Amazon Kindleでは、 フリージング6 ヴァルキリーコミックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フリー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フリージング 6 (ヴァルキリーコミックス) コミック – 2009/10/28


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

フリージング 6 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング5 (ヴァルキリーコミックス60) + フリージング 7 (ヴァルキリーコミックス)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 186ページ
  • 出版社: キルタイムコミュニケーション; B6版 (2009/10/28)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4860328299
  • ISBN-13: 978-4860328290
  • 発売日: 2009/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うきうき 投稿日 2009/10/28
形式: コミック
この巻は前巻からのバトルの続きです。圧倒的な敵の戦闘力の前に、三年序列七位のイングリッドと六位アティアが力尽きかけたその時、序列二位のエリザベス(この巻の表紙の女性)が現れる。一方、自分をかばって瀕死の重傷を負ったガネッサを見たサテライザー・・・初めて感じた「仲間を傷つけたものに対する怒り」。それに呼応するかのように、彼女の聖痕に異変が・・・また、ついにウェストの心臓部に侵入した敵の前に、三年序列三位のティシーと一位のシフォンが立つ。
いや〜、ついに動きましたね、一位と二位の二人が。てか、二人とも強すぎますよ、ホントに。サテライザーの心境の変化などもあり、バトルメインの割に、心温まる(?)終わり方だったと思います。
この巻最後はディナーパーティーの話です。ラナやサテライザーがいい味出してるんで、是非実際に読んでみてください。なんにせよ、これで初めてのノヴァとの戦いも終わり、次からの展開に期待が膨らみます。シュバリエ総司令部にも怪しい動きがありますし、次巻が待ち遠しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Frantz 投稿日 2010/2/7
形式: コミック
たまたま1巻を読んでみたら、気が付いたら6巻まで購入していました。
よってこれは1〜6巻までの総合的なレビューになります。

ストーリ展開は先行レビューの通りなので割愛しますが、
全体的に女性キャラクターの特徴づけが良くできています。

過去の経緯と精神を乗っ取られたことにより、
戦うこととなったサテラとキャシー、ガネッサ、戦いを通して
それぞれに欠けていた部分を取り戻していきます。

こうした美少女SFアクション物は、徹頭徹尾チャンバラに終始→
人気下降でお色気シーン→それさえも飽きられて終了…。
と言うダメパターンが少なくないのですが、
本作では上記テーマがきちんと描写され、読後感の良さにつながっています。

学園が舞台という設定上、女性キャラの数は多いにもかかわらず、
年齢や服装で書き分けることはできません。

この辺は原作者や作画の力量がモロに出る部分だと思うのですが、
少なくても現時点では、きちっと描写されています。

絵柄も上を見たらキリが有りませんが、大コマもアクションシーンとも
相応に安定していると思います。
会話シーンの間(「ま」=小コマ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック