Amazon Kindleでは、 フリージング5 ヴァルキリーコミックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フリー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フリージング5 (ヴァルキリーコミックス60) コミック – 2009/7/12


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

フリージング5 (ヴァルキリーコミックス60) + フリージング4 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング 6 (ヴァルキリーコミックス)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: キルタイムコミュニケーション; B6版 (2009/7/12)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 486032787X
  • ISBN-13: 978-4860327873
  • 発売日: 2009/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 静寂のアデド 投稿日 2010/2/18
形式: コミック Amazonで購入
これまで主に上級生と下級生の学園内の私闘とラブコメ的要素で進んできて、パンドラがそもそも何のため存在するのか忘れかけてたんですけど、この巻ではいきなり敵との戦闘が開始されます。
それもいきなりゼネティックスの全力を挙げた総力戦。序盤に戦闘するのは主人公達のいるのとは違うゼネティックスですが、主人公達のゼネティックスもすぐに巻き込まれて総力戦です。
戦闘が始まるにしても、もうちょっと徐々に雰囲気盛り上げるとか、最初は弱い敵からとかしろよーとか思いましたけど、これもありです。燃えます。
初登場キャラや3年生メンバーが主体なので、ちょっと誰が誰だか戸惑いますけど、3年生メンバーの表があるので、あまり混乱しないで読めます。
舞-Himeとか舞-乙とかクレイモアとか好きな人は気に入るんじゃないかな。
それにしても改めて思ったけど、男キャラいらないな・・・リミッター役に立ってないし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TT 投稿日 2012/2/7
形式: コミック
「世界の大事の中にいる主人公達」という話にしたいのだろうけれど、主人公側視点からの前振りもなくいきなり新展開・新情報・新キャラクターで開始。その新キャラクターの過去話が突然開始されても読む側からすると感情が追いつけない。そして毎度毎度の「犠牲」「慟哭」がお決まりすぎてウザイ。敵味方の強さの単位も単語や殺戮シーンだけで描かれているので強さのイメージができず、絶望・希望のシーンが他人ごとにしか読めない。制作側が思い描く世界観を推し進めるがために物語を読んでいく為の導となる視点が粗に。この巻は起承転結の起承部分のためか萌え分少なめエロ無し。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うきうき 投稿日 2009/7/14
形式: コミック
サテライザーと上級生達の闘いも一段落し、この巻からは新章に入ります。中盤まではサテラーザーたちがいるウェストゼネティックスとは別の、イーストゼネティックスの話です。パンドラの英雄、アオイ=カズハの聖痕を受け継ぎ、脅威の適合率を誇るイーストゼネティックスの「神速」キャシー=ロックハート(この巻の表紙)。リミッターである恭一との絆を穏やかに育んでいこうとする彼女達の前に、タイプSのノヴァが4体同時に現れる。イーストゼネティックスの総力をあげて何とか対抗するキャシーたちだが、想像を超えた強力かつ未知の攻撃に次々と体の自由を奪われ・・・
後半はサテライザー達の場面に戻ります。イーストを襲ったノヴァが間髪いれずにウェストを襲撃。予想外のノヴァの行動に戸惑いつつも、三年を中心に迎え撃つウェストのパンドラ達。しかし、彼女達が目にした敵は、ノヴァだけではなく、イーストで戦死扱いとなったパンドラ達だった。一方、後詰を任されたサテラーザー達のもとにも敵の手が伸びる。圧倒的な戦闘能力をもった敵に対抗する術は果たしてあるのか・・・
相変わらずとんでもないペースで出ますね。本当に嬉しいです。ただ、金さんは絵がとても上手なんで、悲しいシーンは悲しさが倍増します。この巻の中盤はきつかったなぁ。次巻からはいよいよバトルも本格化しそうですね。ついにエリザベスも動きましたし、キーとなりそうな人物な
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック