通常配送無料 詳細
通常10~12日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ブルガ&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 天に多少のシミがありますが、状態は概ね良好です。クリーニング後、通常日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ブルガリア駐在記―外交官の体験と回想 単行本 – 1994/6


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,412
¥ 2,412 ¥ 427

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報



【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本ではジャムとヨーグルトで知られたブルガリアは、バルカン半島の中心部を占める農業国である。戦後ソビエトの最も忠実な同盟国として、長期安定政権がつづいていた。しかし一九八九年から東欧全般を襲った改革の嵐は、平和に見えたこの国をも根本的に変えようとしている。著者はまさにこうした激震のさなかに全権大使として駐在し、つぶさに歴史の転換期を目撃した。各層のブルガリア人と気さくに交わり、一緒に喜び、心配し、両国の友好促進になることならと東奔西走する。本書は、多忙な大使の日々を綴った心温まるブルガリア・レポート。

内容(「MARC」データベースより)

今世紀の一大転換期であった東欧諸国での革命。その激変の歴史の渦中をブルガリアで体験した著者が、謎に包まれていたブルガリアの実像と、日本との友好関係構築に献身した記録を一冊にまとめている。

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック