フィルターの選び方ガイド

写真撮影でワンランク高い表現力を身につけたい方へ、カメラ用交換レンズフィルターの特徴と作例をご紹介。

【ご購入の前に】レンズ側のフィルター径(φ)をしっかり確認(写真をクリックすると、拡大画像が見られます)

φ72
φ37
φ46
φ49


check

フィルターをご購入する前に確認しなければならないのが、レンズ側のフィルター適用サイズ。レンズ本体やレンズキャップに打刻・印字している【φ〇〇】(φ:ファイ)をご確認いただき、お手持ちのレンズに合うフィルターをチョイスしよう。レンズ径が小さく、適合するサイズがない場合や、より大きいフィルターを装着したい場合には、「 フィルター径変換リング 」を使い、 フィルター径を調整し、適用サイズを選びます。



『PL(偏光)フィルター』さらに美しい風景写真を撮影したい方に

PL(偏光)フィルターを使用すると、空の色を濃くしたり、山肌や建物などの色彩を非常に鮮やかにする「色彩コントラスト」効果が得られます。さらに、ガラスや水面の光の反射を除去する効果もあります。旅先などで、より美しい風景写真を撮りたい方にオススメのフィルターです。PLフィルターの使い方については「 フィルターの使い方ガイド 」でより詳しくご紹介しています。

PL(偏光)フィルターはこちら

PLフィルター使用前(海の撮影)

PLフィルター使用後(海の撮影)

色彩コントラスト上昇効果により、空と海の青がより鮮やかに表現できています。また、海面の反射を除去することで海底まで写し撮れ、より海の透明感を出せました。

PLフィルター使用前(森と空の撮影)

PLフィルター使用後(森と空の撮影)

色彩コントラスト上昇効果により、植物の緑や空の青が良く出ています。

PLフィルター使用前(ひまわり撮影)

PLフィルター使用後(ひまわり撮影)

色彩コントラスト上昇効果により、ひまわりの黄色が良く表現できています。

※撮影に使用した Kenko 偏光・PLフィルター はこちらから

『ND(減光)フィルター』動いているものをよりダイナミックに表現したい方に

晴天の日に明るすぎて絞りを開けられなかった経験をしたことはありませんか? ND(減光)フィルターを使うことで、光を減少させて絞りを開くことが可能になり、 ボケ感を出して躍動感を表現することができます。

減光・NDフィルターはこちら

NDフィルター使用前(川の流れの撮影)

NDフィルター使用後(川の流れの撮影)

フィルターをすることで晴れた日にシャッター速度を落として撮影することが可能になり、川の流れの躍動感を表現することができます。

NDフィルター使用前(滝の撮影)

NDフィルター使用後(滝の撮影)

滝のダイナミックさを表現することができます。

※撮影に使用した Kenko 減光・NDフィルター はこちらから

『ソフトフィルター』ふんわりと幻想的なイメージを創り出し、イメージを高めるフィルター

ソフトな描写を創り出すことで、人物や植物などを、より柔らかく美しく表現することができるようになります。イルミネーションなどを撮影すると、より幻想的な写真に仕上がります。

ソフトフィルターはこちら

ソフトフィルター使用前(チューリップ畑の撮影)

ソフトフィルター使用後(チューリップ畑の撮影)

夢の中のような、ファンタジックな描写ができます。

ソフトフィルター使用前(イルミネーションの撮影)

ソフトフィルター使用後(イルミネーションの撮影)

被写体の中の光を拡散させることで、イルミネーションや星空の点光源を大きく見せることができます。

※撮影に使用した Kenko ソフトフィルター はこちらから

『クロスフィルター』夜景やイルミネーションをキラキラ撮りたい方に

夜景など、輝きを演出するのに最適なフィルターです。光源の強さによってクロス効果が異なるので、ファインダーをしっかり見ながら撮影しよう。

クロスフィルターはこちら

クロスフィルター使用前(イルミネーションの撮影)

クロスフィルター使用後(イルミネーションの撮影)

イルミネーションの輝きが、より一層増します。

クロスフィルター使用前(夜景の撮影)

クロスフィルター使用後(夜景の撮影)

フィルターを使うことで、点光源からクロス効果を引だし、夜景をより美しく表現できます。

※撮影に使用した Kenko クロスフィルター はこちらから

『センターイメージフィルター』中央はハッキリ、周辺はファンタジックにぼかしたい

中央をシャープに表現し、周りはぼかして変化をつけられるフィルターです。

センターイメージフィルターはこちら

センターイメージフィルター使用前(花の撮影)

センターイメージフィルター使用後(花の撮影)

中央のピントはシャープなままで、周辺はソフトな描写が出来ます。

※撮影に使用した Kenko センターイメージフィルター はこちらから

『白黒用フィルター R72』モノクロ写真を撮影したい方に

肉眼とは異なる明暗のモノクロ映像表現が可能になるフィルターです。普通のモノクロとは異なり、デジタル一眼レフの赤外感光域を利用して手軽に赤外写真が楽しめるフィルターです。

モノクロ赤外線フィルターはこちら

R72フィルター使用前(樹木の撮影)

R72フィルター使用後(樹木の撮影)

普通のモノクロ写真とは異なり、赤外線を反射する被写体ほど白く写すことができます。

※撮影に使用した Kenko 効果用フィルター はこちらから