Would you like to see this page in English? Click here.

中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 615

または
 
   
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
プラスチックガール
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

プラスチックガール [大型本]

古屋 兎丸
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

ぱぱにめかくしをされた。よりみちをしないように。わるいはなしをきかないように-。木・鉄・ガラス…に刻まれた少女のメタモルフォーゼ。『Studio voice』連載をまとめたオールカラーコミック。

登録情報

  • 大型本
  • 出版社: 河出書房新社 (2000/09)
  • ISBN-10: 4309264247
  • ISBN-13: 978-4309264240
  • 発売日: 2000/09
  • 商品パッケージの寸法: 29.8 x 21.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 499,526位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 画集としてなら買い 2004/10/7
投稿者 AC24
形式:大型本|Amazonで購入
古屋兎丸のコミックとして購入したら少し期待はずれに
なるかと思います。(自分はそうでした)
画集と思って買ったら後悔しないと思います。
それにしても兎丸先生って漫画家の域を超えてると思います。
すごい作品を作れる漫画家というよりは、バカもシリアスな
漫画も描ける芸術家でしょう。
このレビューは参考になりましたか?
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 コミックというより美術本 2002/4/18
投稿者 ずももも
形式:大型本
コミックにしては高価な方でしょう。しかし中身見てびっくり。これは美術書と言ってもいい内容です。もともと著者のセンスの良さはパレポリ等でわかっていましたので納得。話自体は当然(?)暗いです。しかしその表現内容の多彩さときたら大変なもんです。水彩画、油彩画は言うに及ばず、あらゆる手法を使って創って(描くにあらず)ありまして、1コマ1コマが独立して鑑賞に絶える立体絵画と言ってもいいと思います。
ストーリーのある画集といっていいでしょう。くらあい世界観も、それはそれで居心地のいいもんですし。
このレビューは参考になりましたか?
投稿者 モワノンプリュ VINE メンバー
形式:大型本|Amazonで購入
 総天然色のA4判。STUDIO VOICE誌での連載(98.4〜99.12)は確認してませんが、きっと毎号見開き2頁だったのを同寸で再現したのでしょう。No.1からNo.21までの作品が、それぞれ見開き完結で収録されてます。
 ちなみに各頁はA3判を二つ折りした袋綴じ状の造本(p2→∧←p1みたいな…)で、作品は紙の片面のみに印刷されてます。で、開けなくなってしまった内側の面(ココ→>)を覗いてみたら、真っ赤な地に赤の濃度を落とした抜き文字で「プラスチックガール」のロゴが全面を埋め尽くしてました。凝ってます。
 主題はephemeralでfragileな思春期の少女の心象風景。「このワタシ=少女」の誕生から描き起こされますが、むしろ全体を支配してるのは、「このワタシ=少女」が間もなく消え失せてしまうだろうという濃厚な死の予感です。必然的にトーンはゴシックで、大人になる一歩手前での不安や混乱、待ち受けてる世界への敵意や絶望、性的妄想などが、絵画詩とでも呼べそうな表現の中にギッシリ詰め込まれてます。私は園子温監督の映画『奇妙なサーカス』を思い出したりしました。
 「プラスチック」ってのは、どういう含意なんでしょうね。作品No.2なんか見るとやっぱり「可塑的」? 皮肉な意味で「順応的」ってこと? 表向き「均整のとれた」仮面を被ってるけれど、その分「人工的」
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 漫画を芸術にまで大成した作品☆ 2006/1/3
投稿者 poohko
形式:大型本
漫画を芸術に高めてしまった、古屋兎丸。

漫画というかこれは画集という感じがします。

タイルや障子、土やプランターを使って漫画が書かれてるのには感動しました。

ぱっと全体を見ると画面全体は現代アートみたいです。

そしてよく見ると漫画になってるんです。

構成もバランスも色彩もすごい感覚だと思いました。

この人は天才だって思いました。

なのでとてもおすすめしたいんですが、

内容が。。。えぐい、重い、痛すぎるっ!!

少女が大人になることへの憧れ、切なさ、残酷さをリアルに描いています。

このくらいの内容じゃないと素材についていけないですが、

読んでてたまに恥ずかしくなります。笑  なので星4個。

でもたまにお茶目な作品があったり☆笑いがあったり。

(私はアレルギーのくしゃみの話がとっても好きです☆ )

手軽にディープでドープな芸術世界に触れることが出来ます。
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 5.0 世界観に圧倒 2004/3/27
投稿者 heldrtenma
形式:大型本
大人の絵本って感じ。内容はかなりダーク。でも、どこか孤独感、焦燥感が入れ混じり少女の心の叫びが聞こえてくる。内容はさながら、著者の圧倒的画力、センスに圧倒される。表紙だけでも「これだ!」と言わざるを得ない。
もはやこれはコミックの域を越えた、美術作品。画集、作品集と言っても過言ではない。絵の描き方一つでここまで、少女の心を表せるものは他にはそうないはず。まさに群を抜いている。やられまくりました。ちょっと高く感じるけど、払う価値あり!
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック