通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ABE屋BOOK
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常使用による若干の使用感はありますが、良好なコンディションです。アマゾンより迅速に出荷させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス) コミック – 2005/3/30

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)
  • +
  • バンビ~ノ! (2) (ビッグコミックス)
  • +
  • バンビ~ノ! (3) (ビッグコミックス)
総額: ¥1,635
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

▼第1話/アッチェンデレ(点火)▼第2話/ブロード(煮出し汁)▼第3話/スルピアット(皿の上)▼第4話/トリターレ(みじん切りにする)▼第5話/ラーファノ(西洋わさび)▼第6話/スコッタータ(湯通しする)▼第7話/ズブッチャーレ(皮をむく)▼第8話/ジョルノ ディ キウズーラ(定休日)▼第9話/マンテカーレ(こねる)●主な登場人物/伴省吾(福岡の大学生。市内のイタリアン・レストランでバイトしつつ調理免許もとったが、ヘルプに来た東京の店でコテンパンに)●あらすじ/伴省吾は、福岡市内のイタリアンレストラン「サンマルツァーノ」でアルバイトしつつ調理免許もとって、将来は恋人・恵理と店を持つことを漠然と夢見る大学3年生。ある日、店のオーナーから、彼の弟分がオーナーシェフを務める東京・六本木の店へのヘルプを勧められる。だが、その調理場のペースに全くついていけず、皿洗いに回されてしまい…(第1話)。●本巻の特徴/少々手が遅くても、味なら負けない…と、地元でメインだった誇りをかけて臨んだブロード(煮出し汁)作り。だが、それにも失敗した省吾は、先輩の香取から散々に殴られた挙げ句、"バンビーノ(ガキンチョ)"呼ばわりされてしまう。実力派作家が描くイタリアン厨房ドラマ第1集。●その他の登場人物/高橋恵理(福岡に住む伴の恋人)、六本木「バッカナーレ」の人々:宍戸鉄幹(オーナーシェフ)、美幸(支配人)、与那嶺(給仕長)、桑原敦(副料理長)、香取望(パスタ場担当)、日々野あすか(アンティパスト)、妹尾雅司(先輩の見習い・アップレンディスタ)

出版社からのコメント

一流のシェフ目指して、福岡から東京・六本木の人気レストランにヘルプとして入店した青年・伴省吾が見たものは…!? 調理場という名の戦場を描く、イタリアン料理人成り上がりストーリー!!


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 小学館 (2005/3/30)
  • ISBN-10: 4091875513
  • ISBN-13: 978-4091875518
  • 発売日: 2005/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
とても熱い熱い料理マンガです。
でも、少年マンガなどによくある現実離れした熱さを描いた料理マンガではありません。
厨房でくりひろげられるオーダーが入ってから料理が出来上がるまでの時間との戦いが描かれたリアルで熱いマンガです。
飲食店で働いた経験のあるヒトは、この緊張感が少なからず分かるのではないでしょうか・・・。
自分はこのマンガを読むと「オレもやるぞ!」と元気がでます!
コメント 24人中23人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 レイン。 VINE メンバー 投稿日 2005/4/6
形式: コミック
 バンビーノとは「男の子」や「坊や」を意味するイタリア語。
 
 華やかなイタリアレストランの裏側で繰り広げられる、戦場のような忙しさが著者の個性的な画風と相まって実に見事に描かれています。
 また、若き主人公、伴省吾の苦悩しつつもくじけずひたむきに前へ進まんとする姿に好感が持てます。
 勢いを感じさせる描写や主人公を取り巻く人間ドラマがなんとも熱く、
 続きが読みたくなる不思議な魅力があります。
コメント 12人中11人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
久しぶりに躍動感溢れる絵をみつけた!厨房を動き回る絵がすげー良いよ。

松本大洋の画が「版画」だとしたら、こちらは「水墨画」かな。

ストーリーは「福岡の大学に通っている主人公が、こじんまりとしたイタリアンレストランでバイトしていて順風満帆だったけど、ひょんなことから、六本木の人気レストランにヘルプとして訪れ一流店の凄さに魅せられて・・・。大学も彼女も捨てて上京する。」

料理なんて美味く作れれば良いって思ってたけど、フランス料理店を開いている先輩の話だと、「一流店で修行してきた人はタマネギを剥くスピードだけをみても自分とは倍違う。」らしい。

奥深い!!
コメント 23人中18人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
福岡市中洲出身の学生が突然東京の中心で桁違いに多忙な大人気店へ放り
込まれてのイタリア料理への求道を主人公伴省吾を通じて描く。

郷土への想いや出来事が苦難の中精神を支える。天狗の鼻をへし折られな
がらも、度重なる先輩からのシゴキや自己嫌悪の中から半歩、一歩と成長
して行く過程の中で、成功に必要な3つの要素

'1.決意=先ずやることを決めたら決意する。
'2.忍耐=何事も一夜にしては成し遂げられない。
'3.努力の持続=成功するまで努力を継続する。
そしてこれらを貫くのは何物にも負けないという“勇気”。

これらが全て含まれている。現代では失われつつある“師弟”も
描かれており、密度濃く進行して行く。求道の道を歩んだ事のある
人間なら、当時を思い出すだろう。共感しない人間、客観的にしか捉えら
れない方はその程度の生き方だったのであろうとあぶり出されてしまう。

『自分に向いている仕事ってなんでしょう』という若者が多い昨今。
ぶつかって、感じて、知らずのうちに求道して行く感覚をこの本を通じて
掴めるのかもしれない。イタリア料理版“味いちもんめ”

私も日本で一番多忙であった師匠に仕えた20才の日々を思い起こしました。
コメント 14人中11人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
基本的にグルメ漫画は、好きなジャンルなのだが、

「イタリアン」をテーマにしたあたりが良い。

自分も大学時代半年くらい、イタリアンの厨房でバイトしたことがあり、

「厨房は戦場」という感覚にはとても共感できる。

ハンバーグを焼きながら、付け合せのイモを揚げるとか、

洗浄器を動かしながら、皿を整理するとか、

物理的な動作が、なかなかウマくコナせない。

オーダーと共にストレスもどんどん溜まり、

キャパオーバーの状態がずーっと続くと、本当に逃げ出したくなる。

それに、手を切ったり、ヤケドしたりすることもしばしば。

自給は安くて本当にやってられない仕事だった。

加えて、仕事はデキるけど、人間的にはアヤしい先輩が登場したりするあたりは、現実そのものだ。

それでも戦い続けてしまうのはなぜだろう?

厨房という名の戦場の様子、人間模様を克明に描きながら、

バンビを突き動かすイタリアンへの情熱、情熱を支える魅力を存分に伝えていて、

「料理も人間も、奥が深いなぁ」としみじみ思い知らされる。

料理人になりたいと思わないが、その生き様は共感に満ち満ちている。
コメント 22人中17人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック