Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
パンツの面目ふんどしの沽券
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

パンツの面目ふんどしの沽券 [単行本]

米原 万里
5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ふんどしは日本男児の専売特許か?イエス・キリストの下着は腰巻きかパンツか。天地がひっくり返る、禁断のエッセイ。

内容(「MARC」データベースより)

ふんどしは日本男児の専売特許か。イエス・キリストの下着は腰巻きか、パンツか。人類史最大の謎(タブー)に挑む。天地がひっくり返る、禁断のエッセイ。『ちくま』2001年8月号~2003年7月号連載を単行本化。

登録情報

  • 単行本: 242ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/6/24)
  • ISBN-10: 4480816399
  • ISBN-13: 978-4480816399
  • 発売日: 2005/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 518,731位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 浅瀬で遊ぶのもまたよし 2005/11/16
形式:単行本
PR誌「ちくま」連載中から単行本化を楽しみにしていた本です。個人的にこうしたトリビアな知識をまじめに論じるエッセイが好きで、この本にもいろいろな収穫がありました。ただ、毎月の展開を楽しみにちょこちょこ読むにはよかったけれど、こうしてまとまったものを読んでみると、著者自らがあとがきでも言い訳をしているように、「大海に乗り出していくものの、燃料も航海技術も足らないことが判明して、浅瀬でぱしゃぱしゃと水を掻いただけで引き返してくる」という印象は否めないでしょう。
でも、米原さんが興味・関心の赴くままに資料を集めひもとく過程をみせてもらうのはやはりおもしろい! 得意のロシアにとどまらずヨーロッパ、聖書や日本古典まであたってパンツやふんどしの世界の奥深さを垣間見せてくれた功績は大きいと思います。浅瀬や岩場にあるめずらしい貝やおもしろい魚をみせてくれることだって大切です。この本を入り口にして、人類学・民族学・服飾文化史を志す人もでるはずです。
納得がいかないながらも個人的事情で出版に踏み切った由、後進のための肥やしだのフンドシ担ぎなどとおっしゃらず、さらに考察を深められ、いつの日かぜひ改訂版、新版を! 希望をこめて。
このレビューは参考になりましたか?
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 中途半端が残念 2005/8/17
形式:単行本
私は米原万里と岸田秀の著作を除いて新刊書は購入しない(一昔前には、これに上野千鶴子が加わっていた)。米原万里の物事の切り口、語り口、そして何よりも独特のひねりの利いた文明批評眼が気に入っているからだ。
そういう観点から判断すると、著者自身が「あとがき」に書いているように、本作はいささか中途半端ではないか。まず、彼女が「下着論」を書いたとしても、彼女を知る読者なら誰一人意外には思わないというハンディがある。これをはねのけて「笑わせる」にはかなりの筆力を要する。
第二に、「笑ってもらおうとは思わない」服飾文化論の著作だったとした場合はどうか。イエスが陰部を何物かで覆い隠していたのか、いなかったのか、それだけを取ってみても、いかにも踏み込み不足で、不完全燃焼は明らかである。紀元前後のパレスチナの衣料事情について、百科事典をちょっとめくった程度で、まともな論考が出来るはずはないからである。
他人の著作からの引用をタダ漫然と並べ立てて、おもしろいでしょ?といわれても、「魔女の1ダース」「真昼の星空」等々の傑作を知っている信奉者としては、満足も納得も行かない。出来の悪い大学生の卒論を読まされているようで、がっかりしたと感じている愛読者は私だけではないと思う。
彼女の書くものに常にあった絶妙の「落ち」が、本作では全くと言っていいほど欠落若しくは不発に終わっ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 下半身を覆う布にまつわるお話 2005/8/4
形式:単行本
いや~凄い本だ!
下半身を覆う布に関してここまで書けるとは。
引用している文献は「聖書」にはじまり「古事記」「罪と罰」「アンネの日記」等々おびただしい。
著者のソ連での生活経験からソ連にまつわる話が多い。
下品な下ネタ話ではなく、非常にアカデミックな(と思う)エッセイ。
戦後のドイツで、ソ連人将校の妻達は綺麗なレースや刺繍がついたパンツやブラジャーが下着とは思っていなかったためモロ下着姿で街を歩いていた。とか。
キリストがつけていた下着は一枚の葉っぱではなくて。
イチジクの葉をつづり合わせたものだった。とか。
知っていて役にたつかどうかはわからないけど。
面白いので読みましょう(笑)
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 死を悼む 2005/11/2
形式:単行本
サンデー毎日のコラム、週刊誌の書評、書籍と追っかけファンです。
でも本書でおもしろかったのは、手作りパンツのところだけで、
あとははっきりいって、興味がありませんでした。
いつものような迫力が感じられなかったのです。
特異な経歴を生かし、小説、一般評論、政治批評を
やはり書いてほしいです。これはラブコールですから。

ところが、06年5月25日に亡くなられてしまった。
強烈な小泉首相批判がちりばめてあった新書を最後に読んだが
いつもアドレナリンが噴出しているような体質の彼女ゆえ
死期が早まったのか。論客としてまだまだかいてほしかった。
残念だ。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 興味津々、秘められた好奇心 2006/9/14
形式:単行本
文化人類学者の真面目で小難しい理屈っぽい本ではなく、一般の人が感じる素朴な疑問に応えてくれたり、眼からうろこのさまざまな知識を与えてくれる一冊です。

昔の人は「お月様」の時どうしていたのかな?という疑問を長年持っていたものの調べ方もわからないし、誰にも聞けなかったのですがこの本で謎がとけました。

あとがきを見て、米原さんが自分に残された時間が少ないのを知っていたことがわかりました。そんな中でまさしく最後のテーマとして取り組んだのがパンツであったり、ジョークであったり、

米原さんらしいな、と思います。
このレビューは参考になりましたか?
ARRAY(0xa9eb1828)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック