¥ 1,512
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
パーマ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パーマン 1 (藤子・F・不二雄大全集) コミック – 2009/7/24


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 414


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

パーマン 1 (藤子・F・不二雄大全集) + パーマン 2(藤子・F・不二雄大全集) + パーマン 3 (藤子・F・不二雄大全集)
合計価格: ¥ 4,428

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

出版社からのコメント

マスクをかぶれば、6600倍の力を発揮し、マントをはおれば時速129キロで飛ぶことができるぼくらのヒーロー、パーマンが大活躍する活劇コメディー!! --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。

登録情報

  • コミック: 352ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/7/24)
  • ISBN-10: 4091434010
  • ISBN-13: 978-4091434012
  • 発売日: 2009/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yastartrek VINE メンバー 投稿日 2009/8/23
形式: コミック
 藤子・F・不二雄大全集・パーマン編第1巻は、少年サンデー編1として、24本収録です。そのうち7本は、少なくともてんとう虫コミック版未収録作品です。その内訳は、「コピーロボットの逆襲」・「砂漠のジン魔神」・「にせ者パーマン」・「故障したコピーロボット」・「牧場をとりもどせ」・「毒ガス密輸団」・「コピーロボットの反乱」となっています。特にコピーロボットファン(?)の方は必読だと思います。この7本は全くの初見だったので、(その出来はともかく)凄く新鮮で楽しめました。他にも、「パーマン誕生」や「はじめましてパー子です」・「パーマン全員集合!!」・「怪人千面相」などの傑作も収録されています。24本もまとめて読めるのは、やはり大全集ならではではないでしょうか。
 なお、巻末には、パーマン誕生の冒頭の別バージョンなどが掲載されているほか、F先生の「あとがき」とアニメ版パーマン1号の声を担当されている三輪勝恵さんの談話が収録されています。特に三輪さんの談話では、F先生との思い出や1号の演技への取り組み方などが含まれており興味深かったです。
 なお、綴じ込みの月報によると、2巻は少年サンデー編2としてパーマン5号メイン2話とサンデー編最終回「スーパー星への道」が収録されるそうです。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
50 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 月代 投稿日 2009/7/27
形式: コミック
今回の全集は連載順雑誌別に収録されるので、パーマンもそれまで設定が統一されていた時速119kmやバードマンの名称も旧連載当時の時速91km、スーパーマンに戻されました。しかし残念なことに正体がばれたら脳細胞を破壊するという設定は元に戻されなかったため、辻褄の合わない場面、台詞は違和感の残ったままとなってしまいました。
今回刊行は非常に喜ばしいことですが、パーマンに関しては中途半端になってしまい残念でした。もう少し柔軟に対応出来なかったのかなと思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
51 人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Yuuki_h 投稿日 2009/8/21
形式: コミック
パーマンで一番記憶に残っているのはやはり、他人にばれると「パーにされる」
と言うあの頃ではありきたりなものだった。「動物に変換される」ではやはり納得がいかない。子供の頃読んだ物を勝手に変えられるのは、子供の頃普通に使ってた表現を勝手に否定されるのは本当に悲しい。だいたいこう変えてしまっては「パーにされる」事が「動物に変換される」事よりも悪く悲惨な事だと言っているのと同じではないでしょうか? かかれた時代によって色々な表現方法があるのです。それをいま、どうのこうの言われるからと今の基準にすべて変えていく事の方が、おかしい事に早く気づいて欲しい物です。台詞は完全なオリジナルである事に価値があるのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジェーニオ トップ500レビュアー 投稿日 2014/7/18
形式: コミック
アニメは昔見ていた記憶があるのですが、漫画の方を読んだことがなかったので、この機会に全部読んでみました。

コマ割りだったり、台詞回し、ひらがなの使い方なんてのが、非常に古さを感じますが、やはりり藤子不二雄の漫画って安定して面白いです。

ドラえもんは1969年連載開始で、このパーマンの第2期が1983年連載開始なので、パーマンの方がだいぶ新しいのですが、この単行本の3巻途中までは、この第1期パーマンが収録されていて、作風やコマ割り、台詞回しがかなり古いのがわかりました。

途中から第2期パーマンになり、明らかに絵柄や話の構成が進化していて、そういった見比べも面白い部分でした。子供向けでありながら、いい話なんかが入るようになってきて、話としてもかなり面白くなりました。

子供の頃は誰しもドラえもんの道具に憧れたものですが、このコピーロボットも憧れますね。

鼻を押せばその人になり、自分をコピーした場合、あとでおでこを合わせれば、それまでに経験したことを共有出来るという夢機能。勉強は別の箇所をやれば効率2倍ですし、仕事なんかだと1日おきに出社すればいいんですもんね。未だに羨ましい道具です。

今発売されているパーマンの漫画は、第1期の1969年版と第2期の1983年
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: コミック Amazonで購入
Very useful to boost up my Japanese learning!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック