通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
バット&... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 nkanka
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、キズ、ありますがページ良好な状態です。書き込みなどはありません。バーコードに剥がせるタイプの管理シールが貼ってあります。見落としの点はご容赦ください。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books) 単行本 – 2010/9/30


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 1,771


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books) + バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books) + ジョーカー (バットマン)
合計価格: ¥ 7,344

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容紹介

「ShoProアメコミ100冊記念」堂々の復刊ランキング1位! 衝撃のサイコロジカル・ホラーが完全版で登場!! 『精神病を患った犯罪者たちの収容施設「アーカム・アサイラム」で暴動が発生した。ジョーカーの誘いに乗って一人向かったバットマンを待ち受けていたのは、トゥーフェイス、マッド・ハッターら危険な囚人たちだった。彼らと対峙し、アーカム・アサイラムをさ迷うバットマンは、いつしかこの悪夢の館の成り立ちに隠された悲劇的な因縁の中に囚われていく。正気と狂気の狭間に陥っていくバットマンが辿り着いたのは……?』。  2000年に弊社より刊行した本書は、刊行当時、衝撃的なストーリー展開と病的とも言えるほど個性的なペイントアートで人気を博しました。絶版となった現在、新規のアメコミファンから復刊を望む声が多くあがっており、「ShoProアメコミ100冊記念」キャンペーンでは、堂々の復刊ランキング1位を獲得。このキャンペーン結果を前面に出し、大々的に展開する予定です。 また、本書の復刊特典として、旧版コミックに収録されていなかったスクリプトとラフスケッチを収録。これらを合わせ読むことで、ライターのグラント・モリソンが創造したアングラなストーリーをアーティストのデイブ・マッキーンがどのように破壊し、さらに病的とも言えるほど幻想的な世界観に昇華したのかが見てとれます。 まさに全バットマンファン待望の完全版として、必携の一冊となります。

出版社からのコメント

◆グラント・モリソンが思い描いたスクリプトとラフスケッチを完全収録! 稀代の天才アーティスト、デイブ・マッキーンとの化学反応でわき起こる創造と破壊を味わい尽くす、原点の物語がここに!!

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 小学館集英社プロダクション (2010/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479687075X
  • ISBN-13: 978-4796870757
  • 発売日: 2010/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 52,581位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

最も参考になったカスタマーレビュー

34 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 AAA 投稿日 2010/10/3
形式: 単行本
入手困難となっていたバットマン:アーカム・アサイラムが、オマケ付きで復刊されました。

まず目を惹かれるのがそのアート。
作画のマッキーンは美麗な挿絵やカバー・イラストで有名なアーティストですが、
このアーカム・アサイラムではコミックをまるごと一話、100P以上を描いています。
様々な画材を用い、写真をコラージュしたアーカム・アサイラムはコミックという既成概念を打ち破る、
と言っても言い過ぎではないかもしれません。

ストーリーは過去(アーカム・アサイラム設立の経緯と初代院長の末路)と、
現在(アーカム・アサイラムが患者達に乗っ取られ、我らがバットマンが乗り込んでいく)の物語が
同時進行していくというもの。
過去にはジャスティスリーグやX-MEN等MARVEL、DC両社で人気を博し、近年は大型クロスオーバーを手がけているモリソン流サイコ・スリラーです。

バットマンにつきもののヴィラン(悪人達)が多数登場し、バットマンと戦いを繰り広げるのですが、
ヴィランはそれぞれ外観にマッキーン流のアレンジが加えられており、普段とは一味違ったおぞましさが感じられます。

巻末には、モリソン自身によるスクリプトとスケッチ(ネーム)が収録され
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ULTRAMANオタク 投稿日 2011/6/3
形式: 単行本
とにかくすごいです!!
これはもう芸術です!!
心の底から買ってよかったと
思えました。
ジョーカーが怖いです。
この本を読んだら夢に
出てくるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 D.I 投稿日 2010/11/29
形式: 単行本
これはもうただのコミックではありません アートです
バットマンのダークな世界が十分すぎるほど詰め込まれています
絵も素晴らしいです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バックショットロバーツと愉快な下僕達 投稿日 2010/10/7
形式: 単行本
20個でもおかしくない狂気の傑作です!オリジナル脚本、モリソン殿のラフスケッチなどが収録されていてより深くこの話に入れるようになっていて個人的には大満足です。そしてまた個人的にはバットマンの中で1、2を争うくらい大好きな作品です。この衝撃は皆さま手にとって感じてほしいです。皆さま買いましょう。しかしまぁデイブ・マッキーン氏のアートはこれまた言葉がありません。素晴らしい芸術作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 バンシー 投稿日 2012/6/27
形式: 単行本
 どうレビューしたものか…難しいですね(笑)。
 ストーリーとしては、おなじみバットマンがおなじみジョーカーの挑戦を受けておなじみアーカム・アライサム(精神病院)に赴きます。というと何てことないですが、もちろんそれだけの作品ではありません。

 作品のテーマとしては「狂気」というのが挙げられます。ジョーカーは作中で何度もバットマンに俺もお前も同類だと主張します。そうです。バットマンは正義の味方ではありません。言うならば「正義の狂人」なのです。これはクリストファーノーラン監督の「ダークナイト」でも同様の主張があったと気づくでしょう。近年のバットマンの根底にある考え方です。
 でも「狂気」ってなんでしょう?エキセントリックな言動をしていれば「狂人」なのでしょうか?違うと思います。
 「狂気」とは不安に侵食されていったズタボロの精神のことです。
体中に虫が這いずり回ってちょびちょび肉を食われていったら狂うと思いますよね?心も同じです。ジョーカーは人の心に「不安」、「恐怖」という虫を這わせる達人です。

 作品中でバットマンはゴードンさんに言います。

「恐れる?バットマンは何も恐れない だが“私”は怖い ジョーカーの言う通りかもしれない 私自身、自分の行為に疑問を抱くこともある だから、ア
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 薔薇銀 投稿日 2013/7/9
形式: 単行本
バットマンとジョーカーのいつもとは違う対決。
暗い病院の中での奇妙で奇怪な隠れんぼ。

読んでるとバットマンと共にまたは自分がバットマンとして歩いている気がしてきて気分が悪い。

しかし、そこから見えてくる狂気、登場人物の哀れな姿と壊れているような世界観、そしてバットマンが最後に見つけた答え。

それに病みつきになる楽しい作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 高見さん トップ1000レビュアー 投稿日 2010/10/9
形式: 単行本 Amazonで購入
芸術作品を読んでいる。
そう実感しました。

一方で、アーカムというバットマンに登場するビラン達のほとんどが収容されている精神病院で、
バットマンという恐怖と狂気の産物が、アーカムに収容されているジョーカー、トゥーフェイスをはじめとする
ビラン達とどう違うのか、あるいは同一性を持つのか否かをテーマにすえたこの本は、やはりなかなかの本だと思いました。

とにかく描かれている登場人物が非常にまがまがしく描かれているのが印象的でした。
バットマンを読むに当たり、この本は必携といえるかもしれません。
バットマン史にさんさんと輝く異端。まさしくそういう本であり、そういう本であって欲しいと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック