バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: [Spring SALE!!]free life style
カートに入れる
¥ 3,601
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD]

5つ星のうち 2.3 89件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,400 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,676 (33%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【ジラフエイト】[代引き、コンビニ支払い対応][プライム送料無料、365日迅速発送!]が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD]
  • +
  • バトル・ロワイアル [DVD]
総額: ¥7,657
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 藤原竜也, 前田愛, 忍成修吾, 酒井彩名, ビートたけし
  • 監督: 深作欣二, 深作健太
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2003/12/21
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 89件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008WJ2K
  • EAN: 4988101104826
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 42,335位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   近未来、中学3年生同士に殺しあいを強いる法律「BR法」を生き延びた七原秋也(藤原竜也)はテロリストとなって大人たちへの復しゅうを開始し、東京を爆破。政府は新法律「BRII」を制定し、中学3年の1クラス生徒42名に、孤島に立て籠もる七原の暗殺を命令する…。
   国会をも巻き込む問題作として大ヒットしたバイオレンス映画の続編。深作欣二監督がクランクイン直後にガンで死去したため、息子の健太が代わってメガホンを握った。監督交代劇の混乱が画面に表れており、現場でシナリオを改定していく作業ゆえか、唐突な設定の数々には観る側も混乱。しかし、欣二監督が掲げていた“戦争、テロ、七原秋也”のテーマは健太監督が見事に受け継いで描出しており、敵が誰かもわからないまま戦いを強いられる中学生たちの惨劇から、人生に勝ち組も負け組もないことが伝わってくる。またこの御時世に、堂々と反米を謳い上げたあたりも勇気ある行為。技術的な質云々を超えて、観る者に問題意識を与えるという意味では、前作以上に必見の問題作である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

“BR法”が制定された近未来の日本を舞台にした衝撃のバイオレンス・アクションの続編。撮影中に逝去した深作欣二監督の遺志を継いで息子の深作健太が監督を務めた。出演は藤原竜也、前田愛ほか。R-15指定作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

最初に言いたいのは、制服で戦うからこそのバトルロワイアルじゃないか!
迷彩柄の戦闘服?なんて期待してる人は、いなかった筈。

皆が戦っている中、一人で安全な場所にいたのか、のりこ!っとラストで思ってしまった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Ⅰの出来の良さで期待していたのですが駄作です。
スタート時の殺人ゲームの意味のなさで結果もグズグズ。
知人同士が無意味に殺し合う心の葛藤が前作の醍醐味なのに
完全に敵味方がはっきり分かる戦いになっているし
「全ての大人に宣戦布告」とか言ってる割りに
島に引き篭もり薀蓄たれるまでに堕ちぶれた主人公。
演技で目に付いた俳優もいない。
自衛隊の攻撃も無意味な地上戦の前に
まずは空爆からでしょう。
前作にあった日常生活にありうるリアルな恐怖感も全く無くなり
良かった所が全て殺されており誉める所が見当たらない。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2を作る、と聞いていやな予感がしました。しかも深作欣二が

体調不良のため息子の深作健太が監督という。

いや、もう見事なまでの駄作。前作がよかったので

高く持ち上げられて落とされた感じ。テロリストとなった七原秋也、その他

の服装どこの民族だ!?と思わずツッコミ入れたくなった。

当時の政治状況から反戦メッセージをいれたくなる気持ちはわからなくもないが

それにしたってこのシナリオはないだろ。竹内力の晴れやかな「トライ」は

笑ってしまいましたが。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぴょんきち 投稿日 2006/8/14
深作先生には敬意を表しています。しかし,この作品はなしです。

上陸シーンはプライベートライアンを悪くパクってます。

ドラマ性も個々のキャラクターを描ききれていないので中途半端。ぜんぶ中途半端です。

REVENGEのほうではこの点は改善されているようですので観るのならそちらをおすすめします。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ストーリーに無理がありすぎる。
主張もありきたりで陳腐で全く深みが無い。
深作欣二氏はほとんど現場でメガホンを握れなかったという。
欣二氏は何かしらの意図があったんだろうが、息子の健太氏がうまく汲み取れなかったんだろう。
そう解釈しないとやってられない。
しかし、竹内力の迫真の演技に敬意を表して☆二つ。
それがなければ☆ゼロです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
島上陸のシーンはプライベートライアンです。
中学生達とワイルドセブンの出会いのシーンで
頭上から囲まれているのはザ・ロックです。
終盤、自衛隊がうじゃうじゃとバリケードの壁を
乗り越えてくるのはスターシップトゥルーパーズです。

ひたすらどっかで観たことある映像が続きます。
ハリウッド映画を意識することは悪いことではありません。
パクるのはいいですがコピっちゃダメです。

戦闘シーン自体は日本映画離れしてるので
アクションのスタッフは
もっとマシな脚本の映画で仕事してほしいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 noir 投稿日 2010/12/9
目を剥けば怒ってる表情を作れてると思ってる主役の役者。
完全に大根役者。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はっきり言って人生で最高に退屈な映画でした・・・・・・・・

監督のお父上の作品は好きでしたが、息子・・・・七光り?

この作品は遺志を継ぐってことでしょうがないにしても、別の映画で監督をつとめるような技量はないのでは?(”同じ月をみている”とか、原作のマンガは本当に良い話です。)

メチャクチャ過ぎて細かく突っ込めません。買うと損です。レンタルでも損です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2009/11/20
バトルロワイヤルの続編です。父親が製作途中に亡くなられたので、息子が代わりに監督を行った作品。

「選ばれた中学生が決められた時間内に殺し合いをする」という大筋に変更はありません。また、軍による武器や道具一式の提供も相変わらず。しかし、原作者はあまり製作に関わっておらず、ほぼスタッフによるオリジナル作品。

前作よりの変更点は、
1.クラスメイト同士で殺しあうのではなく、クラスメイトが協力して島に立てこもるテロリストを殺すのが目的。

2.男女一組のタッグマッチで、片方が死ぬと首輪が爆発してもう片方も死ぬ。

大雑把に言えばこの2点が主な変更点。ただ、途中から生徒はテロリストにより首輪を外され、今度はテロリストと協力して軍と戦うことになる。

半年前からテロリストの居場所が分かっているなら、空爆してしまえばいいのでは?とか、軍国主義のまま現代まで続いているという設定とか、中学生の拙い動きで、無理矢理戦わされてることにテロリスト達が気づくのが遅い(上陸の時点で気づくべきだと思う)とか、リアリティの点でいろいろ突っ込みどころ満載。

一番ひどいのは、幼稚な「テロリズム賛歌」と「反米主義」と「アンチ勝ち組論」。常識的な人なら、映画を見てまじめに受け取る人はいな
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック