を客観的に扱っている。それに対して本書はプラトン研究家である藤沢氏が、氏の力量でプラトンの著作を読み、その哲学を解き明かし、氏のプラトン像を形作って披露するという感じである。いってみればひとつの「プラトンの読み方」であろうか。ちくま新書の竹田氏の『プラトン入門』も同じ部類に入るだろう。この手の本は、これだけ読んだら終わりというのは良くない。きちんと自分でプラトンの原典を読み、自分が考えたこととしっかり照らし合わせる批判的な態度が大切である。決して思考の受け売りではいけない。自分自身がプラトンを読むのだということを意識し、主体的に理解することに努めるなら、この藤沢氏の精緻で深いが、また個性も強い「プラトンの読み方」も大いに参考になるところがあるだろう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
プラトン解説書、数多あれど、ここまで解りやすくかつ深い理解に導いてくれる解説書があるでしょうか。日本でこんな凄い本があったとは、ただただ驚きです。
しかも、新書で!
ただ、本書を読んでプラトン対話篇を読まないのでは、本末転倒なので、『国家』なり『弁明』なり、プラトンの対話篇そのものを読んでから、本書のページを開くことを強くお薦めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書はプラトンにおいて,人間を含めて宇宙の存在の有り様と,あるべき生き方とが,一体として考察されていることを,とてもわかりやすく語ってくれる。「隣人を愛しなさい」「ひとに親切にしなさい」等々,「~すべし」を語るとき,それが人間や諸存在の在り方についての把握を根拠として語られるのでなければ,説得力のてんで弱いと思うが,その点プラトンの考え方は明快だ。
 言葉と世界の関係についても,考えさせれるところが多い。
 アランのイデア把握と藤沢氏の把握について,だれか対比させて論じてほしいというのが,個人的な希望である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドラゴン ポルト トップ1000レビュアー 投稿日 2007/3/16
形式: 新書
プラトン哲学に関する本はいろいろ出ていますが、本書はプラトン哲学の重要な要素であるイデア論について深く考察しています。

新書の限られた紙幅のなかで、きわめて効率よく、プラトン哲学の目指しているものを浮かび上がらせています。

この著者はプラトンが意図しようとしていたところを深く探究している人であるのが、本書を読んで感じました。かならずしもプラトンが

専門でない人が書いた本では表面的な読みしかできていないと感じるものもありましたが(総覧的に知る場合にはそれもいいのですが)、

本書は他の解説書とは一線を画しているとおもいます。

一般的な常識的な観念を超えているプラトンの視点を本当に知るということは大変なことであると思いました。

プラトンの著作は表面的な読みやすさとは裏腹に、長年、読み込まないとわからないのではないでしょうか。本書からあらためてプラトンの世界の広さを見たように感じます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック