Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
ファンとブームの社会心理
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

ファンとブームの社会心理 [ペーパーバック]

松井 豊
5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

マスメディアが発達し、大量消費時代を経てきた現代日本では、さまざまな現象が多様な「ファン」を生み、「ブーム」を引き起こしてきた。本書では’80年代、90年代にファン層を生み、ブームを引き起こしたモノやコトを取り上げ、意識調査や記事分析などの手法により、その心理を分析した結果をわかりやすく紹介する。

内容(「MARC」データベースより)

ユーミンのファンは何にひかれている? 大相撲ブームは? など80年代、90年代にファン層を生み、ブームを引き起こしたモノやコトを取り上げ、その心理を分析した結果をわかりやすく紹介。

登録情報

  • ペーパーバック: 231ページ
  • 出版社: サイエンス社 (1994/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781907245
  • ISBN-13: 978-4781907246
  • 発売日: 1994/04
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 425,546位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星5つ
0
星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 意外とこうした著作は少ない 2011/3/22
形式:ペーパーバック
「大衆」というのは、マスメディアの誕生によって「発見」されたものである。そしてその大衆が、あるとき一挙に一つのものに押しかけることがある。それが「ブーム」である。本書、『ファンとブームの社会心理』は文字通り、ブームがどのようにして起こるのか社会心理学の観点から読み解いていく趣旨のものである。執筆陣には、特にブームに敏感な20代30代の研究者、学部生も参加している。

ブーム一般を分析するというより、今そこで起こっている具体的なブームの諸事象を個別に取り上げる形式をとっている。そのため、初版が94年の本書は、今ではきわめて古めかしい印象を与える。

目次を書きだすと…

第1章 はじめに
第2章 ユーミン現象
第3章 小田和正ファンの心理
第4章 タカラヅカファンの心理
第5章 大相撲ブーム
第6章 ラクロスブーム
第7章 女性雑誌にみる“痩せ”ブームを探る
第8章 雑誌ブームと雑誌に描かれた「若者」像
第9章 血液型ブーム
第10章 やさしさの時代
第11章 流行の心理

どうだろう、今では小田和正ブームがあったんだということに驚いてしまうが、その一方で、性格との相関性は科学的に立証されていない血液型ブー
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック