Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF Amazon MasterCard summer_Bike ギターエフェクター ProcameraStore インポートブランド腕時計&ジュエリー Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
¥ 972
通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ファウ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫) 文庫 – 1958/3/5

18件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫, 1958/3/5
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報

  • 新規ご入会で、2,000円分Amazonポイントプレゼント!:Amazon MasterCardクラシック 今すぐチェック

よく一緒に購入されている商品

  • ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)
  • +
  • ファウスト〈第二部〉 (岩波文庫)
  • +
  • 若きウェルテルの悩み (岩波文庫)
総額: ¥2,808
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ゲーテ(1749‐1832)はこの大作を24歳で書きはじめて82歳で書きおえ、83歳で没した。詩人の天才をもってしても完成に殆ど全生涯を要したのである。『ファウスト』第1部では、学問の無力に絶望した大学者ファウストが悪魔メフィストの助力を得て官能的享楽の限りをつくそうとするが、それは心清き少女グレートヘンの痛ましい悲劇におわる。

内容(「MARC」データベースより)

24歳で書き始め、死の前年、82歳で書き終えた、ゲーテの全生涯をかけた大作。絶望した大学者ファウストの悲劇とその中から生まれる人類愛という救いを描く。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 387ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1958/3/5)
  • ISBN-10: 4003240626
  • ISBN-13: 978-4003240625
  • 発売日: 1958/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,261位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

61 人中、52人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2010/11/17
海外文学は翻訳が命で、ハヤカワのミステリーやSFも訳者によって
ずいぶん印象が変わる。翻訳で損してる作品、得をしている作品様々である。
相良訳は…正直前者だった。ページをたぐる手を、時たまその不可解な翻訳で
止めさせられる事がある。
神聖ローマ帝国出身であるはずのファウスト博士が「鹿島立ち」をしたり
(言うまでも無いが、神聖ローマ帝国に鹿島神宮は無い)、
グレートヒェンがファウスト博士からの贈り物を「夏も小袖」と喜んだり
(言うまでも無いが、神聖ローマ帝国に日本ほど明確な四季も無ければ小袖という衣服も無い)、
加えて詩吟の描写とくれば古文調になったりと、あからさまにおかしい。
珍訳である。奇訳である。内容そのものはドイツ古典文学の金字塔に相応しい作品なので
どうか新潮なり集英社なり、他の訳者の手からなるものに手を出して欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 noki-noki 投稿日 2009/8/10
パラパラと見た感じで、
「戯曲だし、思ったよりも読みやすそうだな」
と甘い気持ちでした。

実際に読んでみると、感覚が一変。

言葉が難しすぎるというわけではないのに、
森の中に迷い込んだような状態に…。
(特に、ワルプルギスの夜に関して)

訳者が解説で
「読む人はただ煙にまかれて呆然とするおそれがある」
と書いていますが、全くその通りでした。

頭脳明晰で、教養のある方々には、
文句無く素晴らしい作品なのでしょうが、
無教養の私程度のものには、
ついていける作品ではありませんでした。

この名作を味わいきれる自信の無い方は、まず解説を読んで、
大まかなストーリーを頭に入れた上で読むことをおすすめします。

そうすることで、少しは迷いにくくなるでしょう。

個人的な評価としては、星3つとさせていただきました。
(20年後くらいに読めばもう少し良さがわかるかもしれません…)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
33 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 三流の骨太 投稿日 2004/1/16
ゲーテは二百年くらい前の作家であり、ベートーヴェンやナポレオンと同じく、写真発明前夜に活躍していた。
「ウェルテル」とは違って、「ファウスト」は積極的に物事に挑んでいく姿勢を持っている。ファウスト自身の欲望は次々と悪魔メフィストフェレスによって具現化されていくが、なかなか満ち足りることがない。
第一部は、ファウストとグレートフェンの愛を巡る悲劇であるから、割と読みやすい。(第二部以降は西洋文化に精通していないと難しいと思われる。)第一部だけ読むだけでも、様々なことに対する考え方や見方が違ってくると思う。
文庫では、新潮でも出ているし、森鴎外全集の一冊としても出ている。甲乙は付け難いが、森鴎外だと第一部第二部とが一緒になっているので、分厚くて読みにくい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kppk05 投稿日 2010/5/12
Amazonで購入
天才ゲーテの代表作。
20代の頃から構想を始め、できあがったのが80歳というライフワーク的作品。
全体は2部構成だが、この1部だけでも出来上がったのは50代だったそう。

世の中の真理を知ろうとあらゆる学問を極めたが結局自身を満足させるには至らず、絶望したファウスト博士のもとに悪魔がやってきて、ファウスト博士を満足させられるか掛けをする話。

全編を通して、話の内容が分かりずらい部分が多い作品だけれど、
1部は恋愛の話で終わるので、誰が読んでもそれなりに分かりやすい内容だと思う。
ゲーテの作品は何でもそうだけど、取り扱う題材が素晴らしく、この作品も自分とオーバーラップするところが多くて心が動かされる。

また、他の作品と同様に表現が美しい。
この美しさはゲーテならではだと思う。
いかなる作家でもこんなに美しく描けないと思うくらい美しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/29
それ自身が既に降霊術の呪文のような、深遠で謎めいた長い前口上。そして現れるのは老博士の書斎。脚本という形式を取る事で、私達はゲーテ自身のト書きを通し場面をヴィジュアルに思い浮かべる事ができる。魔法陣の中と外の駆け引き、メフィストフェーレスの自在な変身など、言葉にされると多分救いようもなく陳腐な表現になってしまうだろう。だから、この戯曲が上演可能か不可能かは本質的な問題ではない。動員しうる全ての想像力を刺激して訴えかけてくる、ヴァーチャルな総合芸術。文豪をして数十年の歳月を要した超大作に、あなたはどの様に打たれるか?また、シューベルトやリスト、マーラー、手塚治虫などの、この作品に触発された創作に手を伸ばしてみるのも面白い体験かも知れない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック