数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 1
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

フェア・ゲーム [Blu-ray]


参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,736 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,340 (26%)
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,380より 中古品の出品:1¥ 3,000より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオフェア・ゲーム (字幕版)を今すぐ観る ¥ 324 より


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ナオミ・ワッツ, ショーン・ペン, サム・シェパード, ノア・エメリッヒ, ブルース・マッギル
  • 監督: ダグ・リーマン
  • 製作者: ダグ・リーマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • DVD発売日: 2012/03/02
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B006GWSYW2
  • EAN: 4988013044265
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 73,865位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

2大アカデミー俳優ナオミ・ワッツ×ショーン・ペンの豪華競演!
『ボーン』シリーズのスタッフが贈る、全米大ヒットのクライム・サスペンス!!

■ハリウッドを代表する2大アカデミー俳優ナオミ・ワッツxショーン・ペンの豪華競演!
CIAエージェントと母親という二つの顔を持つ主人公を演じるのは、
『21グラム』でアカデミー賞にノミネートされ、大ヒット作に数多く出演するナオミ・ワッツ。
主人公をを支える夫には2度のアカデミー賞主演男優賞の受賞経験をもつショーン・ペン。

■監督はアクションの名手ダグ・リーマン!
『Mr.&Mrs.スミス』『ボーン』シリーズを手掛けたダグ・リーマンがメガホンを取り、
正義を貫いた夫婦の絆と身分を暴露されたスパイの衝撃の物語を描く極上のクライム・サスペンス!

【STORY】
9.11同時多発テロ以降、アメリカはイラクが大量破壊兵器を保持しているとしていた。
だが、CIAエージェントのヴァレリーと元大使で夫のジョーは、
捜査の結果、イラクに核開発計画がないことを突き止める。
しかし2003年、ブッシュ政権は夫妻の報告を無視し、イラクへ宣戦布告する。
ジョーは"真実"を世間に公表するため新聞に自らの調査報告を寄稿し、一躍論争を巻き起こす。
すると、報復としてジャーナリストたちにヴァレリーがCIAの秘密諜報員である情報がリークされてしまう。
たちまち世間からの批判を一斉に浴び、孤立無援に陥るヴァレリー。
歴史のうねりに巻き込まれながらも、己の信じる"正義"と"愛"を貫く戦いが今、始まる。

≪映像特典≫
・インタビュー映像
(ナオミ・ワッツ/ダグ・リーマン監督/ヴァレリー・プライム×ジョー・ウィルソン)
・予告編集(オリジナル版/日本版)
・TVスポット集(オリジナル版/日本版)
≪音声特典≫
・オーディオ・コメンタリー
(映画のモデルとなった2人が語る!ヴァレリー・プレイム×ジョー・ウィルソン)

【CAST】
ヴァレリー・プレイム役:ナオミ・ワッツ (『21グラム』『ザ・リング』)
ジョー・ウィルソン役:ショーン・ペン (『ミルク』『ミスティック・リバー』)
サム・プレイム役:サム・シェパード (『ブラックホーク・ダウン』)
ビル役:ノア・エメリッヒ (『SUPER8/スーパーエイト』)
ジム・パビット役:ブルース・マッギル (『完全なる報復』)
スクーター・リビー役:デヴィッド・アンドリュース (『ファイト・クラブ』)

【STAFF】
監督・撮影・製作:ダグ・リーマン (『ボーン・アイデンティティー』)
脚本:ジェズ・バターワース/ジョン・ヘンリー・バターワース
プロデューサー:ビル・ポーラッド/ジャネット・ザッカー/ジェリー・ザッカー
アキヴァ・ゴールズマン/ジェズ・バターワース/ダグ・リーマン
編集:クリストファー・テレフセン
衣装デザイン:シンディ・エヴァンス
音楽:ジョン・パウエル

発売元:ポニーキャニオン
(C)2010 SUMMIT ENTERTAINMENT, LL

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ナオミ・ワッツとショーン・ペン共演で贈る、実話に基づくクライムサスペンス。ブッシュ政権のイラク大量破壊兵器に関する真実を告発した報復として、政府から自分たちの素性をリークされてしまったCIAエージェントの女性と夫の戦いを描く。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー VINE メンバー 投稿日 2012/3/4
形式: DVD
イラク戦争の大義となった大量破壊兵器の根拠を調べるため、ニジェールに赴いたウィルソン元大使。

彼はその証拠はない、と報告したものの、中立性を守るべき情報機関であるCIAがホワイトハウスの意向を酌んで情報を歪曲してしまう。

その後、戦争が遂に始まった。

これに抗議するため「私がニジェールで発見しなかったもの」という寄稿を新聞に行ったウィルソン元大使への報復として、国は彼の妻がCIA工作員であることを暴露してしまう。

国民に誹謗され、潰されそうになる元大使の妻ヴァレリー。果たして彼らの運命は、というストーリー。

これは国家vs個人の戦いを描き、同時にイラク戦争の大義、情報機関の問題点等を多面的に捉えた映画になっている。

映画グリーンゾーンが大量破壊兵器を発見できない現場を捉えた映画なら、こちらはワシントンでの同様の戦いを描いているものと言っていい。

同名の本も刊行されているが(検閲で黒塗りが多い)、日本では殆ど知られていない事件である。

手嶋龍一氏の「ブラックスワン降臨」でも触れられている題材であり、結果として戦争推進に与した側の日本国民としては、一見の価値はあろうと思います。

戦争はこうして始まるんだ、という好例ではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 katsuya30 VINE メンバー 投稿日 2012/11/23
形式: Blu-ray Amazonで購入
それにしてもブッシュ大統領の人相が悪いこと!
強いアメリカを体現したのは元俳優のR・レーガンだが、
少なくともレーガンはソ連と対話し、また日系人収容所に関して
も謝罪した。一見「強いアメリカ」を同じように謳ったブッシュ
だが、やっていたのはこんなインチキくさいことばかりだった・・・

イラクの大量殺人兵器っていうモノは、本日現在まだ確認されて
いない。ブッシュ本人は引退して悠々自適だが、こんな大統領が
いたのだ、というのは永久に語り継がれるだろう(悪い方でね)。

「ボーン・アイデンティティ」「Mr&Mrsスミス」などやたら
スパイものに強い(笑)D・リーマン監督は、今回実話をスリリング
に演出した。「007」みたいに車から飛び降りたりしない「本物」
の女性スパイは、あくまで良き母で、良い妻なのであった。

しかしこの夫妻が揃って「大量殺人兵器などイラクにないぞ」と
いう主張をしたら、武器コンツェルンから戦争が出来なくなることを
ブーイングされたブッシュが「完全無視」して戦争をおっぱじめた。
大東亜戦争の時代ではなく、ついこの間というのも恐ろしい。

演じるN・ワッツとS・ペンはもう何
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー VINE メンバー 投稿日 2012/3/4
形式: Blu-ray
イラク戦争の大義となった大量破壊兵器の根拠を調べるため、ニジェールに赴いたウィルソン元大使。

彼はその証拠はない、と報告したものの、中立性を守るべき情報機関であるCIAがホワイトハウスの意向を酌んで情報を歪曲してしまう。

その後、戦争が遂に始まった。

これに抗議するため「私がニジェールで発見しなかったもの」という寄稿を新聞に行ったウィルソン元大使への報復として、国は彼の妻がCIA工作員であることを暴露してしまう。

国民に誹謗され、潰されそうになる元大使の妻ヴァレリー。果たして彼らの運命は、というストーリー。

これは国家vs個人の戦いを描き、同時にイラク戦争の大義、情報機関の問題点等を多面的に捉えた映画になっている。

映画グリーンゾーンが大量破壊兵器を発見できない現場を捉えた映画なら、こちらはワシントンでの同様の戦いを描いているものと言っていい。

同名の本も刊行されているが(検閲で黒塗りが多い)、日本では殆ど知られていない事件である。

手嶋龍一氏の「ブラックスワン降臨」でも触れられている題材であり、結果として戦争推進に与した側の日本国民としては、一見の価値はあろうと思います。

戦争はこうして始まるんだ、という好例ではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kenken 投稿日 2012/9/16
形式: DVD
監督はボーン・シリーズのダグ・リーマンで、ヴァレリー・プレイムのいわゆるプレイム事件の顛末を描く。

ヴァレリー・プレイムにナオミ・ワッツ、その夫のジョー・ウィルソンをショーン・ペンが演じ、2人は"21グラム"以来、3作目の共演になる。

プレイム事件は、アメリカと連合軍のイラク侵攻への大義名分として使われた大量破壊兵器の有無を巡り、当時のブッシュ政権の中枢を直撃した一大スキャンダルで、国家の欺瞞と嘘のプロパガンダが最悪の形で露呈した事件でもある。

ウラン精鉱の、映画ではイエローケーキと呼ばれている、実際には存在しなかった売買を強引にあったものとしてしまうニジェール疑惑や、アルミのチューブをさしたる科学的な根拠もなく遠心分離目的として行く過程は、このように映像とドラマとして見せられると、その後の戦争が特に連合国軍側とイラクの民間人にも夥しい数の犠牲者を出し続けたことを思い、やはり震撼させられる。

また、映画はヴァレリー・プレイムのCIA秘密工作員としての仕事や生活ぶりなどが、007やボーン的なものとは勿論違う現実感を持って描かれており、そこが映画のもう一つの見どころになっている。

決して傑作とかそういう類のものではないジャーナリスティックな映画だが、最後のペンの講演での言葉を、たとえ相手が国家だとしても真実を求め戦いを諦めないことの勇気と重要さを体現した者の真摯な警鐘として、考えたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック