通常配送無料 詳細
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆめ屋堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに擦り傷及び裏側カバーの上側の中央に少し斜めにスジ状の跡がありますが、ページ内は良い状態です。(帯付き)尚、発送の際は、敏速・丁寧にお送りさせて頂きますので宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フランチャイズ・バイブル 単行本 – 2006/5/12


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 642


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

フランチャイズ・バイブル + フランチャイズ・ビジネスの実際 (日経文庫) + フランチャイズ本部の立ち上げ方ー小さな会社が短期間で大きくなる!ー
合計価格: ¥ 6,977

選択された商品をまとめて購入


オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

米国フランチャイザー、フランチャイジー双方にとっての「定本」の完訳版。事業計画、契約の要点を実例付きで詳説する。

内容(「MARC」データベースより)

アメリカにおいてどのように、フランチャイズのシステムが運営されていくのかを、具体的に説明。事業計画、契約の要点を実例付きで詳説する。通常外部には流出しない、基本契約の事例も掲載。

登録情報

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2006/5/12)
  • ISBN-10: 4478375143
  • ISBN-13: 978-4478375143
  • 発売日: 2006/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 328,662位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ぴょん吉 投稿日 2006/10/3
形式: 単行本
米国版「フランチャイズ入門」というべき書で、邦訳が待たれていました。日本の場合、フランチャイズに「加盟」すると言いますが、米国ではフランチャイズと「購入」する、というイントロから、米国ではフランチャイズは投資として捉えられているということがわかります。その他、法定開示書面や契約書の概要、フランチャイズシステムの導入手順が比較的詳細に記されております。そして、フランチャイズ権の売買についても言及され、今後近い将来に日本でも直面するこの問題について、非常に示唆に富む内容となっております。また、翻訳も(日本語としてはおかしいのですが)意訳を排した姿勢も評価できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾン太郎 投稿日 2006/5/18
形式: 単行本
いまさらフランチャイズなんて…。というのはフランチャイズも「時間に拘束される」「不労所得は生み出しにくい」「不動産投資にビジネス的な要素を土地の上に乗っける」という非常にウルトラCのビジネスである。一から自分でビジネスを始めるメリットとしてニッチを確実にピンポイントに他人に縛られず攻めれる。というメリットがあるが、フランチャイズには本部の舵取りしだいで自身も沈むということ。サラリーマンから独立を考えているのなら不動産投資か、ネットワークビジネスをしてみて、それで成功してからでもリスクのとり方は遅くないと思う。それからどのフランチャイジーが第2のセブンイレブンになるのかは株の銘柄選択のようなもので、非常に難しい…。参入時期が早すぎるとそのフランチャイズがあたれば波に乗れるが、外れると…。逆に成功しているフランチャイズはもうのびしろが少ない…。(マクドナルドやセブンイレブンに「今から」参入したいですか?)といいたい。だが、フランチャイジーを検討している方には初法や考え方に関して非常に体系的にまとめられていると思うので星5つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック