Amazon Kindleでは、 フリージング14 (ヴァルキリーコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 79

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
フリージング 14 ドラマCD付限定版+声優サイン入り複製台本 (ヴァルキリーコミックス)
 
その他のイメージを見る
 
1分以内にKindleで フリージング14 (ヴァルキリーコミックス) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

フリージング 14 ドラマCD付限定版+声優サイン入り複製台本 (ヴァルキリーコミックス) [コミック]

林達永 , 金光鉉
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,620 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 552  
コミック ¥ 596  
コミック, 2012/4/27 ¥ 1,620  

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

フリージング 14 ドラマCD付限定版+声優サイン入り複製台本 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング 15 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング 13 (ヴァルキリーコミックス)
合計価格: ¥ 2,812

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

漫画やアニメじゃ見られない?サテライザーやパンドラ達のあんなシーンやこんなシーンをアニメキャストのままでドラマCD化!

特別付録
声優サイン入り複製台本

【ドラマCD STORY】
日々の訓練で疲れが取れないとボヤくラナ。
そんな時、カズヤが「僕がマッサージしてあげようか?」と提案。
嫉妬で動揺し慌てふためくサテライザーを尻目に快く受け入れるラナ。
そしてマッサージを受けたラナは、
疲れが取れたどころか今まで味わったことのない心地よい快楽に包まれることに!
カズヤの凄腕マッサージテクニックは、ゼネティックス中に広まり多くのパンドラ達が彼の元へ殺到。
ついにはアーネット、クレオ、アティア、ミヤビ達もが!?
そしてサテラ先輩も??
カズヤの「ゴッドハンド」に蹂躙される美しきパンドラ達…。
今宵もどこかでフリージング!

【原作・脚本】林達永

【キャスト】
サテライザー:能登麻美子
ラナ:花澤香菜
カズヤ:市来光弘
ガネッサ:喜多村英梨
アーサー:岡本信彦
ヒイラギ:大久保瑠美
イングリッド:小清水亜美
クレオ:橘田いずみ
アーネット:浅川悠
アティア:植田佳奈
カンナヅキ:桑谷夏子
エリザベス:甲斐田裕子

登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: キルタイムコミュニケーション; 限定版 (2012/4/27)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4799202448
  • ISBN-13: 978-4799202449
  • 発売日: 2012/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 第一部完結 2012/4/27
投稿者 うきうき
形式:コミック
 内容は前巻からの続きです。ノヴァ化してアラスカ基地を消滅させようとするアミリアと、彼女を止めるため真の力を解放し単身立ち向かうシフォン。最後まで信じていた人に裏切られ、絶望と憎悪のあまり暴走するアミリアに、シフォンは彼女の気持ちを理解しながらも、一度だけ「人間」を許してあげてほしいと訴えかける。人間の弱さや脆さを理解し、静かに語るシフォンにアミリアも一瞬我に返るが、それでもやはり仲間たちを失った怒りを抑えきれず自爆を図る。すべてを巻き込んで自身の悲しみに終止符を打とうとするアミリアと、基地を守るためにノヴァと必死に戦うパンドラ達。そんな彼女たちを見たシフォンは、大切な仲間を守るために、アミリアたちの悲しみも、スペンサーやドクター大原たちが彼女たちに行った罪もすべて自分が背負うことを決意する。そして、シフォンの命懸けの大きな愛が、アラスカ基地に一つの優しい奇跡を起こす・・・
 中盤以降はEパンドラ編のちょっと長めのエピローグ、「次期会長決定戦」です。学園最強の1位であり会長でもあったシフォンがいなくなり、2位のエリザベスもパンドラを一時辞めたことから、次期会長になるのは誰かという問題が浮上する。学年4位のアーネットは、気弱すぎる3位のティシー(この巻の表紙)には会長は任せられないと、自身が会長に立候補する。一方シフォンを心底慕っていたティシーは悲しみから立ち直れないでいた
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Frantz
形式:コミック
ストーリー的には既出レビューの通りです。前半は前巻の流れを踏襲しているので、これまでの読者ならストレス無く読めるでしょう。

一方後半は別冊の「1stクロニクル」で語られる、シフォンとティシーの人間関係を理解していないと、ついていくのに厳しい部分があるかもしれません。

これまでストーリーを引っ張ってきた主要キャラクター達が退場します。
読者にサプライズを与え続けるため、主役を次々に変えていくのは最近の流行なのでしょうが、ちょっと勿体ない気がしますね。再登場の可能性もありますが…。

世界観や設定で読ます話ではないので、主要キャラの退場とともに読者も減ってしまうのでは?とも思います。製作者チームには自信があるのでしょう。

細かく読むと、10巻でエリーの行動を「彼女の決めた人生」といってクールに放置した会長が、仲間を守るため聖女になったり、
同巻末で「ルールを作る」と言っていたエリーが、アンドレと一緒に休業宣言する、
人一倍サイケなサテラが見開き半分で「愛よ!」とつぶやく等、突っ込みどころもあります。

これらを彼女たちの心境の変化とするならば、もう少し説明が欲しい所です。

登場キャラのバストの肥大化は程々に、読者の全てが巨乳フェチ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 第一部完結 2012/4/27
投稿者 うきうき
形式:コミック
 内容は前巻からの続きです。ノヴァ化してアラスカ基地を消滅させようとするアミリアと、彼女を止めるため真の力を解放し単身立ち向かうシフォン。最後まで信じていた人に裏切られ、絶望と憎悪のあまり暴走するアミリアに、シフォンは彼女の気持ちを理解しながらも、一度だけ「人間」を許してあげてほしいと訴えかける。人間の弱さや脆さを理解し、静かに語るシフォンにアミリアも一瞬我に返るが、それでもやはり仲間たちを失った怒りを抑えきれず自爆を図る。すべてを巻き込んで自身の悲しみに終止符を打とうとするアミリアと、基地を守るためにノヴァと必死に戦うパンドラ達。そんな彼女たちを見たシフォンは、大切な仲間を守るために、アミリアたちの悲しみも、スペンサーやドクター大原たちが彼女たちに行った罪もすべて自分が背負うことを決意する。そして、シフォンの命懸けの大きな愛が、アラスカ基地に一つの優しい奇跡を起こす・・・
 中盤以降はEパンドラ編のちょっと長めのエピローグ、「次期会長決定戦」です。学園最強の1位であり会長でもあったシフォンがいなくなり、2位のエリザベスもパンドラを一時辞めたことから、次期会長になるのは誰かという問題が浮上する。学年4位のアーネットは、気弱すぎる3位のティシー(この巻の表紙)には会長は任せられないと、自身が会長に立候補する。一方シフォンを心底慕っていたティシーは悲しみから立ち直れないでいた
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 萩と月
形式:コミック
大人に翻弄される少年少女たちの悲喜を描いた激動のEパンドラ編も、遂に終結。
まさか前巻で圧倒的な強さを誇り、凄まじいまでの迫力を見せ付けたシフォン会長がここでリタイアとは。
彼女に関する謎は残ったままだし、あれだけの強キャラを惜しげもなく退場させてしまうなんて、
もったないと思いつつも、かえってその潔さに感服した。

アンドレを気遣ったエリザベスも表舞台を去り、次にスポットが当てられたのは、
なんとこれまで端役でしかなかった生徒会副会長・ティシー。
表紙を飾っていたのでまさかとは思ったが、ここまでやるとは予想外。
シフォンとの最期の邂逅シーンは感動的ではあったが、
特にこれまで二人の深い友情を表すようなエピソードがなかったので、
ここで彼女をクローズアップするなら、事前にそういった話を入れておいてほしかった。

シフォンと同じ髪型にし、シフォンの形見を身に纏って戦うティシー。
彼女がシフォンの「亡霊」に取り憑かれ、誤った道を進まないことを祈る。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック