Amazon Kindleでは、 パンツブレイカーG (一迅社文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 669
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

パンツブレイカーG (一迅社文庫) 文庫 – 2012/5/19


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

パンツブレイカーG (一迅社文庫) + パンツブレイカー (一迅社文庫) + 覚えてないけど、キミが好き (一迅社文庫)
合計価格: ¥ 1,995

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

影那を狙った敵対組織の襲撃を“パンツブレイカー”の秘められた力を解放し阻止した正幸。学園に平穏を取り戻したかに思えたが、正幸に敵意を剥き出しにする少女・野田雨音が現れる。そんなおり、“パンツブレイカー”の研究のため、影那が南の島での実験を兼ねた旅行に誘ってきて…。ノーパン異能学園ラブコメまさかの第2弾。

登録情報

  • 文庫: 269ページ
  • 出版社: 一迅社 (2012/5/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758043213
  • ISBN-13: 978-4758043212
  • 発売日: 2012/5/19
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 316,901位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ヤボ夫 トップ500レビュアー 投稿日 2012/5/20
形式: 文庫
おバカなネタと重厚な人間ドラマのギャップが凄いシリーズの第二巻です
今巻は正幸と美幸、汐兄妹の関係がメインですが、これが半端じゃない

前巻では「人込みに入っていけない兄に弁当を届ける為衆人環視の中でパンツを脱ぐ」という健気な部分を見せていた妹の美幸ですが
今巻ではそういったネタを混ぜず、よりストレートな方向で兄・正幸に寄せる信頼感を見せてくれます
自分の意志とは無関係に発動する能力のお陰で人に迷惑をかけてしまうが「言い訳だけはしない生き方」を貫く事で誤解を受けやすい兄をフォローするために
恨みを抱える人間の元に赴いて「自分は兄を信頼しているから」という想いを伝える事で相手の凍てついた感情を溶かしたり出来すぎた妹ぶりを発揮しています

で、それだけの信頼を寄せられる兄の正幸がこれまた凄い。
今回も大ピンチに陥るのですが、赤の他人のためなら土下座してでも逃げる事を許してもらいたい程の危険が目の前に迫りながら
「どんなに惨めで情けない思いをしても美幸は自分を信じてくれる。だから自分は妹の目の前で信頼を裏切るような真似だけはできない」
などと男前すぎる理由で命の危険に身を曝しています

このシリーズ、中途半端な超能力と「そんな能力が実在したら何が起きるか?」「
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Coulomb 投稿日 2012/5/20
形式: 文庫
新キャラ、野田雨音・丸山香奈子を加えての2巻。
コメディとギャグとラブコメのバランスが素晴らしく、
すべてのキャラが個性と信念を持って行動しています。
今回は特にプロローグが秀逸でしたね。
クライマックスに上手くつなげており、不覚にも涙腺が緩みました。

是非続刊を出してもらいたいのですが、なぜか作者様はあまりノリ気でない?様子。
個人的に最もおすすめしたいラノベの一つなので、続けていただきたい。
三巻のタイトルも気になりますし(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 親カッパ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/16
形式: 文庫 Amazonで購入
なぜか、自分のまわりのパンツを消してしまう能力をもった主人公を扱ったラノベ

たしか前作はこの出版社のコンテスト受賞作品で、こんな
ばからしい設定の続編はでないんだろうなぁと思っていたらでましたね
の作品になります。

まぁ、設定がラノベらしいと言うか、自分のまわりのパンツ(自分を含む)
を自分の意志と関係なく消してしまう、どうしようもない能力の
男子高校生が主人公です。このいらない能力のおかげで学校からは
つまはじきに合うは、家族は転々としなきゃいけないというのが
前巻の話しで、この巻はそんな変な能力を持った人を集めた
隔離された中高でのできごとになっています。

この号では、この能力の限界をためすべく南の島に行きます。
彼以外は妹も含めてすてきな女の子なので、一種ハーレムラノベ
みたいですが、この残念な能力のおかげでエッチラノベな
雰囲気も出ています。

基本的には楽しめるラノベに仕上がっているのですが、
主人公の苦悩あり、妹の深い思いやりありの構成には
なっています。が、さすがにベテランの作家でないので雑ですね

続編が出るかどうかは微妙ですが(個人的には設定
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック