Amazon Kindleでは、 フリージング12 ヴァルキリーコミックス をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 596
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フリー&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フリージング 12 (ヴァルキリーコミックス) コミック – 2011/10/27


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

フリージング 12 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング 13 (ヴァルキリーコミックス) + フリージング 11 (ヴァルキリーコミックス)
合計価格: ¥ 1,788

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: キルタイムコミュニケーション (2011/10/27)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4799201514
  • ISBN-13: 978-4799201510
  • 発売日: 2011/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うきうき 投稿日 2011/10/27
形式: コミック
 Eパンドラ編も最高潮になってきました。前巻のバトルからの続きです。Eパンドラのアミリアに加勢すると決めたサテライザー達。シュバリエを破って進撃する彼女らの前に、ついにシフォン(この巻の表紙)が立ちはだかる。アミリアを先行させ、怒涛の攻撃を仕掛けるサテライザー達だが・・・一方、シャルルを前に劣勢に立たされるエリザベス。彼女を援護しようと、リミッターのアンドレは、限界を超えてフリージング能力を展開し・・・
 まさに「怒涛」といっていい展開です。他にもユリアとキャシーのワールドランク同士のバトルや、シャルルとマークスの過去と覚悟、援軍として動き出したホーリーやルイスなど、ページ数はそれほど多くないですが、見所が満載です。でもやはり今回の目玉はシフォンでしょう。ついに動き出しましたからね。しかも敵として。さらには、まさに「化け物」と呼ばれるに相応しい強さ。圧倒的な彼女を前に、サテライザー達はどうなるのか。続きが楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 萩と月 投稿日 2011/10/30
形式: コミック
今年はじめに放映されたアニメ版が少し気になったので、原作に手を出してみた『フリージング』。
いやはや、アニメとは比較にならない面白さに既刊全巻まとめ買いしてしまった。

必要以上の男性向けサービスばかり重視していたアニメ版とは異なり、
原作はパンドラとリミッター、パートナー同士の日常の触れ合いや戦闘時の信頼を丁寧に描いており、
パンドラ同士のバトルも、信念のぶつかり合いといったテーマ性の深いものになっている。
アニメでは全く重視されなかったリミッターのキャラもきちんと立っていて、
男女のツーマンセルという設定を十二分に生かしたストーリー展開が非常に熱い。

最新の12巻では、これまで能力の片鱗しか見せてこなかった強者・シフォン生徒会長が、
ついにヴェールを脱ぎ捨て、その恐るべき力を発揮する。
あまりの怪物ぶりに、サテライザーとラナはどうなってしまうのだろう…。

また、エリザベス&アンドレ対シャルル戦にも終止符が打たれるが、
己の限界を突破してしまったアンドレがどうなってしまうのか、
その時、エリザベス先輩がどう出てくるのか、こちらのペアの行く末も気になる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Frantz 投稿日 2011/11/1
形式: コミック
頁の大半はバトルシーンで、読者の期待を大きく裏切る内容は無く、
これまで読んできた読者なら、安定して読めると思います

構成的には前半はエリザベスvsシャルルの戦いが完結、
後半はシフォンvsサテラ&ラナの戦いが始まり、
途中にシャルルの過去とキャシーvsユリアのバトルが挿入されています。

前半は、追い詰められたヒロインが仲間の力を借りた必殺技で反撃、
後半は、けた違いの敵に、主人公達が協力して挑むも、
軽くいなされて次回に続く、という「王道」パターンが続きます。

今回のポイントは、シャルルの過去がわずかながら描写された事です。
内容は平凡ですが、これが挿入されたため、彼女の主張に厚みができて、
それを否定するアンドレやエリザベスの台詞に説得力が生み出されています。

およそ24頁という頁幅も絶妙でした。これ以上頁を増やせば「バリ島編」のように
中だるみしかねないし、これ以上少ないと、シャルルの過去が描写しきれません。

前にも書きましたが、このようにキャラの性格付けや書き分け等々は、
まずまずなのですが、世界観やストーリー展開等々で、
有名作からの過大な影響が、どーしても垣間見え
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cat 投稿日 2011/12/17
形式: コミック Amazonで購入
化け物、シフォンが始動。
学年ランクなんてものとは一線を画すケタ外れの強さがベールを脱ぐ。

ただ、相手となる主人公2人が、途中で立ちはだかるゼネティックス上位組織シュバリエを数名撃退してしまう等、ただならない強さを身に付けており、理不尽な主人公補正が入りそうで心配ではある。

タイアップのような形で始まったコミックヴァルキリーの「シフォン物語」もオススメ。2011年12月現在、11月・1月号合わせて6話分詰め込まれており、お得です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック