中古品を購入
¥ 1,151
中古品: 良い | 詳細
発売元 com stock
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、汚れがございます。中古本ですので多少の使用感はございますが、中身の状態は良好です。当店の商品はAmazonフルフィルメントセンターにて保管・管理され、Amazon.co.jpが商品の受注、梱包、出荷、返品などを代行しています。万が一商品に不備があった場合や注文キャンセル・配送・返品については、Amazonカスタマーサービスにお問い合わせ願います。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか 単行本 – 2002/4


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 894


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

商品説明

   アメリカの労働人口の4人に1人が、本書で言う「フリーエージェント」という働き方を選んでいるという。フリーエージェントとは、「インターネットを使って、自宅でひとりで働き、組織の庇護を受けることなく自分の知恵だけを頼りに、独立していると同時に社会とつながっているビジネスを築き上げた」人々を指す。フリーエージェントたちが、そういった働き方を選んだ理由、そしてその生活と仕事の実態が詳細に描かれている。著者が1年かけて全米を旅し、大勢のフリーエージェントたちに直接会って調査しているため、机上で練られただけの社会論にはない説得力がある。

   本書の著者は、米上院議員の経済政策担当補佐官、労働長官の補佐官、副大統領の首席スピーチライターを務めたのち、フリーエージェントになった経験の持ち主。フリーエージェントの実態調査をといったミクロな視点と、フリーエージェントが社会に与えるインパクトといったマクロな視点からの議論がほどよくミックスされ、社会の大きな潮流をとらえた論述となっている。

 「いまの仕事が永続するなどと言える人はどこにもいない。誰もが『臨時』労働者なのだ」というとおり、現代の環境においては、企業に人生すべてを賭けることは難しい。しかし、日々問題にぶつかりながらも、自分らしい働き方を模索しているフリーエージェントたちの「証言」は、本書を生き生きと彩っている。また、成功しているフリーエージェントだけではなく、万年臨時社員として不当に搾取されている層についての論述も詳しい。

   日本では、社会のフリーエージェント化に関しては、アメリカに大きく遅れをとっている。しかし、正社員にならない働き方に対する関心は高まりを見せており、一部の業界では、すでにフリーエージェント社会になっている。本書の第5部で描かれているような未来の社会が実現するのも、そう遠い話ではないのかもしれない。(朝倉真弓)

メディア掲載レビューほか

フリーエージェント社会の到来 「雇われない生き方」は何を変えるか
フリーエージェントというと、プロ野球でお馴染みだが、米国では企業社会でも一般的になってきた。1つの企業に所属するのを嫌い、企業と自由に契約を結ぶ人のことだ。既に就業者の4人に1人の割合に達するという。彼らの多くは、情報技術(IT)を駆使して同時に数社の仕事をこなす。

 終身雇用で社員を雇うのは企業にとってリスクだが、逆に1つの会社に自分の人生を捧げるのは個人にとってもリスクである。とりわけ企業の平均寿命が短くなっている状況では、いくつもの企業と契約を結ぶリスクヘッジが不可欠と著者は書く。日本の多くの企業が「終身雇用」の暖簾を下ろし大幅な人員削減を厭わなくなった中で、日本でもフリーエージェント社会の到来は間近なのかもしれない。


(日経ビジネス 2002/06/10 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

  • 単行本: 394ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2002/04)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4478190445
  • ISBN-13: 978-4478190449
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (49件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 56,981位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

124 人中、118人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 seco 投稿日 2003/3/30
形式: 単行本
私は2年前障害者になった32歳(女)である。現在soho環境でメールマガジンの編集を主に行なって給料をもらっている。自分の強みを活かした仕事を数社あるいは数人と契約し生活を送っていくにはどうしたらいいか、ずっと頭の中でもやもやしていた。この本を読んだらその答えが書いてあった。知人でSOHO生活を送っている人はまだいない。そんな私に『今の君の生き方は間違っていない!むしろ応援するよ、アメリカには君のような人がたくさんいるんだ、その事実を僕の言葉で伝えよう』という著者の足で集めたフリーエージェントのためのアドバイスがちりばめられている。自分サイズのライフスタイルを送りたいと思っている人にオススメの一冊!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ny 投稿日 2002/10/28
形式: 単行本 Amazonで購入
 大変すばらしいく鋭い分析がなされた書物であった。
 アメリカ社会を対象にした分析論であるが、日本でも今まさに起こりつつある話であると思う。
 組織に忠実な「オーガニゼーションマン(組織人間)」の時代から組織に縛られず独立して働く「フリーエージェント」が急増しており、アメリカでは全労働者の4人に1人がすでにフリーエージェントであるという。
 フリーエージェント時代のビジネスのあり方についての記述が最も知りたいことであるが、本書の結論は特定のプロジェクトのための適材適所のための人材を集められるプロジェクトマネージャが従来の管理職にとって変わってくると言っている。
 内容については、自分が普段している仕事の中でゆっくりだが着実に訪れてきている変化に合致していると思う。それでも、依然として従来型の大企業がまだまだ市場を支配している現状を気にしつつも、本書の著者の主張をがっちりと受け止めたいと思う。記述も、翻訳も大変ユニークで本当に楽しく読める。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 america_kabura 投稿日 2004/2/20
形式: 単行本
私は学校を出てから一度も就職をしないまま45を過ぎてしまいました。いわゆる自営業者でもない、その都度の契約やチームでの仕事で食べてきました。このような生活に入ったときに私の父親は非常に懐疑的でしたが(私自身いつまで続くのか不安でしたが)、この本を読んである意味ほっとしました。生き方の選択肢として認められてきている、ということですから。それも決してマイノリティーではない。インターネットの発達と共に、フリーエージェント的な生き方はますます容易になってきていると思います。この本は非常に良いタイミングで出されたものだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 BabySteps0605 投稿日 2012/4/11
形式: 単行本 Amazonで購入
最近は著者のダニエル・ピンク(Daniel H. Pink)は日本でも勝間和代氏の推薦や大前研一氏の訳本などもありとても有名になっていますよね。著者が有名になったきっかけといっても良い本書は出版からおよそ10年が経っています。10年を経てどの程度内容が現実味を帯びてきたのか確認したく再読しました。エピローグにも記載があるように、本書は未来への予言を当てることを目的としたものではなく、「新しい現実についての最初の大まかな説明をすることを目指した」ものであり、来るべき未来への議論の啓蒙を意図した、とのこと。P1〜383(エピローグまで)。
 ※具体的な記載内容については他のレビュアーの方を参考にされて下さい。

再読後、著者が本書に記載したフリーエージェント(以下FA)社会への対応は日本でも着実に10年前よりも「必要とされてきている」と感じました。「到来している」のではなく「必要」としたのは、前者のイメージには現実的に中小企業や個人事業主、「良い意味での」派遣社員が増えてきており、かつ活動しやすくなっている(制度設計が完了している)ニュアンスがあるように感じるからです。ところが日本では'【1】FAの数は増えているか?'【2】その実態、FAを支える制度設計はうまくいっているのでしょうか?

'【1】
<FA数=(個人事業主+中小
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 syntagman 投稿日 2003/9/1
形式: 単行本 Amazonで購入
1年前にこの本に出会いました。影響を受けたのは確かです・・独立しました。この本に書いてあるとおり、家族と過ごす時間も増え、満員電車に乗る回数も減りました。時間も基本的には自己管理で、この自由は十数年に及ぶサラリーマン人生で、一度も味わったことのないものです。妻の買い物時間に幼い子供の面倒を見たり、夕食もほとんど家族で取ることが出来ます。子供のお風呂のあと、仕事に戻ることも出来ます。通勤もありません。赤ちょうちんに行くこともほとんどなくなったので、イエローカードだった体重や肝臓も回復しています。
ただ、無収入の時期が半年以上も続き、精神的にはきつかった。また、経費も意外と出るものです。都内の住宅事情ではオフィス用に一部屋用意できなかったため、子供に不便をかけているかもしれません(それもいいものだという話もありますが)。
サラリーマンでいると、会社の看板や経費に無頓着となりがちです。特に大企業では。自分の市場価値評価と経費管理、リスクヘッジをちゃんとやらないと行けません。
-この本は大好きですが、読む側がしっかりしないと自由を謳歌するバラ色の雰囲気だけが伝わってきてしまいます(リスクは書いてはあるんですが)から要注意。ただ、基本的にはフリーとして共感します。-読むべし-でしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック