中古品:
¥ 3,000
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふくや本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケットに若干ヤケがございますが、他は概ね良好なコンディションです。本商品はAmazonより発送されます。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,000
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ピンポン [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオピンポンを今すぐ観る ¥ 300 より


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 窪塚洋介, 中村獅童, 竹中直人
  • 監督: 曽利文彦
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • DVD発売日: 2006/10/20
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (24件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B000IU39X2
  • EAN: 4988126204198
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 94,938位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   『青い春』に続き、若者たちのカリスマ松本大洋の人気コミックを映画化した青春スポーツ映画。高校卓球を舞台に、卓球のナンバー1をめざすペコ(窪塚洋介)と、実力と可能性を秘めながらもペコの背中だけを見続けようとするスマイル(ARATA)など、5人の若者たちの青春像を繊細に、そして卓球シーンはCGを巧みに取り入れながらつづっていく。
   男なら誰しも経験ある、身近な者をヒーローと仰ぎみる心境を見事に描ききった秀作。現代の低温的平常心と時代劇的熱血スポ根の対比と対決を、ギャグではなくあくまでも真摯(しんし)なダイナミズムとして活写し得ているのもいい。また、勝者のみならず敗者の挫折や諦念までもがさりげなく描かれている。
   監督はハリウッドで『タイタニック』のCGクリエイトに参加した実績をもつ曽利文彦。脚本は『GO』などで人気の宮藤官九郎。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松本大洋の原作を宮藤官九郎脚本、窪塚洋介主演で映画化した青春ドラマが低価格で登場。卓球に青春をかける高校生の熱い闘いを爽やかに描く。[期間限定特価]日本映画 今だけ 30%OFF”。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 禁煙中 投稿日 2007/1/13
形式: DVD
最後の試合の結果を、記念写真で見せるところはなんとも粋だなぁと思いました。そして、いろいろな形でピンポンにささげた人生の結果がその写真にこめられていて、3人皆がすごくいい顔をしているのが印象に残りました。途中までちょっと微妙かなぁという感じで見ていましたが、後半の展開でどんどん引き込まれラストの感動へとつながる作品でした。個性的な出演者たちがピンポンを通じてさまざまな登場人物の人生ドラマを描いたとても面白い作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ミヲ 投稿日 2008/2/21
形式: DVD
5年以上前に見た作品を今見返しても、 全然古びてなくてビックリしました。

ストーリーもキャストも最高です。
発作的に見たくなって買いましたが正解でした。

役者さんたちの熱演にただただ圧倒されます。
大人計画好きとしては、松尾さんの警官(若い!)荒川さんのキャプテン太田、そして近藤さんも出てたんですね!
そしてもちろん宮籐さんの脚本も予想以上に良かった。

窪塚さん、最近見ませんが、是非また復活して欲しいですね。

久々にストレートに感動しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビル=デンブロウ 投稿日 2006/12/31
形式: DVD
窪塚洋介演じるペコのエキセントリックな演技は好き嫌いの分かれるところだと思いますが、幼馴染に敗北した事から立ち上がろうとするペコの姿と強さを身につけ成長していくスマイルの姿、そして彼らの互いを信じる友情は単なるスポコンドラマの領域を超えて、見るものをひきつける。特にラストのインターハイ決勝戦で打ち合う互いの姿が、幼年期の卓球を打ち合う姿と重なり、あまりにも美しい。そして彼らをコーチするくわえタバコの夏木マリと中途半端な英語を使う竹中直人がそれぞれいい味を出しています。自分にもこんな青春時代がほしかった。そして個人的には江ノ電鎌倉高校駅前等、美しい鎌倉や江ノ島の姿が映画の中で描写されていて、何度見ても感動します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 世界征服 投稿日 2006/12/2
形式: DVD
な〜にも考えずに観れる作品。随所に響くサウンドもnice choiceだ!僕的には、スーパーカーが好きなので、橋の上から飛び降りる時の"free your soul"や、スパイクを連打で打ち込む時の"strobolights"なんかは最高に素敵! 窪塚自身も大好きだが、ここでは何かと世間を騒がせている、中村獅童の演技にも注目したい。スキンヘッドのツルツル頭で、窪塚(ヒーロー)と打ち合う場面は、最高にジ〜ンとくる。スマイルのティーチャー役の竹中直人も、微妙な英語を使って、実に面白い。ヒーローの育て親、夏木マリのタバコをふかす、その演技も見もの。とにかく何度観てもいい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Writing 投稿日 2008/7/8
形式: DVD
『だせぇから一度しか言わねぇぞ。血反吐吐くまで走りこめ。血便出るまで素振りしろ。いまよりちったぁラクになんだろ』アクマに挫折から立ち直れずに自堕落な毎日を過ごすペコに送ったこの言葉・・・いつ聞いても胸を熱くさせる。

他にも監督自体が告白すると通り、一番撮りたかった絵がいきなり冒頭のスーパーカーの曲に突入する直前のCGに反映さているとおり、役者だけでなく作り手の手法にも興味がわくDVD特典あり。最初窪塚くんにはスマイルの役をと思っていた監督の話はおもしろい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lucky_boy 投稿日 2008/12/6
形式: DVD
個人的には、ペコとスマイルの友情が凄く好きです。
とび抜けて真っ直ぐなペコと、何事にクールなスマイル。正反対の性格が噛み合い、付き合いも長いせいか、当たり前のようにお互いが、お互いを信じあい、理解しあっている。その様子が、2人の会話の中から伝わってきます。
忘れてはいけないのが音楽。卓球のリズムに寄り添い、盛り上げる、スーパーカーさん等の音楽。卓球と音楽がこれまで合うとは思いませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mutantmogura 投稿日 2012/9/8
形式: DVD
この映画を劇場で見てから、もう10年も前になるのか。
まだ窪塚がマンションからダイブもしないときだし、ARATAだって若かった。
そしてこの映画から、中村獅童、大倉孝二、荒川良々なんがかメジャーになっていった。
なにより、青春のストイックさが前面にでていて、非常に感動したことを覚えている。
青春ものにありがちな恋愛要素なんて、これっぽっちもないんだからね。
ひたすら卓球に青春をかけた男たちの栄光と挫折を描いた物語なのだ。

主役はもちろんペコなのだが、やはり本作はストイックな天才であるスマイルの物語だろう。
その実力はペコをもしのぐし、しかしプレースタイルはカットマンという忍耐を信条としたものである、という設定がまた良い。
ペコとスマイルの友情というか、ある意味では愛情とも受け取れる絆は、お互いを信頼しているからこそのものである。
そしてスマイルがいつも持っているルービックキューブが、最後に6面そろう。
そこでヒーロー見参となる。

ドラゴン風間もまた、卓球に魅入られたひとりであり、実に梶原一騎ばりのスタイルで卓球に打ち込むという、卓球バカのひとりである。
また、竹中バタフライジョーはコメディリリーフでありながらも、また卓球バカのひとりとしてス
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック