Amazon Kindleでは、 ヒンシュクの達人(小学館新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 756
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヒンシ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヒンシュクの達人 (小学館新書) 単行本 – 2013/12/2


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ヒンシュクの達人 (小学館新書) + 全思考 (幻冬舎文庫) + 間抜けの構造 (新潮新書)
合計価格: ¥ 1,984

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

政治家やタレント、ネットでつぶやく一般人に至るまで、世間は不用意な失言で顰蹙を買うヤツばかり。その点、この男はひと味違う。ヒヤヒヤものの毒舌をマシンガンのように繰り出しつつも、その言葉は常に人々を頷かせる説得力を持っている。悪口・暴言も言い方ひとつで武器になる―。天才・ビートたけしが、自らの死生観や芸人論を交えながら「顰蹙の買い方」の極意を語る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ビートたけし
1947年東京都足立区生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後、テレビ、ラジオのほか映画や出版でも才能を発揮し、世界的な名声を得る。97年『HANA‐BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞、『座頭市』で同映画祭監督賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098251922
  • ISBN-13: 978-4098251926
  • 発売日: 2013/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 42,191位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

35 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 INAVI トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/12/7
形式: 単行本
本書は、著者が長年続ける名物週刊誌連載からヨリスグリを集めた一冊。

連載当初の頃は、たけしの代名詞といえば「毒舌」だった。ホンワカした笑いが主流で、世相批判も庶民からオカミに向けられたものだった中で、たけしが客の側にも向けた毒舌は、世の良識派を激昂させたし、故に若者は信者となったし、古い漫才はMANZAIへ変わった。世間が無批判なままに受容する価値観を破壊する者、それがたけしの蹴り出しだった。

彼自身がお笑い業界の中で現役世代のカリスマの座に奉られ、映画のみならず文化人として政府からご意見を伺われる立場となったたけしだが、必死でそれに抗おうと被りモノを愛し、本連載を止めずにいる。道化であることを自覚し道化として振る舞うことで、単なる不満や悪口つまりヒンシュクを買うだけのダメな言葉が、一転して世に共感を呼ぶ鋭い意見となる。この点で、現役の毒舌芸人より、やはり達人たけしはずっと上だ。(そして、達人たけしの対極にいるダメなのが、実は空虚で何の足しにもならないご高説をもっともらしく語るコメンテーターや識者やキャスターなんだろう。)

本書の内容は時事ネタが基本なので、今になると少し古びていたり、紋切型の回もままあるが、個々のテーマに関する世に蔓延る正論・世論とたけし流のヒンシュクネタを対比することで、自身の考えをブラシアップす
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Hanako & Ann トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/1/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
ビートたけしさんが週刊誌に毎週掲載しているコーナーを、一冊の本にするためにかなり加筆・修正して出版されたということですが、まあ最初の「政治家は『顰蹙(ヒンシュク)の買い方』を知らない」からとても面白い展開になっています。

このコーナーで最初に「ニッポンの社会は建前ばかりで成り立っている」というたけしさんの持論を展開していますが、なるほど「容疑者はわいせつな行為をしたかったと供述しており…」なんて訳の分からない表現を使うニッポンの社会を指摘して「セックスしたかった」「アソコを見たかった」というような直接的な表現をすると引いてしまうし、格好の標的にされてしまう…といった話を展開しています。

そこで登場するのが橋下徹さん。「慰安婦は必要だった」発言で正面から突っ込んでしまった橋下徹さんを「建前で成り立っている所に直球勝負、しかも下半身のネタに手を出したことに『品がない』『他人の機微が分かっていない』」と揶揄されています。大阪で助成金対象から外される可能性のある古典芸能の文楽もそうですが、たけしさん曰く「橋下徹さんに欠けているのはニッポン文化、もっと勉強しなさい。」とバッサリ。ここらへんの書き方・表現の仕方にたけしさん独特の感受性が描かれていて「ああ、面白いなあ!」と感じる訳であります。

こういう話から、「震災以来、生き方と
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2013/12/7
形式: 単行本
週刊誌の連載を書籍化した内容。
従って、時事ネタが多く非常に面白い。
しかも、毎度世の中の出来事に対して、鋭く、かつユーモア溢れる発想は天才的。
政治の問題に止まらず、いじめや生活保護の不正受給など、世の関心の高いものが各章のテーマ。
いつも購入日に必ずその日一気に読了させる面白さ。
ビートたけしは、人間性やその感性、発想力、バランス力において天才だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 るなぴー 投稿日 2014/3/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
いつもの会話口調の文章で読みやすく面白いと思います。
ただ、本のタイトルのヒンシュクについては最初頃だけで、いつの間にかそのタイトルからは外れてしまいます。
最近の面白かったことや、政治や芸能界など、タケシが思っていることなどになっています。
それでも面白いからいいとは思いますが、ヒンシュクについての本ではありませんので。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 中池 勉 投稿日 2014/3/22
形式: 単行本 Amazonで購入
たけしの本が好きになりました。子どものころから、たけしの漫才をみていて、大人になって本を読んでいることが、不思議です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 keke 投稿日 2014/3/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
目から鱗・・・的な感覚で、読ませていただきました。

あまり詳細は書けませんが、
第1章 政治家は『顰蹙(ヒンシュク)の買い方』を知らない・・・
この章だけでも、なるほど!と思わされました。
芸人さんたちが、お客さんの反応を見ながら芸を披露しているのに対して、
政治家は国民や世界の感情おかまいなしの言動。
それがヒンシュクなんですね。
自分の思いや信念を貫くことは大事ですが、
方法や手段を考えていただけると『悪口や暴言』ではなく、
『武器』となると、この本で知りました。
自分も相手の反応を考えながら、行動しなければ・・・と思いました。

最後の章は、ある意味たけしさんらしいもので、
顔をゆがめて笑ってしまいましたけどね・・・。

でも、苦手な『たけし映画』も、もう一度観てみようかなと思いました。
ぜひぜひ、一読おすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック