Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
パンの文化史 (朝日選書 (592))
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

パンの文化史 (朝日選書 (592)) [単行本]

舟田 詠子
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。


フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
単行本 --  
文庫 ¥ 1,242  

キャンペーンおよび追加情報


この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

五千年以上に及ぶ食パン文化の実像を求めて、中東へ、ヨーロッパへ向かった研究家が得たものは何か。貴重な図版写真を多数収録。人とパンとの長い関わりを探る。

登録情報

  • 単行本: 314ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (1998/01)
  • ISBN-10: 4022596929
  • ISBN-13: 978-4022596925
  • 発売日: 1998/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (11件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 465,862位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 yang-wenli
形式:単行本
パンというと欧米というイメージを浮かべるかもしれないが、ユーラシア大陸
ではその大半がパン食地帯なのだ。
そもそも文明発祥の地とされるメソポタミアで農業が始まって麦を育てるようになり、そしてパンを作るようになったのだ。
パンは人類史にとっても重要な食べ物なのだ。
それが、ヨーロッパでどのような発達をとげていくのか・・・
身近なようで知らないパンの歴史がよく分かる1冊です。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 shinwa20
形式:単行本
読めば読むほどすごい本だと思う。著者自身もあとがきの冒頭で「多岐にわたり」と書いているように、広範囲で深い。文節各すら出展が明示されている。明細な目次と、辞書もどきの詳細な索引すらついている。全ての論旨には明瞭な裏書がされていて、検証が可能となっている。この本一冊で、複数の博士号を取れるのではないかと思われるほどだ。詳細で重厚な論文でありながら、平易で明るい旅行記を読むような楽しい探求を追体験させてもらえるのは、著者の尋常でない能力だと驚嘆する。「パン」をキーワードとした文化人類学論文集を一人で書き上げてしまったようなものではないかとすら思う。軽妙な朝日選書というソフトカバーの体裁で「パンの文化史」という軽く見える表題のため損をしているとみるか?否、得をしているとみるか、、
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 奥が深いパンの文明史 2014/1/13
投稿者 ねっとてんぐ
形式:文庫
 本書のパンの定義は「素材は火を通していない生の穀物。それを砕いたり、すりつぶしたり、ついたり、挽いたりして、ともかく粉にする。これを水でこねて焼いた固形物」です。この定義によるとパンは実に幅広いヴァリエーションがある。イースト発酵させた白パン、ライ麦の黒パン、トウモロコシから作るトルティーヤはおろか、クレープ、春巻きの皮までパンだというのです。炭水化物の摂取をパンに依存する粉食文化圏の広がりはユーラシア大陸全域を覆い、アフリカや新大陸に及んで、じつに多様な食文化複合体を作り上げている。

 私たち日本人が主食とする米は、煮れば食べられるという、いたってシンプルで効率的な食料。それに比べるとパンは脱穀してから焼くまで複雑な工程をふまねばならず、道具立ても大がかり。そのため粉食文化圏の人々は、おいしいパンを食べるのにいろいろな工夫をかさねてきました。パン自体はメソポタミア文明のころからあったのですが、オーブンがない。だから最初のうちは灰にうずめて焼いたり、壺に入れて焼いたり。石焼かまどができたのはようやくローマ時代になってからのこと。これが完成するとパン焼き作業の基本パターンは変わらず、20世紀に電気オーブンが普及するまで、パン焼きの技術は家庭の主婦によって綿々と受け継がれてきました。
 著者はその技が残るオーストリアやチロルの山奥の農家にホームステイし
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 生活に密着した主食 2012/9/19
形式:単行本
ヨーロッパでは当然のことながら主食である、パンは。

作りたてに価値があり。あとは劣化をたどる我が国のおやつのようなパンや
お惣菜のようなパンや
見た目がかわいいだけのパンに囲まれていると
決して見えないパンの姿だが

この本を読むと
貧富の象徴の白パン(ハイジの白パンなどと安易な名前が恥ずかしくなる・・・)や
家庭の窯で火事が起きるので
広場で集団で焼いていた話
窯によって癖があるので
パンの作り方は義理母が嫁に継がれていく事情などなど詳しい。
作者は日本人。

ドイツ語でも書かれている。
こちらの本はカラーで写真が美しい。
内容は全然別のものだが
現地のレビューで
今までになかったパンの本で
文化が違うのに
これだけの内容とは!!
と、
「これを書いたのは日本人だよ。」
と脱帽、絶賛の評価だった。

これを読んでいると
パンの文化がよくわかると共に
歴史の背景が見えてくる。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 よくまとまった良い本です。 2009/11/9
投稿者 Amazon Customer
形式:単行本|Amazonで購入
パンの歴史について、紀元前から現在に至るまで、著者のフィールドワークを元に書かれており、引用文献も膨大である。
内容も平易であるが非常に説得力があり、文化人類学や、このジャンルに興味があれば必読。
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 あるふぁ123
形式:単行本
見た目は地味、タイトルも地味。

でも、中身は素晴らしい。

語り口は柔らかく、視点は庶民的。
しかし、基礎資料に深く、広くあたっているのがわかる。
著者は「なぜ?どうして?」という強い知的好奇心で
どこまでもパンの出生を追跡してゆく。
読者は、著者のパンを追う知的冒険にあっという間に、
引き込まれてしまう。
久々に、充実感のある読後となった。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック