ブラウン・バニー [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■背表紙に日焼けがあります■Amazon倉庫から配送 Amazonスタッフがキレイに梱包致します。★中古品は全商品簡易クリーニング後クリアパックに包装しております。■中古品■箱、ケースにすれ、キズ、若干のへこみがある、もしくはディスクに若干のキズがある商品です。■当店では基本的に下記の付属品はご用意してご提供しております■【CD】ケース、歌詞カード■【DVD】ケース、表紙■特典、付属品等は記載があるもの以外ございませんので予めご了承ください。■その他、ご不明点はメールにてご質問ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,450
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ブラウン・バニー [DVD]

5つ星のうち 3.7 44件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,450 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドットコム家電&ホビーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 9,450より 中古品の出品:9¥ 1,530より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ブラウン・バニー [DVD]
  • +
  • バッファロー'66 [DVD]
総額: ¥10,377
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヴィンセント・ギャロ, クロエ・セヴィニー
  • 監督: ヴィンセント・ギャロ
  • 製作者: ヴィンセント・ギャロ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/12/03
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002XG8L0
  • EAN: 4988102037635
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,460位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

 『バッファロー’66』に続く、ヴィンセント・ギャロの監督・主演作。バイクレーサーとして全米を転戦するバドが、別れた恋人デイジーへの想いを胸に東海岸からカリフォルニアへ向かう。旅の途中、彼は何人もの女性と出会うが、そのたびに頭をよぎるのはデイジーの面影。カリフォルニアに着いたバドは、かつて彼女と暮らした家に置き手紙を残すのだが…。
   物語は『バッファロー’66』以上に淡々と進行。一面に広がる砂漠からラスベガスの雑然とした裏町まで、アメリカを象徴するような光景を美しく切り取った映像や、選曲にはギャロのセンスが感じられる。バドと女性たちのエピソードは、次の愛に踏み出せない彼の心象をそのまま映像にしたかのよう。ひたすらもどかしいバドの行為を、退屈と感じてしまう観客もいるだろう。しかし、そのもどかしさはすべて、ラストシーンのための助走であると言っていい。カンヌも騒然とさせた生々しい映像と、その後の展開は、好き嫌いはあれ、誰もが衝撃を受けることは間違いない。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

ヴィンセント・ギャロ監督・主演の静かな悲しみと激しい愛の情熱に彩られたアメリカ大陸横断ロードムービー。ニューハンプシャーでのレースを終えたバイクレーサーのバド・クレイは、次のレース会場であるカリフォルニアに向かってバンを走らせる。カリフォルニアに戻ったバドは、別れてしまった恋人・デイジーを忘れられずにかつて二人で暮らしていた自宅を訪ねるのだが…。共演はクロエ・セヴィニー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
まず箱
でかいです、でか過ぎです、邪魔です
だいたい30cm×40cmあります

ポスター
なかなかシンプルなデザイン
大きさも大きくていいんですけど折り目がねぇ
たたまないと入らないのはわかるんですが・・・

Tシャツ
ちょっとデザインがシンプル過ぎかなぁ
地の色がポスターみたいに黄色とかならもっとよかったかも
布地は薄い感じの綿100%、ちょっとちゃちい感じかも、中国製

DVDの帯
特典内容やディスクの仕様を書いた帯(普通のDVDは裏面に書いてありますけど、このDVD、帯以外には何も書いてない)
ビニールの包装を剥がすと・・・おいっ!一緒にとれるしー!
ビニールに貼ってありました
捨てる想定なのかな?個人的にはコレけっこう重要だと思うんやけど
不親切です

解説書
ハガキサイズの簡単なストーリーとチャプターを書いたものだけで
解説書の類は特に入っておりません

値段のわりにデキの悪いBOXセットな気がしました
で、☆3つにしたはずなのになぜか5つになってました・・・
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「絶対にこの人でないとダメ」なんて恋は今まで経験したことがないしこの先もないだろうと思う。

ヴィンセント・ギャロの「ブラウン・バニー」を観て、かけがえのない存在を失う気持ちを疑似体験し、そのあまりの辛さに「やっぱり自分には無理だな」と思いつつも、どこかでちょっと羨ましかったりもした。

平静な状態を0として、マイナスとプラスに感情は触れ続ける。
その上限と下限の絶対値は同じと多分決まっているんだろうと思う。
マイナス10以下に行かないようにすれば、プラス10以上にも行かなくなる。

この「ブラウン・バニー」、いろんなところで酷評されたそうだ。
淡々と続くロードムービーで、前半やや退屈なところは名作「バッファロー'66」と同じだが、ラストが素晴らしければ前半の退屈さは「計算どおり」と見なされるし、その逆ならこのとおり、丸ごと否定されるわけだ。

一見ナルシー男の妄想爆発映画に見えるけれども、よーく最後までみると、監督が妄想爆発なんではなくて、「妄想爆発している男」を客観的に描いている。
これは大変恥ずかしい作業であって、なかなかできることではない。
どうもこの映画は誤解されている。

そうはいっても「凄く良かったから是非観て」とお勧め
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ajax 投稿日 2008/7/31
形式: DVD
 個々人がデジカメで映画を簡単に撮れるようになった時代に、こんな映画もありだよ、というような新しい映画。
 主人公のギャロのロードトリップを淡々と追っていくだけ、と言ってしまえばそれだけ。だけど、時間がゆらゆらとしっかり流れている感じがあって、見ごたえがある。マラソンを見ている感覚に近い。
 特徴的なのは、車窓から外の景色が写っていることがほとんどで、ドライバーのギャロの姿等あまり出ないところ。車内のカメラから撮っているのか、がたがたと揺れるその映像は、ぼーっとしているとふっと消えてしまいそうで、どこかノスタルジックで、好きだった。ギャロは光の使い方が上手だと思う。
 R15になっているだけあって、最後のシーンは少しバイオレントだけれど、マラソンを見ているような感じで、特別な現実感のある作品だったので、「確かに現実にこういうこともあるから、そっちにも目を向けないといけないよね。」という感じで受け入れられた。
 最後のクレジットは、結構笑えました。ギャロ本人は大真面目だったろうけれど。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ヴィンセント・ギャロについては自己中野郎だとかとんでもないナルシストだとか言われますが、多分その通りなのだと思います。
ただ彼は、自分が「ナルシストで弱っちいダメ人間なのだ」というのをきちんと認識しており、
映画を作るときはその「ダメな自分」を客観的に”演じる”というアプローチをとっていて、彼の映画のクオリティはそのある種冷静な態度に保証されています。

普通に考えて、ナルシストが自己愛やら苦悩やらをそのまま吐き出した映画なんて、第三者にとっては見るに耐えない仕上りになるはずです。
この作品がそうなっていないのは、彼が自らの自己愛、ダメさ加減を「芸風」として対象化して表現する術を身につけているからで、そのあたりが非常に「太宰っぽいなあ」と。
(この映画について、まさに「見るに耐えない、ナルシストが自己愛を見境なく吐き出した映画」だと感じる人もいるのでしょうが)

ストーリーだけ取り出せば、絶望の中に愛情や希望を見つけ出す前作『バッファロー’66』の方が好きです。
この『ブラウン・バニー』は希望を失った男の絶望(その結果としてのはた迷惑)が延々と描かれた映画です。
ストーリー的には「後退した」ともとれるこの映画を、なぜギャロは撮らなければならなかったのか?
結局は「前作で見つ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック