この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌 新書 – 2003/6


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

主要メディアがジャックされ、声明が流れる。「…賽は投げられた。オレ達はかつてオレ達を殺し合わせてきたすべての大人を許さない」 一方、政府によりバスごと拉致された中学生は…。オフィシャル・ノベライゼーション。

登録情報

  • 新書: 438ページ
  • 出版社: 太田出版 (2003/06)
  • ISBN-10: 4872337751
  • ISBN-13: 978-4872337754
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (31件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 162,125位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ウパ吉 投稿日 2007/2/20
形式: 新書
貪るように読んだ第一作ほどのインパクトはありませんでした。

中学校のクラスメート同士が無人島の中で殺し合うという設定、死亡すると爆発する首輪、時間の経過と共に立入禁止エリアが増え強制的に戦わされるという苛烈なルール−。前作はその全てが衝撃的でした。

3年B組(またか)同士で殺し合うのではなく一致団結して七原秋也のアジトを攻撃する、という点が二番煎じを免れてはいます。男女二人のペアを組まされパートナーが死んだらもう一人の首輪も爆発するという設定も面白い。

しかし肝心のキャラが前作の川田、桐山、教師の北野などと比べると印象が薄く、私などが覚え切る前に次々死んでしまいました。

3年B組の殺し合いに加えて秋也のテロ組織結成に至るまでにも頁が割かれているため、少々散漫になってしまった感があるのが残念です。

七原秋也と中川典子の「その後」を知りたい方には一読の価値があります。というか、この世の全てのパート'Uは登場人物の「その後」を知りたくて読むもんですよね。そして大半は前作を超えられない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 コウ 投稿日 2006/12/23
形式: 新書
前作の主人公、七原秋也の視点で書かれていないことが残念。

それに終わり方もハッピー・エンドではなくバッド・エンドのように思われる。

次回作があるのなら、何らかの形でBR法が廃止され秋也がやってきたことや

ワイルド・セブンの死も無駄ではなかった。

というような内容にしてほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 taiper VINE メンバー 投稿日 2008/3/21
形式: 新書
個別の話だと思うと駄作。バトルロワイヤルの長いエピローグくらいのノリでさらっと読むのが正しい読み方。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まどか 投稿日 2006/8/1
形式: 新書
バトル・ロワイアルであってバトル・ロワイアルでない。

バトル・ロワイアルの肝は、昨日まで机を並べていた

クラスメート同士が殺し合いをする事にある。

それが見も知らぬテロリストとの戦いでは、仲間同士で

殺し合いをしなければならないという葛藤は生まれない。

ただバトル・ロワイアルらしい戦闘シーンを書きたかっただけと

思われても仕方がない。

主人公の中学生たちの思いは、理不尽に戦場につれてこられた

事のみで、各キャラクターの書き込みも不足し、感情移入出来ない。

最後の政府軍との戦いもリアリティーが無い。

所詮映画のノベライゼーションでしかない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 respect-k 投稿日 2005/2/24
形式: 新書
映画 バトル・ロワイアル II 鎮魂歌 ではあまり語られなかった生徒一人一人の過去やワイルド・セブンのメンバーの過去も明らかに!!
読まないとBRファンとは言えません!読むのが大変ですが。
確かにバトルロワイアルは残酷だと思う。
けど、バトルロワイアルの世界にはまってしまいます!!!
「すべてのオトナに、宣戦布告。」
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 かっこ 投稿日 2008/9/18
形式: 新書
1はやはり傑作だったと思う。
むさぼるように読み、周りにも進めまくった。

私に限らず、1に思い入れが強すぎると、今作は、やはり物足りなく感じただろう。

いくつもの伏線をはり、プロットはかなり面白く出来ていると思う。
ああ、この人物とこの人物が結びつくのかっていう驚きもあったし。だから☆3つ。

ただ、登場人物の書き込みがやはり足りなかった。
主役も自分たちが置かれた壮絶な状況に、「バッキャロー!!!」「ちっくしょー!」と叫ぶばかりで、あまり魅力的に感じなかった。
他の人物も、死んでしまったことで涙がでたものは一人もいなかった。
1のミムラや、貴子の死は本当に泣けたのだけれど。

あと、設定ありきの為に、登場人物の行動がところどころおかしい。

たとえばワイルドセブンの最後の戦いに、戻ることにした3人の少年や、リキの最後の行動。
行為自体は泣かせる行為だが、あの状況でそうする理由がなさすぎる。
三村のおじの行動も絶対不自然。

いろいろ書いたけど、勢いはあるので、最後までノンストップで読みました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック