通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆ディスク再研磨済みです。レンタル落ちではありません◆ 中古品になりますので多少のケースのスレ、キズ、再生に問題ないディスクの小さな(薄)キズ、ブックレットの使用感等がありますが、中古品としては並以上の状態の商品です。状態の悪いものにつきましてはコメントに記載させて頂いております。★Amazonが在庫管理しておりますので、在庫切れの心配はございません★ 万が一、商品に問題がありました場合、アマゾンのカスタマーサービスが迅速に対応いたします。アマゾンカスタマーサービスまでご連絡ください。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: 高木商店【送料無料】
カートに入れる
¥ 4,300
通常配送無料 詳細
発売元: メディアショップ KONOMI 
カートに入れる
¥ 4,341
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD]


参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,096 (41%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、メディアハウス葵屋【365日年中無休・梱包丁寧・即日発送/コンビニ払い可】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD] + バトル・ロワイアル [DVD] + バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]
合計価格: ¥ 11,129

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 藤原竜也, 前田愛, 忍成修吾, 酒井彩名, ビートたけし
  • 監督: 深作欣二, 深作健太
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • DVD発売日: 2003/12/21
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4  レビューをすべて見る (84件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00008WJ2K
  • EAN: 4988101104826
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 29,663位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   近未来、中学3年生同士に殺しあいを強いる法律「BR法」を生き延びた七原秋也(藤原竜也)はテロリストとなって大人たちへの復しゅうを開始し、東京を爆破。政府は新法律「BRII」を制定し、中学3年の1クラス生徒42名に、孤島に立て籠もる七原の暗殺を命令する…。
   国会をも巻き込む問題作として大ヒットしたバイオレンス映画の続編。深作欣二監督がクランクイン直後にガンで死去したため、息子の健太が代わってメガホンを握った。監督交代劇の混乱が画面に表れており、現場でシナリオを改定していく作業ゆえか、唐突な設定の数々には観る側も混乱。しかし、欣二監督が掲げていた“戦争、テロ、七原秋也”のテーマは健太監督が見事に受け継いで描出しており、敵が誰かもわからないまま戦いを強いられる中学生たちの惨劇から、人生に勝ち組も負け組もないことが伝わってくる。またこの御時世に、堂々と反米を謳い上げたあたりも勇気ある行為。技術的な質云々を超えて、観る者に問題意識を与えるという意味では、前作以上に必見の問題作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

“BR法”が制定された近未来の日本を舞台にした衝撃のバイオレンス・アクションの続編。撮影中に逝去した深作欣二監督の遺志を継いで息子の深作健太が監督を務めた。出演は藤原竜也、前田愛ほか。R-15指定作品。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

19 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 macky3099 投稿日 2005/4/9
ストーリーに無理がありすぎる。
主張もありきたりで陳腐で全く深みが無い。
深作欣二氏はほとんど現場でメガホンを握れなかったという。
欣二氏は何かしらの意図があったんだろうが、息子の健太氏がうまく汲み取れなかったんだろう。
そう解釈しないとやってられない。
しかし、竹内力の迫真の演技に敬意を表して☆二つ。
それがなければ☆ゼロです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bitaaaaaan 投稿日 2005/5/24
Ⅰの出来の良さで期待していたのですが駄作です。
スタート時の殺人ゲームの意味のなさで結果もグズグズ。
知人同士が無意味に殺し合う心の葛藤が前作の醍醐味なのに
完全に敵味方がはっきり分かる戦いになっているし
「全ての大人に宣戦布告」とか言ってる割りに
島に引き篭もり薀蓄たれるまでに堕ちぶれた主人公。
演技で目に付いた俳優もいない。
自衛隊の攻撃も無意味な地上戦の前に
まずは空爆からでしょう。
前作にあった日常生活にありうるリアルな恐怖感も全く無くなり
良かった所が全て殺されており誉める所が見当たらない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 JAS 投稿日 2010/5/29
ところどころに考えさせるメッセージはあるのですが、映画として観た場合に、展開などのリアリティが素人目にもただの戦争アクションのようで、もうちょっと静と動の緊迫感があったほうが、何か子供向けの印象すらしました。

あと、私の理解力のせいかもしれませんが、メッセージにもなにか整合性がないようにも感じてしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 noir 投稿日 2010/12/9
目を剥けば怒ってる表情を作れてると思ってる主役の役者。
完全に大根役者。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2009/11/20
バトルロワイヤルの続編です。父親が製作途中に亡くなられたので、息子が代わりに監督を行った作品。

「選ばれた中学生が決められた時間内に殺し合いをする」という大筋に変更はありません。また、軍による武器や道具一式の提供も相変わらず。しかし、原作者はあまり製作に関わっておらず、ほぼスタッフによるオリジナル作品。

前作よりの変更点は、
1.クラスメイト同士で殺しあうのではなく、クラスメイトが協力して島に立てこもるテロリストを殺すのが目的。

2.男女一組のタッグマッチで、片方が死ぬと首輪が爆発してもう片方も死ぬ。

大雑把に言えばこの2点が主な変更点。ただ、途中から生徒はテロリストにより首輪を外され、今度はテロリストと協力して軍と戦うことになる。

半年前からテロリストの居場所が分かっているなら、空爆してしまえばいいのでは?とか、軍国主義のまま現代まで続いているという設定とか、中学生の拙い動きで、無理矢理戦わされてることにテロリスト達が気づくのが遅い(上陸の時点で気づくべきだと思う)とか、リアリティの点でいろいろ突っ込みどころ満載。

一番ひどいのは、幼稚な「テロリズム賛歌」と「反米主義」と「アンチ勝ち組論」。常識的な人なら、映画を見てまじめに受け取る人はいな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 蚊折 投稿日 2010/3/24
最初に言いたいのは、制服で戦うからこそのバトルロワイアルじゃないか!
迷彩柄の戦闘服?なんて期待してる人は、いなかった筈。

皆が戦っている中、一人で安全な場所にいたのか、のりこ!っとラストで思ってしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ブラック丸井 投稿日 2006/12/7
2を作る、と聞いていやな予感がしました。しかも深作欣二が

体調不良のため息子の深作健太が監督という。

いや、もう見事なまでの駄作。前作がよかったので

高く持ち上げられて落とされた感じ。テロリストとなった七原秋也、その他

の服装どこの民族だ!?と思わずツッコミ入れたくなった。

当時の政治状況から反戦メッセージをいれたくなる気持ちはわからなくもないが

それにしたってこのシナリオはないだろ。竹内力の晴れやかな「トライ」は

笑ってしまいましたが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
24 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 takumi 投稿日 2005/5/26
友達と楽しみに、映画館までいきました。映画が始まってみると、ストーリーにかなりの無理があることに気づいた。なんか、突撃して、みんな死んでいくし、藤原竜也は語り出すし、意味がわからん。友達が死んだからって、感動とかは全くしないから。1は、柴咲コウ、安藤政信などビッグな出演者が出てたから、多少の無理も大丈夫だったけど、今回は・・・この作品を、かなり好きだと言う人は、かなりおかしいと思う。自分の中では、最低の作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック