Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フィン&... がカートに入りました
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 新品同様 折れ等ございません。 クリスタルパックに入れて保管してます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィンランドのごはん (絵本 世界の食事) 大型本 – 2008/10

2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,650

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フィンランドのごはん (絵本 世界の食事)
  • +
  • ムーミンママのお料理の本
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界各国の家庭で食べられている日常的な食事を、管理栄養士の視点からわかりやすく解説しています。食事にまつわる習慣や、日本では見られないような料理道具などから、その国の文化や自然背景などがわかり、世界を見る新たな視点が養われます。その国の代表的な料理のレシピを紹介しており、実際につくることができます。フィンランドは北ヨーロッパにあり、国土の3分の1が北極圏(北緯66度33分より北)にある、寒い国です。サンタクロースが住む村があることでも知られ、サウナ発祥の国としても有名なこの国の人々は普段、どんなごはんを食べているのでしょうか。首都ヘルシンキに住む、ある一家の様子を覗いてみましょう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

銀城/康子
1956年、青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、各地の日常食調査を行なう。帰国後、病院勤務を経て、短期大学非常勤講師

萩原/亜紀子
1976年、熊本県生まれ。イラストレーター。女子美術短期大学造形科情報デザイン専攻卒業。雑誌やムック本などのイラストを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 32ページ
  • 出版社: 農山漁村文化協会 (2008/10)
  • ISBN-10: 4540081977
  • ISBN-13: 978-4540081972
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 21.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 857,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
フィンランドの料理本はあまりないので、子供用でもいいや!と購入。フィンランドの一般的な生活なども書かれていて読み物として楽しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 光が丘 投稿日 2009/2/22
形式: 大型本
フィンランドでは小麦の生産は少なく、コメも採れない。パンはライ麦の割合が多くふんわりせずどっしりしている。日常的に食べられるパンの種類も数種からなる。じゃがいもやマッシュポテトもよく食される。北極圏に近い寒冷地でもあり保存食が多い。魚類は燻製、酢漬け、塩漬け、干物に、肉類は塩漬け、乾燥肉、燻製、ハム、ソーセジ、サラミに、牛乳はチーズ、ヨーグルトに、野菜は乾燥野菜、塩漬け、酢漬け、ジャムにしたりする。
オーブンで焼く料理も多い。短い夏のお楽しみ食べ物は甘みのある野菜のサマースープ、ザリガニの塩ゆで、ベリー、キノコ。
スウェーデンとロシアに支配された歴史もあってこれらの国の料理も混じっている。
自然享受権という権利が認められていて、人家近くでなければ他人の所有する土地であっても許可なく出入りすることができ、キノコ、山菜、果実を採取したり、水浴することも可能。なにせ国土は日本の9割、その65%が森林で人口500万というゆったりした国。
白樺の利用も樹液ジュース、キシリトール、家畜の飼料などいろいろ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック