この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フラジール 〜さよなら月の廃墟〜 コミック – 2009/2/27


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック, 2009/2/27
"もう一度試してください。"
¥ 283


キャンペーンおよび追加情報




登録情報

  • コミック
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2009/2/27)
  • ISBN-10: 4048676237
  • ISBN-13: 978-4048676236
  • 発売日: 2009/2/27
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

最も参考になったカスタマーレビュー

12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キタキツネLV24 投稿日 2009/8/28
 フラジールをプレイした人向け専用の漫画です。未プレイの人は読んでいても話がよく分からないでしょう。いわゆるエンディング後のストーリーですが、すべての真相が暴露されるような展開はないので解明を求めている人は気を付けてください。

全体としてはあほのぼのを中心としたファンブックでありシリアスさは低めになっています。絵はとりわけ「上手い!」といえるほどの出来ではありませんが、この荒っぽい線でカクカクしたタッチは廃墟感が出ていて私は好きです。表情もなかなか個性的で気に入りました。感想としてはプレイ談や学園風などのサービスカットが多く振り込まれているのでなんだか同人誌を見てるような感じがします。

 フラジールが好きな人はニヤリとすること間違いなしでしょう。もともと漫画がゲーム化するのはよくある話ですが、ゲームが漫画化して、それその後の展開というシチュエーションはなかなか稀ですので、クリアした方は是非購入することをお勧めします。学ラン姿のセトやクロウを見たい方は特にです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 SION 投稿日 2011/8/12
タイトル通り、私はこの漫画もフラジールの一つの終わり方だと感じました

本編には無かった皆でわいわいしてる場面などもあってほっこりしました。パロディっぽいなと感じました。面白かったです。

できればPFも出て欲しいなぁ…とも思いましたが、なにはともあれ本編のおまけくらいで読むのがちょうど良いと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CLOVER VINE メンバー 投稿日 2012/5/31
ここに記載されているレビューを読んで内容はアンソロジー的なものなのかなと、あまり期待せずに
読み始めたのですが、意外にも原作ゲームのエンディングで、ほぼ語られることのなかった"少女"との
短くも大切な日々が、この本にはあったように感じました。
(他のレビュアーの方、すみません。どなたかの否定でも悪口でもありません。あくまでも私の主観です)

"学生服姿の登場人物たち"というレビュー内容を見て、どういう状況なんだろう、原作が淋しかったから
漫画ではギャグ多めなのかな、と思いきや、実は廃墟となった学校に落ちていたアイテムからの追体験、
たとえば「クロシェット」、「ラジオ」、「携帯電話」などから、世界が滅びる以前の物語を知ることが
できたように、漫画に登場するアイテム一式から『在りし日の平凡だった頃の日常』を体感したように
描かれているようです。
あるいは、主人公の少年の想い出と過去への淡い憧れが重なって、ほんのつかの間、それが具現化
したのかもしれません。

世界と人間に絶望していた"彼"のアナザーサイドストーリーも絡め、誰も居ない世界を手を取り合って、
歩いていく。大切な少女の手を取って。

ありきたりな日常から、世界の終わり
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック